公務員の平均年収と退職金はいくら貰えるのか

たまに公務員の平均年収がアップするとかニュースになったりしますよね?
一体、公務員の平均の年収退職金がどのくらいなのか気になりませんか?
公務員の中には国家公務員だったり地方公務員だったりといろいろとありますが、公務員系の職業としていくら貰っているかを調べてみました。
これから公務員を目指そうとしている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

公務員の平均年収と退職金


※平均年収に役職は考慮せず。
平均年収と退職金はおおよ言われている金額になります。
また、国の方針によっては変わってしまう可能性があることがあります。

国家公務員

官僚系の仕事や入国管理局などの国を運営するにあたって、必要になる仕事をしています。

国家公務員の平均年収と退職金

国家公務員の平均年収は、670万円
国家公務員の退職金は、2,530万円

地方公務員

県庁や市役所などを地域を運営するにあたって、必要になる仕事をしています。
県や市、町や村など努める地域によって年収や退職金が変わってきます。
特に町や村、財政的に問題がある地域の公務員は平均年収や退職金が大幅に少なくなる可能性があります。

地方公務員の平均年収と退職金

地方公務員の平均年収は、630万円
地方公務員の退職金は、2,280万円

消防士

火事の消火活動や救助活動などの仕事をしています。

消防士の平均年収と退職金

消防士の平均年収は、710万円
消防士の退職金は、2,200万円

航空管制官

飛行機の誘導やフライト中のパイロットに飛行ルートを案内したりする仕事です。
飛行機が誤って、同時に同じ滑走路に着陸してしまわないように飛行機の交通整理をしているイメージです。

航空管制官の平均年収と退職金

航空管制官の平均年収は、580万円
航空管制官の退職金は、2,760万円

警察官

人を犯罪から守ったり、事件を解決するために調査する仕事です。
また、交番などに勤めていると困っている人を助けたりもしています。

警察官の平均年収と退職金

警察官の平均年収は、510万円
警察官の退職金は、2,260万円

皇宮護衛官

皇居の警護する仕事をします。
警視庁の所属ですが、警察官とは違います。

皇宮護衛官の平均年収と退職金

皇宮護衛官の平均年収は、630万円
皇宮護衛官の退職金は、2,260万円

外交官

国内や国外の日本大使館などで働きます。
国同士の関係をよく保つための窓口の仕事です。

外交官の平均年収と退職金

外交官の平均年収は、1400万円
外交官の退職金は、2,530万円

刑務官

犯罪を犯した人が入る刑務所の仕事です。

刑務官の平均年収と退職金

刑務官の平均年収は、620万円
刑務官の退職金は、2,530万円

教師

公立学校の先生です。

教師の平均年収と退職金

教師の平均年収は、740万円
教師の退職金は、2,300万円

労働基準監督官

労働者が働くにあたって、経営者が違法に働かせていないかを監督する仕事をしています。

労働基準監督官の平均年収と退職金

労働基準監督官の平均年収は、660万円
労働基準監督官の退職金は、2,530万円

自衛官

他国の脅威から守るための部隊です。
また、災害があった地域へ人を助けに行くこともあります。

自衛官の平均年収と退職金

自衛官の平均年収は、640万円
自衛官の退職金は、1280万円

都庁

東京都を運営するための仕事です。

都庁の平均年収と退職金

都庁の平均年収は、810万円
都庁の退職金は、2270万円

裁判所事務官

訴状や呼出状などの書類の作成や送付、弁護士との打ち合わせやマスコミの対応の仕事をします。

裁判所事務官の平均年収と退職金

裁判所事務官の平均年収は、530万円
裁判所事務官の退職金は、2,530万円

日本年金機構職員

年金の運営するための仕事をします。

日本年金機構職員の平均年収と退職金

日本年金機構職員の平均年収は、770万円
日本年金機構職員の退職金は、2,530万円

国会職員

国会内で仕事をします。

国会職員の平均年収と退職金

国会職員の平均年収は、670万円
国会職員の退職金は、2,530万円

他にも公務員の職はたくさんあります

ある程度情報が出ていて有名どころの公務員のおおよその平均年収と退職金を書きました。
ただ、公務員は幅広く上述の仕事以外にもたくさんありますが、だいたい似たような平均年収と退職金が貰えるものと思われます。

平均年収は一見高いですが初任給は低いです


調べてみると平均年収だけ見ると大企業レベルの平均年収を貰っているように見えます。
民間で働いている人から見ると中小企業を含めてしまうと平均年収が400万円〜500万円くらいなので国が破綻しない限りお金が貰えるし、年収も高い、退職金も貰えて福利厚生も充実している。
世間で公務員がいいと呼ばれる所以ともいえるでしょう。
ただし、初任給は低いため、初めから平均年収近くのお金を貰えるわけではないので注意しましょう。
また、退職金も途中で辞めた時の退職金は著しく減額されますので注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

公務員の平均年収は、全ての役職での平均になりますが600万〜800万円が一般的です。
また、公務員が定年で退職した場合の退職金は2500万円〜2600万円が一般的です。
ただし、公務員になりたてのときは平均年収よりもかなり低い年収になりますので、初めは期待しないようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事