未経験の営業の仕事はキツイ!でもこんな営業の仕事なら?

営業の仕事が未経験の人は、営業の仕事はノルマの達成できていないと怒られたり、無理矢理にでも契約させたりするようなネガティブのイメージを持っているかもしれません。

営業はどんな業界にもありますが、業界や種類、営業する相手を選ぶことでキツくないこともあるのです。

営業の仕事を経験するといろんなスキルや知識が身につきます。

  • 商品を購入させるための方法
  • ミスったときのお客さんへの謝り方
  • お客さんへの話し方などのビジネスマナー
  • 人前での話し方
  • 売掛などの会社から会社へのお金の動き方

上記以外にもスキルや知識をつけることができますし、営業経験がつくだけでも転職しても応用がきく職業なので、経験しておくだけでもアドバンテージになります。

営業の仕事は、「法人個人」「ルート営業新規開拓など」「営業する業界」で様々な組み合わせが出てきます。

例えば、「法人 ルート営業 病院への薬の営業」もあれば、「個人 新規開拓 新聞」という組み合わせもあるのです。

スポンサーリンク

営業する相手はどちらでも難易度は変わらない

法人営業

BtoB(Business to Business)の営業と言われており、対会社への営業活動になります。

対会社の営業としてどのような商品を売るかと言うと、例えば会社に置いてあるコピー機だったり、病院へ薬の販売や飲食店へ食品を販売するなどは法人営業の種類に入ってきます。

法人営業の場合は、お客さんの会社から自分の会社へのお金の流れ方やお客さんの会社の決算を気にして売上を立てるなどいろいろと考えたりすることが必要となってきます。

また、大きなお金が動くことが多いため、納期までに商品が届かなかったり金額を間違ってしまったりとミスをしてしまうと自分の会社にもお客さんの会社にも怒られることもあります。

個人営業

BtoC(Business to Consumer)の営業と言われており、対個人への営業活動になります。

個人営業は、一般家庭へ訪問して販売することが一般的になります。

例えば、訪問型の薬の販売だったり、新聞の販売は個人営業の種類に入ります。

個人営業の場合は、対会社のように大きなお金を動かすことはありませんが、民度が低いお客さんにあたってしまうと「サービスしろ」など面倒なことになってしまうことがあります。

ただし、大半がいい人なので世間話ができるくらいに信頼されたりするとお菓子などをもらえたりすることもありますし、二つ返事で商品を買ってくれることもあります。

営業の種類はルート営業が難易度が低い

ルート営業

既に顧客となっている会社や人に営業をするのがルート営業です。

ルート営業は、自動販売機のジュースやウォーターサーバーなどの消耗品や新聞やソフトウェアのサポートの契約期間がある商品などがイメージにあるのではないでしょうか。

ルート営業は、既にお客さんと関係がある状態なので追加の購入や契約の更新をしてもらえることが多く、楽に仕事をすることができます。

ただし、何かしらの出来事で信頼を失ったり、競合する会社ができてしまうと顧客を失ってしまうことがあると会社から怒られてしまうことがあります。

新規開拓営業

名の通りお客さんではないところを開拓していく営業になります。

新規開拓営業は、門前払いされることが多かったり一から商品の説明をする必要があったりするのでメンタル的にタフでなければ、心が折れてしまう営業になります。

新規開拓営業でいいところは、「打たれ強くなること」と「あなたのことを信頼したからお客さんになった」などメンタルの部分の成長とお客さんとの関係を作ることの楽しさはあるかもしれません。

スポンサーリンク

営業の業界はあなたが興味がある業界か知識のある業界がオススメ

営業の業界は、薬や新聞、ITなどたくさんありますがルート営業にしても新規開拓にしても商品知識が必要になります。

全く興味のない業界や理解できそうにないような業界に入ってしまうと商品知識を覚えるまでにとても時間がかかってしまいます。

例えば、病院に医療器具を売る営業だとして専門用語も分からないような人がその営業になると医者と話が通じかなったりして、営業活動ができなかったりします。

そのため、自分が商品の知識として知っている業界や興味がある業界に営業として入ることで、少しでも早く商品知識を覚えることができて営業活動ができるのです。

求人や面接で仕事内容を確認しましょう!

求人にはルート営業で既存のお客さんのみと書いてあったのに、実は新規開拓もあったという話はよく聞きます。

そのため、既存のお客さんのルート営業を希望する場合は、求人で仕事内容を確認した上で面接の際にもどのような仕事をするのかを聞いたほうがいいと思います。

例えば、会社には新規開拓営業チームはあるけど既存の顧客のルート営業のみの説明があった場合に、「将来新規開拓営業チームへ行くことがあるのか」などを聞いておきましょう。

また、営業へ転職するのであれば、大手の転職サイトかつエージェントがあるサイトがオススメです。

大手と呼ばれている転職サイトは下記の3つが一般的でしょうか。

転職サイトを使った転職は、優良企業が多く長時間労働やパワハラが横行しているようなブラック企業に出会うことは少ないです。

何故かと言うと、転職サイトに掲載する企業は転職サイトにお金を支払って求人をしているからです。

すぐに会社を辞められてしまうと求人に出したお金が無駄になってしまうことから会社としても辞めてもらわないように環境や待遇をちゃんとしていることが多いため、優良企業が多いというのが理由です。

また、転職エージェントがあるサイトの場合、転職時にエージェントに相談しながら転職活動することができます。

転職エージェントに相談する場合、

  • 自分が希望する条件にあった会社
  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • 申し込んだ会社にあった面接対策

を無料で受けることができるので、より良い転職をしたい場合は転職エージェントも使った転職活動をすることをオススメします。

さいごに

営業の仕事にはいいイメージはありませんが、ちゃんと営業の仕事を選べばそこまで難しくなく楽な営業の仕事はあります。

私も19歳のころに新聞奨学生として新聞屋に働いていたことがありましたが、配達、集金、営業をしていました。

集金の時や契約の更新でお客さんのところに訪問するといいお客さんからはお菓子をもらえたりすることもありましたし、軽い世間話をしたりして面白い仕事だなぁという思い出があります。

また、営業は新規の営業もしていましたが、門前払いや居留守を使われることが多かった中で新規のお客さんを取ってくると会社で「おお!やるねぇ!」と言われたこともありました。

営業というと汗水たらして契約が取れないと怒られたりするようなイメージがありますが、自分にあった営業の仕事や業界を選ぶことで悪いイメージが吹き飛んでしまうくらい面白い仕事にすることもできるのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事