【2018-2019 新宿へ通勤】都内でひとり暮らしするならここ!

「新宿勤務けど、千葉や埼玉、神奈川からだと通勤に時間がかかるから絶対都内がいい!」という、これから就職や転職で都内で働く人のために、都内でひとり暮らしをするのであればどこがいいのかを今回記事として書きたいと思います。

マンションタイプやアパートなどのタイプや風呂トイレ別などの条件などは一切考慮せずに駅、「新宿駅」へ40分程度の通勤時間で行けて家賃相場が安い駅で紹介したいと思います。
※家賃相場は、6.5万円以下を安さの基準とします。

スポンサーリンク

新宿駅に通勤時間40分程度の家賃相場が安い駅

新宿駅はJR以外にも都営線、東京メトロ、西武新宿線や京王線、小田急線があります。
可能であれば、違う路線に乗り換えずに新宿駅に降りれれば楽ですよね。

そこで乗り換えずに各々の路線でオススメできる駅はどこなのでしょうか。

JRなら中央線

JRで限定した場合、中央線で西側に行けば行くほど安くなります。

特に吉祥寺や三鷹、武蔵境を過ぎると家賃相場ガクッと下がります。

武蔵境以降の西武新宿線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
三鷹     7.10万円
武蔵境    6.90万円
---------------------
東小金井   6.40万円
武蔵小金井  6.60万円
国分寺    6.10万円
西国分寺   5.80万円
国立     6.10万円
立川     6.70万円
日野     5.60万円
豊田     5.80万円
----40分超えるかも------
八王子    5.70万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。
6.5万円を超えている武蔵小金井と立川も一応入れています。

中でも中央線でも6万円以下が相場の西国分寺と日野以降の駅がオススメです。

少し栄えた駅に住みたいという方は40分を過ぎてしまうかもしれませんが八王子がオススメできる駅でしょう。

都営線なら新宿線

新宿駅がある都営線は、新宿線と大江戸線があります。
大江戸線は全体的に家賃相場が高いため、家賃を抑えることは難しいでしょう。
もう一つの路線の新宿線であれば、家賃相場の安い駅がありました。
都内でも東大島以降の駅からギリギリ千葉県に入らない駅であれば、なんとかいけそうですね。

東大島以降の都営新宿線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
東大島 7.30万円
--------------------------
船堀  6.30万円
一之江 6.00万円
瑞江  6.40万円
----40分超えるかも-----
篠崎  6.40万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

都営新宿線のいいところは、地下鉄のため高架線が無いため線路沿いという物件がありません。

都営新宿線の近辺であれば、どの地域に住んでも電車の音が聞こえないのはいいですよね。また、都営新宿線は新宿駅を挟んで京王線に乗り入れする路線にもなります。

西武新宿線なら東伏見以降の駅

西武新宿線の場合、武蔵関までの家賃相場が高くその次の東伏見から1万近くも家賃相場が下がります。

武蔵関以降の西武新宿線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
武蔵関  7.10万円
--------------------------
東伏見  6.00万円
西武柳沢 5.70万円
田無   6.20万円
花小金井 5.70万円
小平   5.30万円
久米川  5.20万円
-----40分超えるかも----
東村山   5.00万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

西武新宿線は、JR中央線と方向は似ていますが、北西に延びる沿線です。

さらに進むと埼玉県の所沢に行く路線ですので、埼玉県に近づけば近づくほど家賃相場が下がります。

各駅は、駅前に何もなかったりするので、部屋では寝るだけだと西武新宿線はオススメできる路線です。

京王線であれば柴崎以降の駅

柴崎以降の京王線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
つつじヶ丘 6.70万円
--------------------------
柴崎    6.50万円
国領    6.60万円
布田    6.20万円
調布    6.30万円
西調布   5.30万円
飛田給   6.10万円
武蔵野台  5.90万円
多磨霊園  5.60万円
東府中   6.00万円
府中    6.70万円
分倍河原  5.50万円
中河原   6.00万円
聖蹟桜ヶ丘 6.00万円
百草園   4.50万円
高幡不動  5.20万円
----40分超えるかも------
南平    4.90万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

6.5万円を超えている国領と府中も一応入れています。

京王線沿いは、他路線に比べて家賃相場が安い駅が多い印象でした。

路線としては、一番穴場の路線と言ってもいいでしょう。

ちなみに京王線は各駅停車ではなく、急行や快速など全ての駅に止まらない電車が多いため都内の奥の方の駅でも新宿には40分圏内の駅が多いのが特徴でした。

途中の駅で下車して急行や快速などに乗り換えないと南平の駅でなくても40分を超えてしまう可能性があるので、途中下車することに抵抗が無ければオススメできる路線です。

小田急線なら和泉多摩川か町田

小田急線は、途中神奈川県に入って都内に戻るので少しややこしい路線でもあります。

都内でなくてもいいのであれば、途中の神奈川県の駅に住んでもいいかもしれません。

狛江以降の小田急線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
狛江     6.60万円
和泉多摩川  5.60万円
-------ここから神奈川県--------
登戸     6.10万円
向ヶ丘遊園  5.90万円
生田     5.10万円
読売ランド前 4.80万円
百合ヶ丘   5.80万円
新百合ヶ丘  6.60万円
柿生     4.90万円
鶴川     5.60万円
-------ここまで神奈川県--------
玉川学園前  4.90万円
町田     6.30万円
---さらにここ以降神奈川県----
相模大野   5.40万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

都内で限定するのであれば、和泉多摩川玉川学園前町田の3択になります。

神奈川県でもいいというのであれば、玉川学園前の前までのいづれかの駅でも家賃相場が安いので部屋を探してみる価値はあります。

東京メトロは家賃相場が高いところしか無い

新宿駅がある東京メトロの路線は丸の内線がありますが、全て家賃相場が7万円台を超えてしまっているため、安いと言える駅がありませんでした。

丸の内線は東京23区以外にはいかないため、家賃相場が高い駅しか無いことが特徴的でした。

新宿まで40分で家賃相場が安い駅がたくさんありました

東京23区から離れれば離れるほど家賃相場が落ちてくことは分かりきっていましたが、意外にも家賃相場が5万円台の駅もありました。

ここを参考に部屋を探すともしかしたら新宿まで時間がかからずに通勤できる部屋を探すことが出来るかもしれません。

時期によってはたくさん部屋があったり、部屋数が少ないことがあるので「引っ越したいなぁ」と思い始めたら、こまめにお部屋探しサイトで探すことをオススメします。

スポンサーリンク
おすすめの記事