35歳の転職限界説は本当にあるのか!?

転職は年齢が上がれば上がるほど、難しくなると言われています。
中でも35歳が転職が出来る限界のラインと言われています。
はたして、35歳は転職の限界のラインなのでしょうか?

スポンサーリンク

35歳の転職限界説があるのはなぜ?


まず、35歳が転職の限界と言われているのは何故なのでしょうか?
転職の理由は、いろいろとあると思います。
例えば、給料が低い、拘束時間が長すぎる、人間関係が悪い、キャリアアップしたい・・・
20代は転職しても良くて、30代の中盤で転職が評価されない風潮って気になりますよね。
30代を過ぎてしまうとある程度考え方が固まってしまったり、20代よりもものを覚えるのが悪くなっている印象があります。
また、チャレンジする年齢も30代過ぎてしまうと「今まで何をしてきたのか?」という印象を持たれるため、遅くとも30代中盤の35歳がラインとなっているようです。
これは、昭和では30代になると結婚をしていて子供も小学生になる辺りで、年功序列で給料も上がるという考え方からでしょう。
また、前の会社である程度の役職まで上がっていて、その分のお金を会社の風習も知らない人には払えないということもあるようです。

35歳の転職限界説は崩れ始めている


35歳の転職限界説は崩れ始めています。
現代は、正社員が足りないと言われる人手不足会社が全体の50%程度あると言われています。
大企業、中小零細企業で半分は正社員が足りないというのは、2000年から2010年まではありえなかったことでしょう。
人が足りないということは、選り好みしている余裕はありませんのである程度年齢が高かったとしても採用しなければ、会社としてまわしていけなくなります。

スポンサーリンク

35歳以上が転職をするためには


35歳の転職限界説が崩れ始めているとはいえ、現時点ではどこにでも転職できるわけではありません。
35歳以上でも転職しやすいところと転職し辛いところがあります。

今までの仕事と同業種であれば、転職しやすい

これは20代でも同様ですが、今まで働いてきている経験値をもっている同じ業種を転職のターゲットにすると転職がしやすいです。
会社としても、社会人のマナーの他に仕事に必要な技術的なことなどのスキルを持っているため、教えることは会社のルールくらいで済むためです。
あなたが教える立場だったときに、仕事の説明に専門的用語が分かる人と専門的用語から説明する必要がある人に教える場合、どちらが楽か分かりますよね。

未経験の業種は転職し辛い

同業種とは逆に未経験の業種は転職し辛いです。
やはり、専門的な用語を教えるところから初めるため立ち上がりが遅かったり、年齢によって上司や先輩が下になってしまうため教えづらいということなどが理由として多くあります。
また、年齢がある程度いってしまうと考え方が固まってしまい新卒よりも覚えが遅かったりすることも未経験の業種で転職し辛い理由になります。

未経験の業種に転職するためには

35歳を超えてしまうと未経験の業種に転職できないのでしょうか。
答えは、35歳を超えていてみ未経験の業種に転職できないことはありません。
しかし、20代と違って条件がついてしまいます。
それは、有効求人倍率が高い業種単純労働の業種であれば、35歳以上で未経験の転職ができる可能性が高いです。
有効求人倍率が高いと会社は採用する人のハードルを下げているので転職しやすいのが特徴です。
単純労働など頭よりも手を動かすことが多い仕事であっても、転職がしやすいのが特徴です。

これからどんどん未経験でも35歳以上で転職できるかもしれない


今は35歳が転職の限界のラインとして見られていますが、出産率も下がっていることから若い人の割合がどんどん少なくなっていきます。
未経験でも20代のポテンシャル採用で30代は書類で却下と言っていられない時代に突入します。
定年の年齢も引き上げようとしていることから、企業は年齢で不採用にする余裕が無くなっていくことでしょう。
もしかしたら、海外の面接のように履歴書には年齢を書かないようにする時代も来るかもしれません。

年齢が高いからといって転職を諦めないこと


「会社を辞めたい・・・でも年齢が高くてどこも取ってくれないから今の会社にすがるしか無い・・・・。」という考えを持っている方は、一度、転職活動をしてみましょう。
今の転職はハローワークだけではなく、転職サイトや転職エージェントからの求人も可能ですし、ハローワークよりも良い求人があります。
また、平日しか営業しておらず、インターネットサービスは見づらいハローワークと比べて、転職サイトは24時間365日インターネット上から見ることができる上に見やすい仕様です。
転職サイトや転職エージェントは、平日の日中帯だけではなく平日の夜や土日にも相談することができるので、インターネット上から申し込むことが不安であれば一度相談にいってみても良いでしょう。
転職を考えている会社への面接も平日の業務終了後に調整してくれる会社もありますので、今の会社に転職活動していることを気づかれずにすることも可能です。
まずは、動いてみましょう!

まとめ

35歳の転職限界説は、企業が正社員の人手不足のため崩れ始めています。
しかし、崩れ始めているとはいえ、未経験の業種はまだ転職というとハードルが高いのが現実です。
未経験の業種だとハードルは高いですが、だからといって諦めず転職サイトや転職エージェントを使って転職にチャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事