介護職のいいところとあなたの向き不向きを教えましょう

「介護職がブラックと呼ばれる所以と働く介護施設の選び方」では、介護職の悪い部分を中心に記事を書きました。
今回は逆に介護職のいいところや介護職になることでプラスになることを紹介したいと思います。
それぞれ悪いところといいところを参考にして、介護職を目指すのかを考えていただけるといいでしょう。

スポンサーリンク

介護職のいいところ

仕事にやりがいがある

高齢者は好意的に接してくれる人には、とても好意的に接してくれますし、自分の子供や孫のように可愛がってくれる人もいます。
コミュニケーションを取っていき、心を開いてくれると成果が実って嬉しく思えます。
自分の事を信頼されると働いている側はとてもやりがいを感じることがあるので、他の仕事よりもやりがいを感じやすい仕事にと言えるでしょう。

介護職の求人が多い

ハローワークや求職サイトには、専門職にしてはたくさん介護施設や訪問ヘルパーの仕事がたくさんあります。
また、これから更に高齢社会に入ってしまうので、介護職が無くなってしまうことは高齢者と若者が逆転しない限りは無いでしょう。

介護職を経験すると将来性がある

「求人が多い」でも書いてあるとおり、介護職が無くなることは無いです。
そのため、働いている介護施設が何らかの事情で無くなってしまったり、怪我や病気、自身の親の介護などで一時的に職を離れたとしても再度仕事に就きやすい職業になります。
また、再度介護職の仕事に就きやすい理由としては、介護職の有効求人倍率が平均で2倍から3倍であることから人で不足の施設が多いことも理由の一つになります。
この将来性というのは、今後発展してく将来性ではないですが、今後も安定して職があり、働いてお金を貰うには困らない職業という意味です。

全国で求人がある職業である

大半の仕事は都市部ではあるけど、地方には無い仕事です。
特に専門職に関しては、地方は求人を出していることが少ない中で介護職はほぼ必ず求人がある仕事です。
わざわざ上京などしなくても生まれ育った地元で仕事をすることができます。

未経験でも募集している

介護職は、有効求人倍率が比較的高いため、経験者だけではなく未経験から一人前の介護士に育てようとするところが多いです。
そのため求人を見ても未経験でも採用してくれるところが多くあります。

若い女性の介護士が多い

このメリットは男性のみのメリットになりますが、介護士は意外にも若い女性も多く就いています。
若い女性がいるだけでも仕事を頑張れる人も中にはいるでしょう。
男だらけの職場でむさ苦しく働くよりはいい職業でしょう。

介護職は悪いところだけではない


介護職といえば、ブラック企業というイメージがありますが、結局介護職で入った会社や施設が良くなければブラックになります。
これは、介護職だけではなくITや事務職、営業職や販売職、公務員も全て当てはまる部分になります。
少しでも働きやすいく長続きできる職場を探すことで、ブラックではない職場で働くことができるでしょう。
また、人には向いている仕事や向いていない仕事があります。
次は、介護職に向いている人を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

介護職に向いている人


介護職に向いている人は、自分のペースで物事を進めていくのではなく、相手のペースに合わせられる人が向いています。
これは、高齢者はすばやく動くことができないため、ゆっくりと歩いたり動作してしまうためです。
また、お話したりとコミュニケーションを取ることが好きな人も向いていますし、細かい変化に気づく人や細かい気配りができる人も向いています。
介護職に向いている人の共通点としては、自分のことだけを考えているのではなく、相手のことを考えることができる人が介護職に向いている人と言えるでしょう。
逆に介護職に向いていない人はどんな人なのでしょうか。

介護職に向いていない人


介護職に向いていない人は、排泄物の片付けなどもあるため、潔癖症だと向いていないでしょう。
また、相手のことを考えられず、自分本位で物事を考えてしまう方も向いていないと言えます。
介護職は、夜勤がある施設も多いです。
男性は体力があると判断され、夜勤を多くさせられる可能性があるため、夜が苦手という人も向いていないでしょう。

介護に向いていないと思っても興味があるなら一度介護職に就いてみることも考えてみよう


介護職には興味があるけど「自分は潔癖症だ」とか「自分本位で物事を考えていることに当てはまる」と思ってしまっても一度興味があるのでしたら、実際に介護職に就いてみることをオススメします。
あくまで、自己評価で見てしまっても実際は違うこともあるでしょう。
介護に向いていないと思っても意外にも向いていることもありますし、逆に自分に向いているだろうと仕事に就いてみたら合っていなかったということもあります。

まとめ

介護のいいところは、「やりがいがある」「全国的に求人があり、未経験から募集している」「介護職自体が無くなることがない」です。
介護に向き不向きは、相手のことを考えられる人が向いている人で逆に自分のことを中心に考えてしまい相手のことを考えられない人が介護職に向いていない人になります。

スポンサーリンク
おすすめの記事