日本は労働基準法を守らない会社だからこそ労働者が動け

「ラジオ体操を始業前にします」

「始業前に仕事の準備をしなさい」

「(定時後)仕事が終わってるなら帰ってもいいよ」

「今日夜中にこれを仕上げてくれ」

これ残業ですよね。

日本の文化として残業が普通になっていますけど、労働基準法では最大1週間40時間、1日8時間までしか働かせることができないんですよ。

それ以上の時間を働かせると残業となります。

始業前にラジオ体操していたり、始業前に仕事の準備をすることも残業になります。
残業は、労働基準法に定められている労働時間を超えているので法律違反になります。

しかし、どの会社も残業しているからといって法律違反として訴えられたりしていませんよね?

それはなぜでしょうか?

スポンサーリンク

36協定があるから法律違反にならない

残業が法律違反にならない理由として、従業員に残業をさせるためには、同じ労働基準法の36条にある俗にいう36協定を事業所単位で作成して労働局に提出することで残業させることが可能となるため、残業が法律違反にならないのです。

本当に36協定を一度結んだからといって残業が普通の世の中になっていいの?

36協定は会社の全労働者の過半数を代表する人を選出する必要があります。
※経営者は含めません。

選挙で大統領を決めるような感じで、代表を決めるのですがほとんどの会社でいつのまにか代表が決まっていたり、誰が代表なのか分からなかったりとなぁなぁな状態なことが多いのが現状です。

もっというと中途入社の人や新入社員の人は36協定の管理者が誰か知っている人はほとんどいないと思います。

一度、代表者が経営者と36協定を結んだからといって、その後に入社してくる社員に対して、誰が代表者なのかや新たに投票し直すことをしないで「36協定を結んでいるから残業してもいいんだぞ!」と言い張るのは恥ずかしいことだと思います。

だって、経営者と一番仲のいい労働者が代表だったら他の労働者の意見を聞かずに36協定を結んでしまいますよね?

近頃、経営者は、
「何かあればパワハラになるし、何かあれば訴えられるし、経営者も弱くなったよなぁ」
と嘆いていることを聞きますが、労働者のことを見ていないから訴えられるんですよと言いたいです。

経営者は労働者の立場が強くなったと言いますが、これでも労働者より経営者のほうが月とスッポンの違いくらい強いですからね。

さらには残業代を払わない青天井の残業時間


残業させられるだけでも自分が代表者の投票に参加して納得した上で残業していないことが多いのに、勝手に定められた36協定で残業して残業代がでない企業が日本にはあるそうです。

経営者失格どころか法律を破っているから逮捕ものですよこれ。

また、36協定を結んでいても残業時間には上限があります。
フルタイムだと1日3時間までを5日間ですね。
ちなみにこの残業時間の上限ですが、1週間目と2週間目、そのあとのキリのいいところで残業時間の上限が変わってきます。

期間 残業時間の上限
1週間 15時間
2週間 27時間
1ヶ月 45時間
2ヶ月 81時間
1年 360時間

残業時間の上限として、単純に1週間15時間が×2週で2週間で30時間というように増えてくわけではないのが36協定を結んでいる状態の残業時間の上限です。

この残業時間をさらに増やすことができる「特別条項付き36協定」という労働者を潰したいのかと思うような特例があり、繁忙期や大きなミスによる緊急的な仕事が特例に当てはまり、残業の上限を設定しようとすれば残業1000時間をつけることも可能なんだそうです。

世間では上記のように残業代を払っていなかったり、残業時間を青天井にするなどの企業をブラック企業と呼んでいますが、ブラック企業が日本のどこにあるかを地図に可視化したそうです。

ちなみにこの方は、厚生労働省が出している資料から労働基準違反している企業が日本のどこにあるかを可視化したそうです。

ドクロマークの部分がブラック企業がある拠点なのですが、日本中にドクロマークがあることが分かります。

労働基準違反している企業も氷山の一角と言われていますから実際はブラック企業が可視化された日本地図以上にドクロマークが埋まるものだと思います。

スポンサーリンク

仕事優先の時代はもう古い!労働者だからといって舐められないようにするべき!

戦後の昭和は、若い人たちが納得のいかないような政治だったら過激なデモを行ったり、企業で納得のいかない働かせ方をされたらストライキが平気で起きていました。

外国ではフランスで過激な政治的なデモが行われていたことは2018年では大きくニュースで報道されました。

また、ハンガリーでは年400時間の残業を国が認めようとしたところ奴隷だと民衆が怒って過激なデモが起こりました。

今の日本では過激なデモは起こりづらいと思いますが、会社を辞めて転職することもできますし、起業して自分でお金を稼ぐやり方もあると思います。

残業しなければ、仕事が回らないというのは経営者の運営の仕方が下手くそだったり、才能が無いだけなのでそんな経営者にいつまでもくっついて仕事をする義理はありません。

あなたの大切な限られた人生の時間です。

今一度、自分の時間の使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事