給料だけでは不安じゃないですか?収入の分散で余裕が持てますよ

一昔前と違い、今は終身雇用制度が崩れてきており、収入源が1つだけで生活していると選択の自由を狭めてしまいます。

ほとんどの会社が副業禁止のため、給料ボーナスなどの会社から支給されるお金だけが収入という方が多いですね。

給料やボーナスなどの会社から支給されるお金だけが収入の場合、会社を辞めてしまうと収入が無くなってしまうため、会社を辞められないという人も中にはいるのではないでしょうか。

そこで、給料など以外にも自分に入ってくる収入を分散しておくことで選択肢を増やすことができたり、もっと裕福に生活することができるのです。

副業を初めたい太田くん
確かに収入は複数に分けたほうがいいけど、副業は会社で禁止されているんだよね〜。

確かに会社で副業が禁止しているため、収入を分散したくてもできない方がたくさんいると思います。

まず、なぜ副業が禁止されているのでしょうか?



スポンサーリンク

会社で副業が禁止されている理由

本業に影響が出てしまうから

「本業に影響が出てしまうから副業は禁止だ!」というのは、よく言われる理由ですよね。

副業で頑張ってしまうと本業が疎かになり、体調を崩しやすくなってしまったり、副業をしていなければ普通に業務をこなしているはずなのに副業をしていることにより本業に影響がでてしまうということなのです。

パソコンもインターネットも発展していない時代では、工事現場などのアルバイトや手作業で組み立てたりする内職が副業と呼ばれていたこともありました。

そのため、副業は体力を使うような仕事のイメージが強すぎて、会社が副業を解禁できないことが理由の一つでしょう。

本業の会社と競合している会社で働く可能性があるから

これは技術者として働いている人が当てはまるのではないかと思いますが、てっとり早くお金をもらいたい場合、本業と同じ仕事をすることでお金をもらうことができます。

副業も本業と同じような仕事をすることで収入が2倍くらいになるのでしたら、考えちゃいますよね。

しかし、このようなことをされてしまうと本業の会社は納得いきません。

会社の立場からするとノウハウなどが流出してしまう可能性があるからです。

このようにライバル関係の会社で仕事をしてしまうと技術が漏れてしまったりと損害を与えかねない自体になってしまうのです。

昔、このような副業をしている方がいて、実際に裁判沙汰になり本業を解雇されたこともありますし、本業と同じことを自分で会社を設立して行ったとしても同様と捉えられる可能性があるので裁判沙汰になる可能性もあります。

副業で扱う商品によっては社会的に信頼を失う可能性があるから

副業の内容によっては、本業で働いている会社の信用が落ちてしまい、会社が倒産するなんてことも考えられます。

例えば、社員が副業でオレオレ詐欺の受取人夜のお仕事をしていて、取引のある会社にバレるとイメージが悪くなってしまい、会社の信頼を失ってしまうことになるかもしれません。

副業を禁止されている理由を説明しましたが、これでは収入を分散することはできませんよね?

実は、副業禁止と言われている中でも目を瞑ってくれるような副業?もあるので紹介したいと思います。



「副業禁止でもできるかも」な副業

投資による資産運用

為替取引不動産などの投資による資産運用での収入は副業に当たらない会社も多いです。

ただし、デイトレードのように常に画面を見張っていたりしてしまうと本業に影響がでてしまうため、月や年単位の中期長期での資産運用の場合は、目を瞑ってくれる会社も多いようです。

中期長期の運用は大きく儲けることは難しいですが、デイトレードなどの短期の運用よりも安定するためプラスなりやすいなどのメリットがあります。

老後などの将来を考えた運用で考えることで資産を徐々に増やしながら給料をもらうことができるのです。

商品の転売

せどりオークションネット売買も副業として目を瞑ってくれる会社もあります。

というか転売目的なのか、もともと自分のために買っていて使わなくなったからオークションやネットで売っているのか会社側では把握できないからです。

ただし、転売目的で徹夜でお店に並んでいたり転売による収入額によっては会社にバレてしまう(※後述の1年間に20万円以下の収入に抑えた副業を参照)ため、本業に支障が出てしまった場合に注意される可能性もあるため、やりすぎには注意したほうがいいと思います。

