会社を辞められなかったら退職代行サービスを使おう

理由は何であれ、会社を辞めたいと決心し、上司に会社を辞めたいことの話をすると必ずといっていいほど次のような引き止めというイベントにあってしまいます。

部下
残業が多くて体がついていけないので、一ヶ月後に会社を辞めたいのですが・・・。

上司
ええ?!そうなのかい?
困るよ〜。君がいないとあの案件が進まないじゃないか〜。

上司
ん〜なんていうか、このくらいの残業が理由で辞めるようじゃ、どこの会社に行っても同じだよ。

上司
それに会社を辞めるってことは君の職歴に傷がつくことになるんだぞ?それは嫌だろ?だから考え直してみないか?

部下
あ・・・、はい。分かりました・・・。

部下が上司に「こんな理由なので辞めたい」というとほぼ必ず言われるのが「甘えたことを言うな!そんなことで辞めるようじゃどこの会社に行っても同じだぞ!」と根拠の無いことを言われます。

そして、いろいろとディスったあとに何故か「君は決断するにはまだ時期が早い、会社を辞めるのは考え直してみよう!」というようなことを言われ、引き止めにあってしまいます。
(言いたい放題言われて、あっさり辞められるならまだいいですが、引き止めをしてくるので頭にきますよね。)

引き止めにあってしまうと、会社を辞めるまでの期間が長くなってしまう辞められないかの2択がほとんどのケースになるのではないでしょうか。

会社を辞められるまでの期間が長くなってしまうことを承知の上で動いているのであれば問題はないですが、「すぐ辞めたい」「辞められないのでなんとかしたい」場合は、退職代行サービスを使って会社を辞めることをオススメします。

スポンサーリンク

退職代行サービスとはなんなのか


会社を辞めたいけど辞められない人や自分から会社を辞めたいことを言い出せない人、もう本当に会社に行くのが嫌で会社にいかないで辞めたい人などが会社を辞められるようにするために退職代行サービスがあります。

退職代行サービスに働いている会社を辞めたいことを相談し、退職代行サービスにお金を支払うことで会社に行かなくても辞めることができる画期的なサービスです。

料金は、正社員なら5万円〜6万円、アルバイトなら4万円〜5万円で退職代行サービスを使うことができるのであなたがどれだけ会社を辞めたいかによってこの金額が高いか安いかは変わってくるのではないでしょうか。

退職代行サービスを使って会社を辞めてもちゃんと辞められるのか


一般的に会社を辞めるときは、上司に辞めることを言ってから退職届を出して辞めるという流れでした。

しかし、退職代行サービスを使うと自分の知らないところで物事が行われているため、「本当に退職できるのか?」「裁判沙汰にならないか?」という不安もあるのではないでしょうか。

答えは、裁判沙汰にもならないと思いますが、よっぽど考え方がねじ曲がっているような会社なら裁判沙汰にしてくる可能性はあります。

退職は本当にできます。
裁判沙汰になる可能性を考えるのであれば、退職代行サービスにどうなるかを聞いてみたほうがいいでしょう。
とはいうものの裁判を起こす費用が高かったり労力を使うので、裁判を起こすメリットが無く裁判沙汰になるケースは限りなく低いものと思われます。

スポンサーリンク

弁護士と弁護士以外がやっている退職代行サービスがある


退職代行サービスは弁護士それ以外が運営している2種類の退職代行サービスがあります。

弁護士の退職代行サービスでは・・・

  • 残っている有給休暇がほぼ確実に取得できる
  • 法律のプロが運営しているため信頼性が高い
  • 裁判沙汰になるかならないかの部分でフォローしてくれるかもしれない
  • 料金がやや高め

弁護士の退職代行サービスでは、料金がやや高いですが残っている有給休暇を取得できることが大きいでしょう。

また、何かあったときにも相談に乗ってくれる可能性が高いことから信頼性を考えた退職代行サービスは弁護士に頼むことをオススメします。

弁護士以外が運営している退職代行サービスでは・・・

  • 弁護士よりも料金が安い
  • 退職代行サービス専門のため、会社との調整は慣れている
  • LINEから問い合わせることができる

弁護士の退職代行サービスよりは見劣りがちかもしれませんが、こちらもキチンと退職することはできます。

料金が安いこととLINEから問い合わせすることができるため気軽に相談したいという方にはオススメできます。

悩んでいるならまずは相談してみましょう!


会社を辞められないと悩んでいるようであれば、弁護士でもそれ以外の退職代行サービスでもどちらでもいいので相談してみましょう。

無料で相談できるところまで相談してどちらの退職代行サービスを使うという判断でもいいと思います。

今ではいろいろなハラスメントや労働の長時間化と奴隷としか思えないような扱い方をされて、体を壊してしまう人や過労死してしまう人、自ら命を絶ってしまう人がいます。

一度しか無い人生を残念な結果になってしまわないように「もう本当にダメだ」と思うところかその前の段階で退職代行サービスを使った退職をし、新しくスタートさせましょう。
世の中には星の数ほど会社はありますし、あなたがフリーとして輝けることもできます。

嫌な思いで働く必要は無いのです。

退職代行サービスの会社については、別途記事を書いていますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事