仕事が辛いと感じてしまったら転職などの行動に移そうよ

今の会社で働くことが苦痛なら転職などの行動にすべきです!

もしかしたら、この記事を見ているということは、あなたは会社で働くことが苦痛と思っているのではないでしょうか?

会社で働くことが苦痛だと思っている理由はなんでしょうか?

  • いろんな仕事を抱えてこなしているのに給料が安すぎる
  • 難易度の高い仕事を一人で任されている
  • 上司や同僚との人間関係が悪
  • 行きたくない部署に配属された
  • 毎日残業があって帰ったら寝るだけの生活しかしていない
    etc...

繰り返しになりますが会社に行くことや会社で仕事をすることが辛かったら、我慢せずに相談や転職などの行動に移すようにしましょう

なぜ我慢しない方がいいのかをこれから書きたいと思います。



スポンサーリンク

いつ死ぬかわからないのに辛いことをする意味がある?

我慢して仕事をする意味が無い理由の一つとして、

「いつ死ぬか分からないのに我慢するのか?」

ということです。

生まれたらいつか死にます。

生まれて間もなく無くなってしまう人もいれば、寿命で亡くなる人もいます。

もしかしたら、明日事故で死んでしまうかもしれませんし、来年には病気で死んでしまうかもしれません。

早かれ遅かれ死を迎えるのですが、どうせ死を迎えるなら辛い仕事をし続けることをしなくてもいいのではないでしょうか?

日本では、何事も逃げずに続けることを言われてきますが、それは間違いです。

逃げずに続けた結果、現在ではメンタルで体を壊す人が増えているのです。

うつ病などのメンタルの病気で病院に通ってしまうと生命保険に5年間加入することができません。

独身であれば、生命保険に加入しなくてもいいかもしれませんが、結婚して子供もいる方は生命保険に加入できないことで大きな病気にかかってしまった時に家族を養えなくなってしまうのです。

仕事が辛いとメンタルだけではなく、身体にも影響がでてきます。

メンタルや身体にどのような影響が出てくるのでしょうか?

仕事が辛い時に出てしまうメンタルや身体の症状

メンタルにでる症状

  • 今までよりもイライラしやすくなる
  • マイナスな気分が多いなど精神的に不安定
  • 仕事のミスしていないかなどの不安感がでる
  • 気分が落ち込む
  • 憂鬱になる
  • 今までにないくらい注意力や集中力が低下する
  • 趣味だったものに対しても無気力になる
  • 休みの日に外出しなくなったなど何事にも消極的になる

メンタルにでる症状は、調子に乗るような楽しい時には出てこないものばかりで、

「会社に行くのが怖い」

「また、ミスしたら上司に怒られてしまう」

などとマイナスな思いが積もり積もるとどんどんメンタルに症状として出てしまいます。


身体にでる症状

  • 偏頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 胃のもたれ
  • 下痢
  • 便秘
  • 生理不順
  • 動悸
  • めまい
  • 倦怠感や疲れが取れない、疲れやすい
  • 寝られない、途中で起きる、いつも起きる時間よりも早く起きてしまう、朝起きれない
  • 食欲がない、食べていないと不安

身体にでる症状は、元から体質で出ている方もいますが、どちらかというと今まで無かった症状なのに出るようになった場合メンタルから来ている症状になるかもしれません。

ただし、メンタルではなく違う病気から出ている可能性があるので症状が長引くようであれば、一度症状の出ている箇所を診てもらえる病院に行きましょう。

ちなみに私も仕事で連帯責任として私がミスしたわけではないのに怒られたりすることは多々あり、メンタルを壊しかけたときがありましたが、メンタルの面では憂鬱や気分の落ち込みが多く、身体の面では胃のもたれや吐き気、下痢、肩こりや首こりの症状が多く見られました。

いろいろなところに症状が起きてしまうのですが、辛いと思っている状態でメンタルや身体に症状が出る前やでてしまった時にどのような行動をすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

辛いと思った時やメンタルや身体に症状がでてしまったら

誰かに相談する

もし、あなたに相談できる人がいるのであれば、相談しましょう。

例えば、上司が原因で辛いと思っていても上司に相談したことによって部署が異動となり、仕事がしやすくなるかもしれません。

また、同僚や先輩に相談することでもそこから報告が上がって部署内で何かしらの改善が出てくるかもしれませんし、そうでなくても何かしらのアドバイスが貰えるかもしれません。


会社を辞めて転職する

相談する相手がいなかったり、相談しても部署の異動などの改善が見られない場合は、会社を辞めることも一つの方法です。

転職する場合、「今の会社にいるうちに転職活動を行うか」「一度辞めてから転職活動を行うか」になります。

収入に困らないようにするのであれば、会社にいるうちに転職活動をするようにしましょう。

会社にいるうちの転職活動は面接が業務終了後などに制限されたり、仕事をしながら転職サイトを見て会社を見つけたりと労力を使ってしまいます。

そのため、じっくりと次の会社を決めたい場合は、会社を辞めてからの転職活動でもいいのかもしれません。

ただし、会社を辞めてからの転職活動をする場合は、収入が無い状態で生活する必要があるため、貯金が無い方は次の会社が決まってから会社を辞めるようにしましょう。

自営業などで働くもアリ

絶対転職するということが正解ではありません。

自営業などで自分で稼いで生きていくこともアリです。

例えば、副業のアフィリエイトである程度稼いでいたりしている場合、副業のアフィリエイトを本業とすることで自営業とすることができます。

転職しても次の会社が合わないという可能性もあるので、いっその事自分でお金を稼ぐという選択肢もアリですね。

最後に

今回は、「今の会社で働くことが辛いと思った時に無理をしてまで働くこと」について書いてきました。

日本人は、責任感や空気を読むといった業務以外のいろいろことと考えながら仕事をしなければなりません。

さらに労働時間も長い傾向にあり、1日の半分以上が仕事で終わってしまうこともあります。

1日の半分も辛かったり嫌だったりすることに時間を使ってしまうと頭がおかしくなってしまうのではないでしょうか。

辛さを経験して成長する時代は古く、今はどのように人生を歩んでいきたいかを考える時代に変わってきているので皆さんも今後の人生を考え、今の仕事が辛いのであれば違う仕事に就くことも考えたほうが良いのではないでしょうか?


スポンサーリンク
おすすめの記事