【2019年版 都内通勤必見】神奈川でひとり暮らしするならここ!

以前、都内通勤都内住まいで東京、上野、品川、渋谷、新宿へ行くにはどこの路線のどこの駅の家賃相場が安いかを紹介しました。

詳細には家賃相場が6.5万円でマンションタイプやアパートタイプ、風呂トイレ別という細かい条件は考えないものとして紹介しました。

しかし、都内は基本的に家賃が高いので、通勤する駅によっては都内に住む選択肢がかなり少ない駅もありました。

そこで今回は、都内通勤でも東京都周辺の神奈川県の駅の家賃相場で安い駅、かつ40分以内に通勤できる駅を紹介したいと思います。
※神奈川県の家賃相場は、6万円以下を安さの基準としました。

スポンサーリンク

神奈川県の条件内の東京の主要駅は品川新宿渋谷

今回神奈川県の家賃相場の安い駅を紹介するにあたって、東京の主要駅である

  • 東京
  • 上野
  • 品川
  • 渋谷
  • 新宿

の駅に40分以内に通勤できる駅を調べたところ、上野がどの路線を使っても40分で通勤することができないことが分かりました。

神奈川から上野まではだいたい1時間程度かかってしまいます。

ということで、東京、品川、渋谷、新宿への通勤で埼玉県の家賃相場の安い駅から40分以内で通勤できる駅を紹介したいと思います。

神奈川県は通勤対象の駅が多いため、各通勤先の駅に通勤できるオススメの駅のみ紹介します。

 各駅に行くための路線が載っていない場合は、家賃相場6万円で40分以内で通勤できる駅がないと思ってください。

先に埼玉から東京の主要駅へ行くための路線としては下記があります。

  • JR線は、京浜東北線、東海道線、横須賀線、湘南新宿線
  • 小田急線は、小田急小田原線
  • 東急線は、東急東横線、東急田園都市線、東急大井町線、東急目黒線
  • その他、京急の本線

があります。

東京に通勤時間40分程度の家賃相場が安い駅

まずは、東京に通勤時間40分以内で家賃相場が安い駅を紹介します。

JR線でオススメの駅

神奈川県から東京へ今回の条件にあったJRのオススメの駅はあるのでしょうか。

調べたところ2つの路線がの1つの駅が東京駅まで40分以内の6万円の家賃相場でした。

横須賀線、湘南新宿線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
横浜     8.00万円
--------------------------
保土ヶ谷     5.40万円
--------------------------
東戸塚      6.40万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

東京駅自体が東京の真ん中にあることと途中に横浜や品川があることから基本的には神奈川から東京駅までの間は、家賃相場が高い駅ばかりになります。

私鉄は京急線がギリギリ条件内

JR以外の私鉄は京急線が40分以内と家賃相場が6万円以内の駅がありました。

京急線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
花月園前6.30万円
--------------
生麦6.00万円
京急新子安5.80万円
--------------
子安6.60万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

この通り、神奈川県から東京駅に行くには少し無理があるかもしれません。
JR線も京急線も横浜には近いため、休日に横浜に行きたいという人にはいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

品川に通勤時間40分程度の家賃相場が安い駅

次に品川に通勤時間40分以内で家賃相場が安い駅を紹介します。

JR線でオススメの駅

神奈川県から品川へ今回の条件にあったJRのオススメの駅はあるのでしょうか。

調べたところ2つの路線が品川駅まで40分以内の6万円の家賃相場でした。

京浜東北線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
石川町7.40万円
------------
山手5.50万円
根岸5.90万円
-------40分超えるかも------
磯子5.30万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。
横須賀線、湘南新宿線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
横浜     8.00万円
--------------------------
保土ヶ谷     5.40万円
--------------------------
東戸塚      6.40万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

どちらの路線も品川駅には一本で行ける路線です。

終電が遅目なので終電を気にするのであれば、京浜東北線でしょうか。

私鉄は京急線が条件内

JR以外の私鉄は京急線が40分以内と家賃相場が6万円以内の駅がありました。

早速見てみましょう!

