転職活動で何社、何十社も会社を受けているのに内定がもらえず、不採用ばかり・・・。
一体、何が原因なのでしょうか?

特にこの記事を見に来ているといことは、あなたの転職活動がうまくいっていないのではないでしょうか。
今回は、あなたの転職できない(不採用ばかり)原因を突き止める記事になります。

スポンサーリンク

あなたの転職できない原因として考えられること

応募条件にあっていない

求人票などに記載されている中には学歴、資格、仕事の経験など様々な応募条件があります。

中には応募条件に達していなくてもポテンシャルがあると採用してくれる会社もありますが、ほとんどは書類審査で落とされてしまいます。
そのため、あなたが応募条件に満たしている会社かを確認しましょう。

応募が多い求人にばかり申し込んでいる

人気の企業や人気の仕事の求人は、申し込む人が多く採用される可能性が低くなります。

たとえ求人している採用予定の人数が多くても、それ以上に申し込む人が多くなる可能性が高いので申し込む前に求人サイトや求人エージェント、ハローワークで求人している会社に面接の調整をしてくれる担当者にどの程度申し込んでいる人がいるか聞いてみるといいでしょう。

第一印象が悪い

履歴書の写真、面接などで第一印象が悪いと不採用の確率が高くなります。
第一印象で見られる点としては以下があります。

写真から見た悪い第一印象
  • 清潔感がない
  • 髪を染めている
  • 前髪が長すぎる
面接での悪い第一印象
  • 清潔感がない
  • スーツがヨレヨレ
  • 髪を染めている
  • 前髪が長すぎる
  • 靴が汚れている
  • カバンが汚れている
  • 言葉遣いが悪い
  • 態度がでかい
  • オドオドしている

筆記試験の対策をしていない

筆記試験がある会社の場合、一般常識の試験などの対策をしなければ、書類審査OK面接OKでも筆記試験で落とされる可能性があります。

もし、あなたが採用する側だとして、申し込んだ人が2人いたとして1人は筆記試験だけあまり良くなく、もう1人が筆記試験もいい結果が出ていた場合、後者の人を採用しようとしますよね。

会社でもほとんどのケースが同様のケースになります。

そのため、筆記試験の対策をするか筆記試験が無い会社に申し込むようにしましょう。

自分のアピールができていない

履歴書や職務経歴書、面接で自分のアピールができていないことで落とされているかもしれません。

たとえあなたが前職では部署のエースだったとしても、一歩外の世界に出てしまうとあなたのことを知らない人ばかりです。

あなたの実績を履歴書や職務経歴書にキッチリと記入し、面接では自信を持ってあなたがどんな人かあなたが前職までに会社にどのくらい貢献(経験)してきたかを伝えることで内定をもらえる可能性がグッと高まります。

いろいろと迷いがある

「今の会社を辞めて転職しないほうがいいのかぁ」と迷っていたり、「この会社に面接に来たけど本当にいいのかなぁ」いろいろと迷いがあると特に面接では中途半端な状態で受け答えしてしまい、面接担当者にアピールすることができません。

意外に迷っている心理で面接していると相手も何かあると思われることがあったりしますよ。

空求人にばかり応募している

これはハローワークで仕事を探していることが多いのですが、空求人と呼ばれる求人を出しているけど企業は採用する気が無いという見せかけだけの求人があります。

空求人は全体の一部と言われていますが、たまたま空求人に応募しているだけで書類審査で落ちることが多いのかもしれません。

採用されるためには対策することが必要です


転職活動を行ってすぐ次が決まる人であれば問題ないですが、すぐ決まらないという人は採用させるために対策することが必要になります。

上述で書いている「あなたの転職できない原因として考えられること」から対策することもできますが、自分だけを見直すよりも第三者からどのように見られるかで対策することであなたの転職活動の改善しなければならない点を洗い出すことができます。

この第三者ですが、友人や知人に採用担当をしたことがある人がいれば頼ってもいいと思いますが、たいていの人はそんな人はいないと思います。
そのため、転職サイトや転職エージェントを使い、面接のシミレーションや転職活動するにあたっての相談を受けることがいいでしょう。

転職活動は体力やメンタルを使ってしまいますので、なるべく短期間に集中して転職活動を行い、短期間で複数の内定をもらってその中から選ぶのが理想的です。
逆に転職活動が長引いてしまうと、「どうしたら受かるんだあああ!」と絶望的になってしまうので、特に精神衛生上よくありません。
また、面接を受けに行く時にお金も使ってしまうので、デメリットが多いですよね。

スポンサーリンク

転職できない原因と対策としてまとめると


転職できない原因としては、

  • 会社が求めている人材とミスマッチしている
  • 面接担当者に第一印象が悪かったりとアピールができていない
  • 筆記試験の対策ができていない
  • 空求人にばかり応募している

ことが上げられます。
そして、原因から一番いい対策としては面接の仕方などを第三者に見てもらうために転職サイトや転職エージェントを使い、転職活動を助けてもらうことで採用される可能性が高くなります。

スポンサーリンク
おすすめの記事