1年間に20万円以下の収入に抑えた副業

会社にバレる理由として、1年間に20万円以上の収入あるとバレてしまいます。

何故かと言うと、1年間に20万円以上の収入があると確定申告をする必要があるからです。

ちなみに会社で働いていると12月に年末調整というものがありますが、年末調整はあくまで会社から支給されている給料やボーナスにたいしてのものになるので、それ以外の収入については別途確定申告が必要になるのです。

そのため、自分で確定申告をする必要があるのですが、稼ぎすぎてしまうと住民税の支払額が決まった時に明らかに会社の稼ぎで設定される税金より高くなってしまっている場合に気づかれてしまうことがあります。

そのため、月1.5万円から2万円弱程度で抑えた副業をすることで会社にもバレずにちょっとしたお小遣いを稼ぐことができるのです。

アフィリエイトで副業をする

ブログなどの記事を書くことが好きな人にはオススメできる副業です。

ブログに広告を張って、広告をクリックしてくれたり、自分のブログから商品を購入してくれると報酬としてお金がもらえる仕組みです。

アフィリエイトは、インターネットに接続こととパソコンさえ持っていれば、誰でもできる敷居の低い副業です。

また、少ない資金で初めることもできることがたくさんの人が手をつけている副業の理由になります。

しかし、アフィリエイトを副業として初めるのはいいものの副業でお金を稼げるようになるまでに1年や2年かかってしまうため、途中で諦めてしまう人も多く、アフィリエイトに参入してきてはすぐに脱落してしまっているのが現状です。

しかし、アフィリエイトで一度収入の流れを作ってしまうと何もしなくてもアフィリエイト収入が入ってくることもあるので、収入の流れを作るところまでが辛いのがアフィリエイトの特徴ですね。

youtuberになる

今、世間を騒がせているyoutuberもアフィリエイトの動画版みたいなイメージで、広告収入で稼ぐことができます。

自分がカメラに映って検証動画を作ってみたり動画編集が得意だったりする人は向いていると思いますが、顔バレ=会社にバレることと同等になりますので気をつける必要があります。

最近は、バーチャルyoutuberのジャンルもあるのでアプリケーションに強い人ならいろいろとできそうですね。

また、カメラやマイクなどアフィリエイトよりも初期に資金はかかってしまうことと再生数などが伸びないと広告収入は無いので、youtuberも収入の流れを作るまでが辛いことも特徴になります。

スマホのアプリケーションを作成する

プログラムが得意ならば、スマホなどのアプリケーションを作成することでお金を稼ぐことができます。

iPhoneやAndroidもアプリケーションのストアを見ると有料のアプリを目にすることがあると思います。

自分がスマホを使っていて、「不便だなぁ」と思うようなことがあったら自分でアプリケーションを作り、販売することで他の人も同様に「不便だなぁ」と思っている人は買ってくれたりするのです。

スポンサーリンク

ちなみに民間の会社の副業は違法ではないんですよね

今まで副業が禁止の理由や会社が目を瞑ってくれたり、会社にバレない副業を書いてきましたが、そもそも民間の会社は副業しても違法ではないんですよね。

副業が禁止されているのは公務員くらいです。

そのため、会社の規則によって副業が禁止されていて、副業をしていただけで解雇されたり、不当な扱いをされることは会社が違法ということになります。

しかし、「副業が禁止されている理由」でも書いている通り、

  • 本業に影響が出てしまう
  • 競合している会社で副業する
  • 副業に寄って会社の信用が落ちてしまう

この3つのうちいづれかが当てはまってしまうと裁判を起こしても負けてしまいます。

これは過去の判例で会社が主張した際に認められているからです。

つまり、この3つに当てはまらないように節度を持った副業をすることで会社以外からも収入を得ることができ、収入を分散できるということになります。

是非、みなさんも収入を分散してお金に余裕を持ち、仕事の選択や生活の選択ができるようになり、人生を謳歌しましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事