介護職がブラックと呼ばれる所以と働く介護施設の選び方

介護職といえば、「肉体的にキツイ、汚い、危険」の3Kと言われ、世間から避けられている仕事の一つです。
既に高齢社会となっている現代では、介護職は必須の職業でこれからももっと必要となります。
介護職が3Kでブラックと呼ばれる所以ブラックな介護施設で働かないようにするためにはどのような点に気をつけるといいかを書きたいと思います。

スポンサーリンク

介護職がブラックと呼ばれる所以

3K(肉体的にキツイ、汚い、危険)があること

冒頭でも書いていますが、3K(肉体的にキツイ、汚い、危険)があることは世間から避けられてしまう仕事です。
人気の職業と言えないことから人が集まりづらい職業のため、人数が足りておらず少ない人数で回すことになっていることが理由の一つです。
ちなみに3Kをもう少し詳細にどんなことか書きましょう

肉体的にキツイ

相手にする人は、かなり肉体的に衰えた高齢者を相手にします。
高齢者が一人で動くには大変なため、入浴や移動などを手助けします。
高齢者でも体重は、40キロから50キロはあったりするので抱きかかえたりするとかなりの力仕事になります。
また、深夜勤務がある会議施設もありますので、力仕事と深夜勤務のダブルパンチで肉体的にキツイ仕事となってしまうのです。

汚い

かなり肉体的に衰えた高齢者を相手にするため、高齢者が排泄するときも手助けする必要があります。
自分の排泄物であれば、気にしない人でも自分以外の排泄物に抵抗感を覚えてしまう人は多いのではないでしょうか。
また、頭脳も衰えている高齢者も相手にする場合は、施設で入居者に提供する食べ物を食べずに投げたりすることもあるため、その片付けもすることになります。

危険

高齢者は、体が衰えているため病気にかかりやすいです。
そのため、ニュースなどでも報道されていることもありますがノロウイルスやインフルエンザなどの病気が施設で流行ったりすることがあります。
これは、施設の入居者だけでなく従業員にも影響が出てしまうこともあることから危険と呼ばれています。

給料が安い

ほとんどの求人をみても介護職は、給料が他の業種と比べて安いです。
給料が安い理由としては、いくつかありますがその中の大きな理由の2つを書きます。

経営者が従業員にお金を支払わない

従業員には最低賃金の報酬だけを支払い、仕事内容が報酬に見合わないような過酷な仕事をさせている経営者がいます。
そんな経営者は、高級車を乗り回したりして豪遊している介護施設があります。

介護報酬が低いため

介護施設の利用者が介護施設を利用した場合に、国から支払われるお金が介護報酬と言われます。
介護報酬も収益と考えている介護施設もあり、介護報酬が低くなってしまうとその分の利益が無くなってしまい、従業員に支払う給料も少なくなってしまうのです。

職場の人間関係がひどい

介護職はストレスが溜まりやすい仕事でもあります。
高齢者のため、テキパキと動けなかったり、子供のように駄々をこねてしまう人もいるので、思うように仕事が進まないことから他の仕事よりもストレスが溜まりやすく、人にあたってしまったりするのです。
そのためギスギスした職場となってしまい、働きづらくなってしまいます。
また、施設は閉鎖されている環境でもあるため、人間関係が良好ではないことが多いです。

ブラックな介護施設で働かないようにするためには


介護職がブラックと呼ばれる所以を上述で書きましたが、ブラックな介護施設で働かないようにするためにはどのようなことを注意すればよいのでしょうか。

給料が安すぎないこと

一番始めに来るのはお金のことではないでしょうか。
ハローワークでも求人サイトでも給料がどのくらい貰えるかは記載されています。
まずは、月にどの程度貰えるかを確認しましょう
逆に他の求人よりも高給で募集しているような施設もありますが、そのような施設もどんな仕事をさせられるかわからないため、注意したほうがいいかもしれません。

年中求人を出していないこと

年中求人を出しているような施設は、入ってもすぐ辞めるいろいろできるスーパーマンが欲しいかです。
入ってもすぐ辞められている施設は、人間関係が酷かったり、仕事を教えてもいないのに雰囲気で覚えろと無理難題を言ってくる可能性があります。

面接時に施設の雰囲気や従業員がどのように働いているかをチェックしましょう

ここが施設で働く前のブラックとブラックではない判断として、一番重要と言っても過言ではありません。
面接は施設で行うことが多いでしょう。
「施設で従業員がどんな雰囲気で働いているか」や「施設の清潔さ」、面接官や経営者がどのような人柄かを面接を受けるこちら側もチェックする必要があります。

  • 従業員が忙しそうにしていたり、覇気がない。
  • 施設が汚い
  • 面接官が高圧的、言っていることが分からない
  • 各種手当てや夜勤があった時や風邪などの病欠時にどのようになるか
  • 高級車が止まっている

etc...
少しでも合わなそうであれば、違う施設を探すことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

介護職は、「肉体的にキツイ、汚い、危険」の3K以外にも給料が少なかったり、職場の人間関係よくなかったりするため、ブラックの印象が強くなっています。
ブラックな施設に合わないためには、給料が安すぎず高すぎず、年中求人を出しているような施設ではなく、面接時に施設に訪問した際に行きたくなるような介護施設を選んで働くようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事