自己都合で失業手当(失業保険)をもらえるまでのお金どうしたら?

「【権利を最大限に活用】失業手当(失業保険)をお得にもらおう」では、お得に失業手当を貰える条件失業手当をお得に貰うための方法を書きました。

「【権利を最大限に活用】失業手当(失業保険)をお得にもらおう」でも書いてあるとおり、正当な理由がない場合で自分の都合で会社を辞めてしまった場合はハローワークに失業手当の申請をしてから3ヶ月間は失業手当が支給されません。

では失業手当が支給されない間は、貯金を切り崩して生きるしか無いのでしょうか?3ヶ月生きていく貯金があるならまだしも貯金がない状態で3ヶ月生きていけませんよね?
ということで今回の記事は、「自己都合で失業手当(失業保険)をもらえるまでのお金どうしたら?」になります。
※失業保険は同等の意味なので、記事では失業手当に統一して書きます。

スポンサーリンク

失業手当が支給されるまでの3ヶ月間は働いて過ごすことで3ヶ月間生き抜くことができる


自己都合で会社を辞めたあとにハローワークに失業手当の申請をするのですが、失業手当の申請後7日間は待機期間となっており、働いてしまうと失業手当が支給されません。

失業手当申請後の7日間の待機期間
失業手当申請後の7日間の待機期間中は、アルバイトや派遣社員も含めた全ての雇用形態でも働くことはできません。
もし、内緒で働いてしまった場合は不正受給となってしまいますので、もし待機期間中の7日間に次の会社が決まってしまってもすぐには働かずにハローワークに相談したり、入社日を調整することがよいでしょう。

失業手当申請後の7日間の待機期間後からさらに3ヶ月間の給付制限期間を経て、失業手当が支給されるようになるのです。
この3ヶ月間の給付制限期間は基本的には働いても問題ない期間ですが、条件があります。

その条件とは全ての雇用形態に限らず・・・

  • 契約期間が7日以上または週所定労働時間が20時間以上で、週4日以上働いていないこと
  • 週の労働時間が20時間以上で31日以上の雇用見込みがない(雇用保険に入る対象にならないこと)

 

上記条件(フルタイムで働いていない)が満たされている限りは、就職したとみなされないため、失業手当をもらうことができるのです。

ただし、3ヶ月間の給付制限期間中にフルタイムや週20時間以上週4日働いてしまったりと上記条件を満たさなくなってしまった場合も失業手当申請後の7日間の待機期間後の3ヶ月間の給付制限期間内に会社やアルバイトを退職することで失業手当をもらうことができます。(退職証明書が必要になります)

ちなみにインターネットで「失業手当 方法 自己都合」などで調べると3ヶ月間の給付制限期間も働いてはダメと書かれているところもありますが、失業手当申請後の7日間の待機期間と混同しているものと思われます。

そもそも自己都合で会社を辞めた場合に3ヶ月の給付制限があるのはなぜ?

どこを探しても具体的に「この理由があるため給付制限がある!」ということが書かれていないので憶測となってしまいますが・・・。

会社からのリストラや会社の倒産などの会社都合で仕事を失ってしまった人や自己都合でも病気のためだったり介護のためだったりの正当な理由がある自己都合退職の場合は、止む終えない事情のため本人が会社を辞めたくなくても辞めざる負えない状況のため、貯蓄が無かったりと準備されていないことが考慮されているものと思われます。

逆に転職のためだったりとりあえず会社を辞めるといった自己都合で正当な理由がない場合は、貯蓄を貯めたり次の会社が決まっていたりするケースが多いことと自分で決めて会社を辞めるというような自己責任であり、正当な理由のない自己都合でもすぐ失業手当を支給してしまうと雇用保険のプールがすぐに無くなってしまうことを考慮したものだと思われます。

つまり、正当な理由のない自己都合は会社を辞めたのは自分で選んだ道なんだからという理由で支給を遅らせ、それ以外の止む終えない事情の場合は、支給する方も止むおえずすぐ支給しているということだと思います。

失業手当を支給されている時は働いていると損する


3ヶ月間の給付制限期間を終えて、「さあ失業手当が支給される!」という時に働いていると働いている内容や給料の額に寄って失業手当の支給額が減額されるか支給されなくなってしまいます。そのため、失業手当を絶対にもらうという人は3ヶ月間の給付制限期間中に仕事を辞めるか短期バイトなどの単発の仕事で食いつなぎましょう。

また、失業手当は、会社を辞める前の半年間の給料の平均の5割から8割り程度なので、失業手当が支給されている期間は生活レベルを落とすことを考えましょう!

スポンサーリンク

自己退職で失業手当を上手にもらうためのまとめ

自己退職で失業手当を上手にもらう流れ
会社を辞める

ハローワークに失業手当を申請

失業手当を申請後の待機期間中7日間は働かない

待機期間が終わった3ヶ月間の給付制限期間中は週に1回ハローワークで気になった求人票を印刷するなどの職を探すふりをして、短期バイトでなんとか食いつなぐ
(フルタイムのアルバイトや派遣でもOKですが、給付制限期間終了前に辞めることと退職証明書が必要になります)

失業手当の支給開始(一応、週に1回ハローワークで気になった求人票を印刷するなどの職を探すふりをしたほうがいいかも)

失業手当の期間が終わるまでに次の仕事を探し、入社日を失業手当が終わる月の翌月からに調整する

この流れが理想的な流れになります。

もちろん、絶対これがいいというわけではなく、3ヶ月間の給付制限期間中にいい会社を見つけたのであれば、失業手当を貰う前に入社したほうがいいでしょうし、失業手当が支給されている間にいい会社を見つけたのであれば、入社したほうがいいです。入社が早いほどボーナスがある会社は査定に響くので入社後の初めてのボーナスを早く貰いたいのであれば、早めの入社をオススメします。

スポンサーリンク
おすすめの記事