京急線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
花月園前6.30万円
--------------
生麦6.00万円
京急新子安5.80万円
神奈川7.70万円
横浜8.10万円
戸部6.80万円
日ノ出町7.00万円
黄金町6.60万円
南太田6.10万円
井土ヶ谷5.40万円
弘明寺5.90万円
上大岡5.80万円
屏風浦5.00万円
杉田5.80万円
能見台5.00万円
金沢文庫5.40万円
金沢八景5.60万円
-----40分超えるかも-----
追浜5.20万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

京急線であれば、横浜より後ろの駅が多く条件内の駅となりました。

都内から離れれば離れるほど、湘南に近くなるので夏は海に行きたいとい人は横浜より下の駅で物件を探すをオススメします。

新宿に通勤時間40分程度の家賃相場が安い駅

新宿に通勤時間40分以内で家賃相場が安い駅を紹介します。

JR線でオススメの駅

神奈川県から新宿へ今回の条件にあったJRのオススメの駅はあるのでしょうか。

調べたところ湘南新宿線が新宿まで40分以内の6万円の家賃相場でした。

湘南新宿線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
横浜     8.00万円
--------------------------
保土ヶ谷     5.40万円
--------------------------
東戸塚      6.40万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

ここで注意してほしいのが、東京や品川へ通勤する際に紹介した横須賀線が条件に当てはまっていないとなっていることです。

湘南新宿線と横須賀線は途中から向かう先が変わってくるので、保土ヶ谷の駅で新宿に行くのに横須賀線に乗ってしまうと品川駅で山手線に乗り換える必要があるので、時間がかかってしまいます。

私鉄は小田急小田原線が条件内

JR以外の私鉄は小田急小田原線が新宿まで40分以内と家賃相場が6万円以内の駅がありました。

小田急小田原線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
登戸     6.10万円
-----------------
向ヶ丘遊園  5.90万円
生田     5.10万円
読売ランド前 4.80万円
百合ヶ丘   5.80万円
新百合ヶ丘  6.60万円
柿生     4.90万円
鶴川     5.60万円
-------ここから東京都--------
玉川学園前  4.90万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

神奈川県は東京都の南に位置していますが、神奈川県から新宿に行くためには、真南からよりも西側から行くことによって40分以内の通勤が実現できます。
新宿への通勤にはJR線を使うよりも小田急線を使って通勤したほうが賢いかもしれません。

渋谷に通勤時間40分程度の家賃相場が安い駅

最後に渋谷に通勤時間40分以内で家賃相場が安い駅を紹介します。

JR線でオススメの駅

神奈川県から渋谷へは、今回の条件にあったJRのオススメの駅はあるのでしょうか。

調べたところ新宿と同様に湘南新宿線の保土ヶ谷のみが40分以内の6万円の家賃相場でした。

湘南新宿線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
横浜     8.00万円
--------------------------
保土ヶ谷     5.40万円
--------------------------
東戸塚      6.40万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

渋谷通勤するのに私鉄はいくつか沿線が選べる

JR以外の私鉄は小田急小田原線東急東横線東急田園都市線で渋谷まで40分以内と家賃相場が6万円以内の駅がありました。

小田急小田原線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
登戸     6.10万円
-----------------
向ヶ丘遊園  5.90万円
生田     5.10万円
読売ランド前 4.80万円
百合ヶ丘   5.80万円
---------------
新百合ヶ丘  6.60万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。
東急東横線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
菊名     6.10万円
-----------------
妙蓮寺  5.90万円
白楽     5.60万円
東白楽 5.90万円
---------------
反町  7.10万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。
東急田園都市線のひとり暮らし用の部屋の家賃相場
市が尾6.90万円
-------------------
藤が丘5.70万円
青葉台6.40万円
田奈6.00万円
長津田6.40万円
--------ここから東京---------
つくし野5.40万円
すずかけ台5.10万円
南町田     5.30万円
--------ここまで東京---------
つきみ野  5.00万円
中央林間     5.30万円
※家賃相場は、だいたいの相場です。

渋谷も新宿と同様に南側からよりも神奈川県の西側からのほうが時間をかけずに通勤することができます。

人気の神奈川県は若い人向け

意外にも新宿渋谷に行きやすいので都内通勤で若い人は神奈川県がオススメできそうです。

新宿や渋谷は高齢化社会の今でも若い人たちが多くいます。

通勤で新宿や渋谷の勤めているのであれば、定期を買っている人が多いと思いますので、タダ同然で休日は遊びに行けるのがメリットです。

また、品川の通勤だと横浜が定期圏内になりますので、遊びに交通費をかけたくない人にはオススメできる地域が神奈川県になります。

ただし、住民税などの税金が高い噂があるので少し注意が必要かもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事