【2019年版】プログラム未経験者にもオススメの7つの言語

プログラミングを覚えれば、仕事が楽になる!

未経験だけど、プログラマーになりたい!

プログラミングができることで仕事の選択肢が増えます。

上の2人も言っていますが、プログラミングを覚えることでプログラマーを目指すことができるのはもちろんですが、プログラミングを覚えることで仕事を楽にすることもできます。

「仕事を楽にする?」

と思っている方もいるかもしれませんが、一番分かりやすいのはエクセルなどの表計算ソフトでマクロというプログラミングを組むことで、ボタン一つで勝手に計算をしてくれたり、必要なら計算後にファイルとして出力してくれたりするようなこともできます。

エクセルのマクロの場合、エクセルだけがプログラムを組むことができる範囲になりますが、Javaなどのプログラミング言語を覚えることでいろいろなソフトを使ったプログラムを組むことができるのです。

仕事を楽にすることもできますが、今回は就職や転職に有利なプログラミング言語これから流行りがくるプログラミング言語を紹介したいと思います。

プログラムを勉強しようとしてもプログラミング言語がたくさんあって、

「どのプログラミング言語を勉強したらいいのか分からない!」

という人が多いと思います。

ここを見るだけで、どのプログラミング言語を勉強すればいいのかが分かります。
CodeCampGATE

スポンサーリンク

就職や転職に有利なプログラミング言語

「プログラマーへの就職(転職)のためにプログラミング言語を習得したい!」

「Web系の仕事に就きたい!」

ここで紹介するプログラミング言語は、求人が出ている中で比較的多く求められるプログラミング言語になります。

汎用性の高いJava

Javaは汎用性が高く、プログラマーの求人としては一番募集が多いかもしれないプログラム言語になります。

Javaはアンドロイドアプリやパソコンのソフト、ゲームやいろいろな社内システムで使われているといえば、汎用性が高いことが分かりますね。

また、Javaはオブジェクト指向と呼ばれるプログラミングの一つとなっており、Javaとオブジェクト指向を覚えることで他のオブジェクト指向のプログラミング言語に応用できるのです。

ここで他にも紹介するプログラミング言語を含めて、オブジェクト指向のプログラミング言語は下記になります。

  • Java
  • JavaScript
  • Ruby
  • Python
  • C#
  • C++
  • PHP
  • Perl
  • COBOL

他にもオブジェクト指向のプログラミング言語はたくさんありますが、主にメジャーな名前のプログラミング言語だけでもこの数です。

これから紹介するプログラミング言語のほとんどがオブジェクト指向になり、応用できる部分もあるのでJavaを覚えておくだけでも損はないです。

アプリケーションを作りたい方とりあえずプログラミング言語を覚えたいという人は、Javaから始めることをオススメします。

Web系のプログラミング言語のPHP

Web系のプログラマーを目指しているのであれば、PHPから始めることをオススメします。

PHPは、Web開発でよく使われるプログラミング言語になり、Web系の会社で必須であることが多いです。

PHPはどんなことをするのかと言うと、PHPを使うことでサイトから登録するユーザ情報をデータベースに登録するなどの連携することなどができます。

PHPで連携などできることをもう少し具体的に言うと、

  • 問い合わせフォーム
  • 予約システム

などをサイトと連携することができます。

実は上記の連携以外にも

  • 顧客管理システム
  • SNS

などを作ることができるのも特徴の一つのプログラミング言語です。
年収訴求

PHPと一緒に覚えたいJavaScript

JavaScriptもWeb系に強いプログラミング言語になります。

Javaと名付けられていることからJavaに関係のあるプログラミング言語と思われてしまうかもしれませんが、全く異なるものになります。

JavaScriptは、Web上で出来るゲームが作れたり文字を爆発させるようなユニークなプログラミングができたり、リアルタイムにグラフを動かすことができます。

そのため、為替の動きなどに使ったりしていることもあるプログラミング言語になります。

上で紹介しているPHPはWeb系のプログラミングの基礎になるので、見た目を今風にキレイに見せたい時にはJavaScriptを使います。

そのため、PHPと一緒にJavaScriptも覚えると就職や転職にはさらに強みになるプログラミング言語になるのです。

銀行や官公庁が使っていることが多いCOBOL

日本の銀行や官公庁の多くは高速な並行処理などの事情により、COBOLというプログラミング言語を使っています。

特に銀行系はATMなどお金の即時反映が必要になってくるので、少しでも処理が早いプログラミング言語を使わなければならないのでしょう。

COBOLは、JavaやPHPなどのように花形のプログラミング言語ではなく、1959年と昔からあるプログラミング言語でプログラマーからは化石のプログラムと呼ばれるようなプログラミング言語になります。

