【大卒に負けない!】高卒でも稼げる仕事とは?

一般的に高卒は大卒よりも給料が安いため、生涯年収もぜんぜん違うと言われます。
また、給料が安いだけではなく専門分野の職業ではない営業や事務でも大卒でないと採用されなかったりと冷遇されてしまう学歴になってることも多々あります。
大卒でないと仕事をしてもお金を稼ぐことができないのかというとそんなこともありません
そこで今回は、高卒でも稼ぐことができる仕事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大卒と高卒の年収の差について


まず、高卒でも稼ぐことができる仕事を紹介する前に大卒と高卒の全世代の平均年収の差がどの程度あるかですが、
高卒男性 290万円
高卒女性 210万円
大卒男性 397万円
大卒女性 291万円
と厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況の学歴の資料にありました。
高卒だと年収が男女ともに300万円いかないという結果が出ています。
また、大卒は働き始めが大卒よりも4年ほど早く働き始めますが、それでも差がつき過ぎている理由としては、大卒は年齢とともに大幅に年収がアップしますが、高卒は大卒に比べて年収がアップしづらい傾向にあることも平均年収に差がつき過ぎている原因となります。
高卒が大卒の平均年収より稼ぐことができる仕事は何になるのでしょうか?

高卒が大卒の平均年収より稼ぐことができる仕事

医療機器メーカーの営業

医療機器メーカーの営業は大卒からの採用が多いですが、中には学歴不問で募集している会社もあります。
大企業に入ることは難しいですが、中小企業であればチャンスがある仕事になります。
大卒で600万円〜1000万円と言われるくらい稼ぐことができるため、高卒でも十分にチャンスがあるといえるでしょう。
ただし、営業のため給料にインセンティブな部分の比重が大きかったり、営業先によっては休日の出勤があるため自分の時間が欲しい人には向いていないかもしれません。
また、頭がいい人を相手にすることと専門的な知識も必要となってくるため、日々の勉強も必要になることは覚悟する必要があります。

鉄道会社の社員

鉄道会社の社員でも駅員や保守、運転士や車掌などの仕事は高卒から募集しています。
本社や責任が必要となる部分は大卒が多いですが、私達が目に見えている仕事は高卒が多いのです。
鉄道会社は、大企業であることが多いので他の高卒の給料よりも多くもらうことができます。
ただし、募集していても年齢制限などがあったりするため、鉄道会社の社員を目指すのであれば早めに動くことが重要です。

タクシードライバー

タクシードライバーは、稼げていないように見えて稼ぐことができる仕事です。
距離や時間、高速を走るかなどで稼ぎは変わってきますが、大卒の平均年収の397万円を超えることも可能です。
ただし、タクシードライバーは今ニュースになっているようなお客さんから暴力に近いことを受けたりする事件も多いため、仕事をするにあたっては注意しなければならないことがたくさんあります。
また、大きい都市ではカーナビがあったりして便利になっていますが、地方のタクシーではカーナビがついていないことも多く、ドライバーの頭に入っている地理情報が全てとなり、地理が詳しくないとタクシードライバーとして仕事にならないこともあります。

公務員

公務員は、安定していて人気の職業になります。
公務員でもいくつか仕事の種類がありますが、公務員は年功序列になることから初めのうちはどうしても低い年収になってしまいます。

国家公務員

意外にも国家公務員は大卒だけではなく、高卒からも採用をしています。
全ての国家公務員の門は開いていませんが、皇宮護衛官や入国警備官などは高卒から募集している仕事になります。
国に雇われるため、手当が厚く、住宅手当の他に地域手当という東京都内などの民間の平均給与が高い地域ではさらに貰えたりすることができます。

地方公務員

採用する人数が少ない地域では高卒の採用をしていないかもしれませんが、ある程度の採用がある地域では高卒も採用しています。
役所の職員などが地方公務員に当てはまります。
給与も国家公務員と近いため、安定して年数を重ねるごとに給与も上がっていき、大卒の平均年収以上の年収になる可能性のある職業です。

自衛官

自衛官も大卒の平均年収以上貰うことができます。
国家公務員も地方公務員にもボーナスがありますが、自衛官にももちろんボーナスがあります。
また、手当も充実していることと寮住まいなので住居費の支出が無く、お金を貯めることもできます。
ただし、体力が必要となる職業のため、持病を持っていたり年齢が高い場合は厳しいかもしれません。

警察官や消防官

市民を守る警察官消防官も公務員に入ります。
どちらも人に負けないくらいの体力や筋力が必要になりますが、自衛官と同等くらいの年収を貰うことができます。
特に警察官は、毎年大量に高卒からの募集をしているため、一度応募してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

会社に入ってしまえば学歴が関係なくなる会社もある


上述では、高卒でも稼ぐことができる職業を紹介しましたが、高卒も大卒も関係なく募集している会社に入った場合に実力主義の会社であれば、大卒の社員より年収が高くなることが多いです。
特にベンチャー企業では、その傾向が強く、学歴だけの社員は評価が低く、実力がある社員の評価が高くなるのです。
そのため、公務員になれなくても民間の会社でも十分大卒の平均年収以上を貰うことが可能です。
もしかしたら、今勤めている会社でも実力を示すことができれば年収が大幅に上る可能性があります。
いろいろと仕事の結果を出したりして、もがいてみて年収をアップさせることも手段の一つと言えるでしょう。

まとめ

今回は、高卒でも大卒の平均年収以上稼ぐことができる職業や仕事を紹介しました。
若い内はいろいろな職業を選ぶことができるので、安定したいのであれば公務員を選び、一度稼げるかわからないけどやりたい仕事をしてから考えたいのであれば、やりたい仕事がダメだった時に民間で募集している鉄道会社の社員などを目指してみることがいいでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事