会社を辞めることをいう一日のタイミング

一日の時間の中で、会社を辞めることを言うタイミングってあるのでしょうか。
朝、昼、夕方、夜と仕事をしているとタイミングがたくさんあります。
そのタイミングがいいか気になりますよね。
今回は、会社を辞めるときに一日で一番いいタイミングはどの時間帯なのかをお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

辞めることを言うタイミングの各時間帯に言った場合

午前中に辞めることを言う場合

朝一番や昼前に辞めることを言う場合は、勢いでこちらから上司に言うことが多いでしょう。
前日までいろいろと辞めることを言うイメージトレーニングをしたり、朝会社に行きたくなかったりして、「もうダメだ!」という勢いそのままに午前中に辞めることが言えます。
言う方はスッキリできますが、言われる方は朝から聞くにはいい話ではないので、勢い任せに言うといろいろと言われる可能性があります。
そのため、朝は自分が辞めることを伝えてスッキリしたいと思える時に言うことをオススメします。

昼休みやランチ中に辞めることを言う場合

上司と昼休みやランチが一緒になることはあまりないかもしれませんが、もし一緒になった場合は、ここでも会社を辞めることを伝えるチャンスでもあります。
しかし、ランチ中は食事が進まなくなったり、メシがまずくなるということからオススメはできません。
ただし、あなたが落ち込みすぎたりして上司が気になってランチに誘ったりしてくれた場合は、うまく利用して会社を辞める話を切り出してもいいかもしれませんね。

昼休みやランチが終わった直後に辞めることを言う場合

午後一に辞めることを言う場合ですが、ご飯を食べた後は副交感神経が活発になるため、リラックスしている状態なのだとか。
そのため、変にこじれることが無く話が進むことが多いそうです。
ただし、上司がランチを取っていること絶対話しがこじれることが無いかと言うとそんなことも無いので過度な期待はしないようにしましょう。
また、午後一に上司は会議などが入っていることも多いので、昼休みやランチが終わった直後はチャンスが少ないかもしれません。

おやつの時間に辞めることを言う場合

おやつの時間と書いていますが、おやつを食べる会社は少ないと思うので、だいたい15時くらいの時間帯だと思ってください。
この時間も仕事が落ち着いていれば、退社時間にも余裕がありますし、忙しくなければいいタイミングになりそうです。
ここを乗り切れば、もう少しで退社時間の定時と思えるのであなたも気が楽になって話をできるかもしれません。

業務終了間際や業務終了後に辞めることを言う場合

この時間帯に辞めることを言う場合は、気をつけること2つほどあります。

  • 仕事が忙しくて相手にしてくれない
  • 辞めることを言った後に飲みに連れて行かれる

仕事が忙しくて相手にしてくれない場合は、翌日以降に辞めることを言えるチャンスを持ち越してしまうので精神的に良くないかもしれません。
また、飲みに連れて行かれ説教される可能性もあることも考えなくてはなりませんね。
ただ、業務終了後に辞めることを言う場合は、他の社員がある程度退社しているため、言い易さは一日で一番あるかもしれませんね。

辞めるタイミングは自分で見つけよう


辞めることを言う時間帯で言った場合として書いていますが、あくまで参考として考えた上で自分でタイミングを決めましょう。
また、可能であれば辞めることを伝える上司が忙しそうな時ではなく、比較的手の空いている時を見計らって呼び出したほうが上司もちゃんと対応してくれるでしょう。
あとは、自分との勝負になります。
会社が嫌で嫌でしょうがなく辞めたい時は、早く言わないと自分のモチベーションも低い状態にありますし、モチベーションが低い状態では仕事の効率が落ちたりミスが多くなってしまい、会社に不利益になってしまいます。
次の転職する会社が決まってしまっている時も早く言わなければ、引き継ぎなどもあるので今の会社と転職先の会社の2つで退職する日と入社する日の調整を行わなければならないので大変になります。

スポンサーリンク

辞めることを上司に伝える時は意思を固くしましょう


会社を辞めることを伝えるとほとんどの割合で、

  • 辞める理由を根堀葉掘り聞かれる
  • 引き止めにあう

可能性があります。
特に中小零細企業で上司が社長だったりすると、辞める理由を根堀葉掘り聞かれた後に説教され、引き止めにあうスペシャルメニューが待っているかもしれません。
ここで辞める意思が弱いと説教された時に「あー、めんどくさいからやっぱり辞めないほうがいいかも」と思ってしまうかもしれません。
しかし、引き止めにあい会社を辞めなかった場合、今後辞めたくなった時に辞めずらくなります。
だって、同じ人に2回も3回も会社を辞めるって言うことは言いづらくないですか?
怒られるのを覚悟で辞めることを言いましょう。
これから何回も怒られるよりも1回怒られるだけで終わるのでしたらそのほうがいいでしょう。

まとめ

会社を辞めるときになんとも思わずに「辞めます」と言えるメンタルを持っているならば気になりませんが、全ての人が強靭なメンタルを持っているわけではありません。
そんなガラスのメンタルの人が少しでも会社を辞めるときに言う一日の時間帯を参考に出来るように記事にしました。
上司の性格だったり、忙しさだったりと当てはまらないかもしれませんが、是非参考として少しでも楽に会社を辞めることを言えるようにしてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事