【絶対ダメ!】ハローワークの求人はブラック企業ばかり

転職を考えているあなた!どの方法で仕事を探しますか?
転職サイトや転職エージェントを使って仕事を探す?
ハローワークを使って仕事を探す?
チラシや新聞から探す?
求人募集はいろんな方法から探すことができます。
近年では、企業のホームページから直接申し込むことができるため、選択肢が広がっています。
その中でもハローワークの求人は気をつけたほうがいいというお話を今回はしたいと思います。

スポンサーリンク

ハローワークは厚生労働省が設置する行政機関である


ハローワークは、国が国民に雇用の機会を確保することを目的とした行政機関になります。
ここだけ見ると国が提供しているサービスだから信頼感はあります。
ハローワークを使って転職活動をしたことがある人は多いかと思いますが、会社としてハローワークに求人を出したことのある人は少ないのではないでしょうか。
ハローワークに求人を出すことができる条件を見てみましょう。

ハローワークに求人を出す条件

ハローワークのサイトの事業主についてが求人を出す側の説明ですが、ハローワークに求人を出すために条件はありません。
強いて言えば、事業所の登録を記入して求人申込書を提出するだけでハローワークに求人を出すことができるのです。

ハローワーク以外から出されている求人は?

それでは、ハローワーク以外から出されている求人はどうでしょう?
転職サイトや転職エージェント、チラシや新聞で求人を出す場合は求人を出す会社がお金を払って求人の情報を載せています。
サイトに載せるための写真だったり担当者のコメントだったりいろいろと取材してサイトに載せたりするのでその分の費用がかかります。
チラシや新聞も求人広告として載るので、その分の費用がかかります。

無料で求人を出すことができる=ブラック企業が多い

もちろんハローワークに出ている全ての求人がブラック企業とは言いません。
中には良い企業があることも確かです。
しかし、ブラック企業の特徴の一つとしてお金が無いことが上げられます。
お金が無いということは、求人にお金をかけることができないということなのです。
つまり会社としてお金は無いけど今の人数で仕事を回すことができないから求人を出しているという会社がハローワークに多くあるのです。

実際にハローワークは待遇が悪い求人が多い


ブラック企業が多いと書きましたが、実際にハローワークで求人票を見てみると待遇がひどい会社が多かったりします。
例えば、年間の休日についての記載が100日を下回っていたり、ボーナス無しで給料の総支給額が10万円だったり、一週間は体験入社で無給で働かされたりすることもあります。
これは実際に求人票に書かれていることがあった一部です。
正直、ブラック企業があまりにも多いので、ハローワークで仕事を探すことは非効率です。

ハローワークで妥協して面接に行くと・・・

ハローワークであまりいいところは無いけど唯一この会社に面接に行ってみようとと申し込むとします。
普通の面接をしてくれる会社だと良いのですが、モラルの低い会社だと面接官はタバコを吸いながら面接をしたり、申し込む資格として学歴は高卒と書いておきながら「ウチ、大卒募集しているのになんで来たの?」と言われることもあります。
こちらとしてみれば、ハローワークから面接調整の連絡をしたときに断れよと思いますが、そのようなモラルの低い会社も多いのが現実です。

スポンサーリンク

逆にハローワークにいいところはないのかい?


今までは、ハローワークの求人がブラック企業が多すぎるということに焦点を当ててきました。
逆にハローワークで仕事を探す時にいいところがあるのかという点を書いてみましょう。

地元の求人が多い

ハローワークは全国の自治体にあります。
各自治体のハローワークに企業が求人を出しているので、自分が住んでいる近辺の求人を探すことができます。
転職サイトや転職エージェントは、地方の仕事もありますが求人の多さとしては人口の多い地域に集中しがちになっているのが現実です。

失業手当の申請などのついでに仕事を探すことができる

会社を辞めたら失業手当を貰うために申請します。
失業手当を申請するために行く場所がハローワークになるのです。
早く転職したいと思っている方にはついで仕事を探すことができる点がいいところでしょう。

パソコンやスマホが使えない人にはいいところ

転職サイトや転職エージェントの場合、パソコンやスマホを使って自分から申し込む必要があります。
ハローワークもパソコンを使って仕事を探すことなりますが、職員から使い方を教えてもらったり出来るのでサポート体制がある点がいいところです。

ハローワークのメリット・デメリットをまとめるとこうなる!

ハローワークのメリット

自治体ごとに設置しているため、地元の仕事に強い
失業手当などの申請関係でハローワークに行ったついでに仕事も探せる
パソコンやスマホが苦手な人でも職員のサポートで仕事を探すことができる

ハローワークのデメリット

会社はお金を支払わずに求人を出すことができるため、ブラック企業または待遇が悪い会社が多い
待遇が悪い会社しかないため、一部の待遇の良い会社を探す時間がもったいない
また、ハローワークのデメリットとして空求人が多く、「ハローワークで出しているとは思えないような天使のような求人」が実は採用する気のない会社が求人を出していることもありますので、注意する必要があります。

スポンサーリンク
おすすめの記事