もし、COBOLよりも処理が早いプログラム言語が出てきたとしても大きくシステムを変更するリスク大きいことを考えると向こう100年くらいはCOBOLを使っている可能性が高いと思います。

ただし、COBOLだけに特化してしまうと銀行や官公庁、もしかしたら昔からあるような大企業以外では使えないプログラミング言語になってしまうことには注意が必要です。

需要がそこそこあるCOBOLですが、コボラーと呼ばれるCOBOLを得意とするプログラマーが年々減ってきているため、全体のプログラマーの平均より少し高めの年収となっていたりします。
侍エンジニア塾

今後流行る可能性のあるプログラミング言語

ここでは、今後流行るプログラムで求人にも募集が多くなってくるだろうと言われているプログラミング言語を紹介したいと思います。

これから求人に多くなってくるだろうといっても既に結構な数の求人はありますので、ご心配なく。

AIに強いPython

これからAI(人工知能)を使った時代がやってくることは確実と言われています。

ペッパーくんのようなAIではなく、もっと進化したAIの技術がこれから出てくるでしょう。

もしかしたら、あなたの健康状態を管理して

「どこの病院に行ったほうがいい」

「どんなものを食べたほうがいい」

などとアドバイスをくれるようなAIが出てくるかもしれませんし、実際に調理して後片付けもしてくれるようなAIも出てくるかもしれません。

このAIですが、プログラミングによって作られていることはご存知でしょうか。

今後、もっとAIに強いプログラミング言語が出てくるかもしれませんが、今AIを作るプログラミング言語と言えばPythonと呼ばれるくらい世界中でAIの開発にPythonを使っています。

何故PythonがAIに強いかと言うと、AIに使えるライブラリ(プログラムの部品を寄せ集めたファイル)が豊富にあることなどが理由なんだそうです。

車をプログラミング言語だとすると、車に車体のカラー以外にもエンジンやエアロ、ブレーキの種類やシフトレバーを10速に変えたりといろいろとカスタマイズできるということなのです。

PythonはAI以外のプログラミングにも使えるので、勉強しても損はないプログラミング言語になります。

日本人が作った言語のRuby

プログラミング言語は世界の誰かが作っています。

その中でも、Rubyは日本人が作ったプログラミング言語になります。

Rubyは、Web用のプログラミングを得意としてブログやショッピングサイト、スマホのアプリケーションの開発やSNSサイトの作成に向いています。

また、シンプルにコードを組むことができるのでプログラムが長々と記載することがないのでプログラムを作った後の修正や追加などがしやすいプログラミング言語になります。

シンプルにコードを書くことができるため、前任者が辞めた後に引き継いだ人でもプログラムのコードを読むのが簡単にできるため、修正や機能を追加することが容易にできるのです。

また、自分で事業を立ち上げるためにRubyでショッピングサイトを作ってみたり、SNSサイトやスマホのアプリケーションを開発しているような会社へ就職や転職を考えている人にもオススメできるプログラミング言語の一つになります。

ちなみにプログラミングの難易度的にもあまり難しくないことでも有名なプログラミング言語になります。
侍エンジニア塾

Mac用のプログラミングのswift

Mac用のアプリケーションやiPhoneなどのiOS端末のプログラミングで必須となるがswiftです。

今でもAppleの製品は日本で人気がありますので、これから流行るというよりも既に流行っているプログラミング言語かもしれません。

ただし、現時点では求人でswiftのアプリケーションの開発というのはJavaなどに比べると少なく、どちらかというと個人でアプリを作って販売しているほうが多いのかもしれません。

swiftを使ったアプリケーションの開発はMacbookなどのMacの端末が必須になっているので、初期投資がかかってしまうことだけデメリットになりますが、Macbookなどを使ってかっこよくプログラムの仕事をしたい人にはオススメできるプログラミング言語になります。

スポンサーリンク

さいごに

どのプログラミング言語を覚えても自分の財産になります。

プログラミングを一つでも覚えてしまえば、自分でアプリケーションやシステムを作れてしまうことから就職や転職に使えるだけでなく、自分で事業を起こすときにも有利になるのです。

未経験者がプログラマーになるためにプログラミング言語を覚えようと考えているけど特にやりたい言語がない場合は、まずはJAVAなどの今たくさん求人があるプログラミング言語を覚えてから余裕があったらこれから求人が多く出る可能性のあるプログラミング言語を覚えるといった流れでも良さそうですね。
CodeCampGATE

スポンサーリンク
おすすめの記事