子育てと仕事の両立は旦那さんや親族と協力して成立する

子育てと仕事を両立させようと考えている方は増えてきているのではないでしょうか?

もしかしたら責任感の強い方なら仕事に早く復帰して、職場の方の負担を無くしたいと考えているかもしれませんし、早く復帰しないと自分の居場所が無くなってしまうかもと考えているかもしれません。

私は焦ったり無理をして職場に復帰しなくてもいいのではないかと思いますが・・・。

なぜならば、子育てと仕事の両立は難しいからです。

詳しいことはこの後も書きますが、今回は子育てと仕事のことを書きたいと思います。



スポンサーリンク

子育てと仕事の両立は難しい

冒頭にも書いてありますが、子育てと仕事の両立は難しいです。

子供ができてしまうと自分のことだけではなく、子供のことも考えなければなりません。

仕事中もプライベートも子供のことを考えてしまうこともありますので、気を抜くことができなくなってしまうかもしれません。

そのため、仕事を犠牲にするか協力してもらうかしなければ、疲れやイライラなどで精神的に弱ってしまいます。

私は無理をして職場に復帰することはオススメしない派ですが、どうしても職場に復帰したい(仕事を犠牲にしたくない)場合は、旦那さんや親族に協力してもらうしかないと思います。

早期の職場復帰を考える場合として下記のようにすることで早期の職場復帰が見えてきます。

子育てと仕事を両立させるために仕事を完璧にしない

まず、考え方としてのお話になります。

何もかも完璧に両立させようとするとうまくいかなかった時にストレスが溜まってしまいます。

いちばん大切なことは人の命になりますので、家族の命のことを大切にしましょう。

子供が怪我や病気にかかったら最優先に対応するように心がけることが必要ですが、すぐに体調を壊しやすいのが子供だったりします。

栄養のある食事や手洗いうがい、予防接種に普段から気を使い、子供がなるべく体調を崩さないように心がけることが大切になります。

そのためには、子育てを優先的に考えて仕事は少し疎かにするような気持ちで取り組むことが必要です。


旦那さんや親族など周りの人に助けてもらう

子育てと仕事を両立するためには周りの人に助けてもらうことが必須です。

昔は、サザエさんの家庭のように3世代4世代が一つの家にいることが普通だったので、困った時はおばあちゃんにお願いすることが一般的でした。

しかし、現代では親と子の2世代しかいないことが多く、お願いする人がいないことが多いです。

もし、近くにおばあちゃんが住んでいるのであれば、恵まれているので仕事に行っている間はお願いしてもいいのかもしれません。

近くにおばあちゃんやお願いできる人がいない場合は、旦那さんと話し合ってどのように子育てをしていくかなどを話し合う必要があります。

ここの話し合いは、子育てという点だけではなく家庭を運用していくためのタスクを話し合う必要があるのです。

そのため、掃除やご飯を作るのはどちらがやるのかなども含めて話し合う必要があります。

それでも子育ての分、タスクが増えているので家の掃除を月に1回ハウスクリーニング外注したり、食事を宅配にしたりすることでタスクが減るかもしれません。

会社に子育てをしていることを伝えて協力してもらう

子育てには、周りの人に助けてもらう必要がありますが、これは会社の人も協力してもらわなければなりません。

一番会社に協力してもらわなければならないのは、子供の病気やケガがあった時です。

子供は病気にかかりやすく、どんなに手洗いうがいや予防接種をしたとしても病気にかかってしまうこともあれば、元気にはしゃぐ子供はケガもしやすいのです。

このような事が起きてしまうと、保育所に子供を預けていたとしても今すぐ来てほしいと連絡が来てしまい、会社を早退せざる負えなくなってしまうのです。

たいていの会社は、子供がいる人には事情を説明することで早退などを許容してもらえますが、たまにあるようなブラック企業のような会社では、ちゃんと会社には何歳の子供がいることと子育てをしていることを伝え、何かあった場合に早退や遅刻が有る可能性を伝えておくようにしましょう。

また、可能であれば子育て中は仕事の時間を変える相談もしておいたほうがよいでしょう。

残業がバリバリあったり、保育園に子供を預けていて仕事の定時までに保育園が終わってしまうなど普通に働いていては子育てができない場合があります。



息抜きは必ずしましょう

協力してもらっていたとしても子育てのことや仕事のことを考えなくてもいい時間は必要です。

たまには息抜きするようにしましょう。

息抜きも近くに親族がいるような恵まれている環境であれば、子供を預けて出かけるということができます。

もし、そのような恵まれている環境でない場合は、ベビーシッターを雇ったり旦那さんに預けて息抜きするということも手です。

ストレスの発散は、子育てと仕事を両立させる上で必須になります。

スポンサーリンク

小学校に入学するまでは専業主婦をすることも手段

この場合、一度会社を退職する必要がありますが、子供が一番手のかかる小学校に入る前までは専業主婦で、子供が小学校に入学したら働くことも一つの手段です。

子供は小学校に入学までは、親にベッタリとくっついてくるので仕事が忙しくて構ってあげられないと子供は不安になりますが、小学校に入学してしまうと遊ぶ友達ができます、そうなってくると親より友達と遊ぶほうが多くなりますので、少し手が離れます。

少し手が離れると言っても家庭の環境によっては、正社員のようにバリバリのフルタイムで働くことが難しい場合があるので、正社員での採用されることは難しいかもしれません。

そこで派遣社員であれば、パートよりも給料がよく、働く時間もフルタイムでない働き方もできます。



最後に

共働きが多くなる現代において、子育てと仕事は切っても切れないものとなっています。

完璧に両立させることはかなり困難ですが、周りの協力や手を抜くところは手を抜き、さらに息抜きするようにすれば、両立することも可能です。

あなたが子供を産む前に旦那さんや両親、兄弟などの親族に子どもを産んだ後はどうしたいかを相談してみることで子育てと仕事の負担が軽くなるかもしれません。


スポンサーリンク
おすすめの記事