副業するならこれ!7種類の副業を教えましょう!

突然ですが、あなたは毎月もらっている給料やボーナスで満足していますか?

少し前であれば、我慢して会社で働いていると勤続年数で給料があがっていく年功序列のシステムが崩れてしまったため年齢が高かろうが安い給料しかもらうことができなくなりました。

また、最近は年収アップのために、転職しても現状とあまり変わらないことのほうが多いのではないでしょうか。

そこで転職ではなく、副業で稼ぐことをオススメします。

副業って会社から禁止されていたり、本業を疎かにしていそうであまりいいイメージが沸かないかと思いますが、節度を守っていれば本業に影響が無くお金を稼ぐことができるのです。

特に派遣社員の方やアルバイトの方は副業禁止ではないところが多いので、副業をすることで低所得者から解放されるかもしれません。



スポンサーリンク

副業は本業と同じかそれ以上真剣に取り組みましょう!

副業と言われると片手間でお金を稼ぐことができるようなイメージがありますが、基本的には簡単に稼げるものではありません。

そのため、副業をするなら本業と同じくらい真剣に取り組まなければならないのです。

副業も本業と同じくらい真剣に取り組めと言われると

「そこまでしてお金を稼ぎたくない」

と思ってしまう方も多いかもしれませんが、本業の稼ぎだけで毎月の生活費がカツカツよりはマシになっていったり、本業よりも副業のほうが多く稼げるようになるかもしれません。

そう思うと、副業で稼げるようになるまでの期間を我慢してでも真剣に取り組んたほうがメリットが大きいのです。

また、副業でも稼げるようになると収入も分散されるので、本業がダメになっても副業で生活していくことができることも大きなメリットですね。

一般的にインターネットなどで調べると副業と呼ばれるお金を稼ぐ方法は100種類以上あると言われています。

その中でもオススメできる副業と各々のメリットデメリットを紹介したいと思います。

どんな副業がオススメで各々のメリットデメリットは?

アフィリエイト、youtuber

アフィリエイトはブログやサイトなどに貼られている広告をクリックしたり、広告経由で商品を購入するとサイトの運営者に報酬をもらえるシステムです。

youtuberもアフィリエイトと同様に動画閲覧時に流れる広告を見られたりすると報酬をもらえたりするシステムです。

どちらも共通していることは報酬が広告収入ということになります。

アフィリエイトとyoutuberのメリットデメリットはどのようなものなのでしょうか。

メリット
  • 収入の流れを作ると、何もしなくても広告収入を得ることができる
  • ブログや動画が話題になると大きく広告収入を得ることができる
デメリット
  • 広告収入が発生するまで時間がかかる
  • 毎回投稿するネタを考えないと作ることができない

アフィリエイトもyoutuberも稼いでいる人は、うん千万円と稼いでいる人もいます。

しかし、その人達も初めは稼げなかったので、根気強く毎日何かしらアクションしないと稼ぐことができず、一度収入の流れを作ると大きく稼ぐことができるのが特徴です。

クラウドソーシング

アンケートの簡単なお仕事からブログの記事を書くライティング、企業のネットワーク構築作業プログラム開発などまで幅広いジャンルの案件を受注して、納品後に報酬を受け取ることができます。

いくつかクラウドソージングを運営しているサイトがあり、サイトによって契約を結んでから案件に取り掛かるやり方いろんなアイディアやデザインを募集して採用されたら報酬が発生するやり方などもあります。

クラウドソージングのメリットデメリットはどのようなものなのでしょうか。

メリット
  • アンケートや体験談のなどの誰でも報酬がもらえる案件がある
  • 単発の案件から継続的な案件まで仕事を選ぶことができるため、自分のライフスタイルにあったやり方ができる
デメリット
  • 一つ一つの案件の報酬が低い傾向がある
  • 報酬が低いくせに案件の難易度が高かったり、時間のかかる案件だったりする
  • 案件の納品に納得がいかずに無理難題を言ってくる依頼者もいる

クラウドソージングはお手軽にできることが魅力的ですが、案件の難易度の割に報酬が少なかったり、時間がかかってしまうなどクラウドソージングだけで副業をやっていこうとすると割にあわないかもしれません。

クラウドソージングではたくさんの案件があるので、あまり時間のかからないようなアンケートや少ない文字数のライティングなどを選び時給単価の高い案件を選ぶことをオススメします。



せどりなどのネットを使った転売

中古本などのせどりやネットで安く売られている商品を購入して、ネットショップなどを使った転売をすることでもお金を稼ぐことができます。

転売と言うと福袋を大量購入する団体がしている行為やコンサートのチケットを高額で販売しているような行為が目立っていていいイメージが無いように思えますが、大手商社も海外から仕入れて国内で売るだったり、国内の企業から購入して個人に売ったりと基本的には転売をしています。

そのため、自社で開発して製品を製造して売っているなるわけではなく、他社で製造した製品を売っている時点で転売ということと変わりはありません。

スーパーマーケットやドラックストアー、コンビニなども転売といえば転売なのです。

転売について悪いことではないことを伝えた上で、ネットを使った転売のメリットデメリットはどのようなものなのでしょうか。

メリット
  • 物理的に売買するため、売買の流れが分かりやすい
  • 家で使っていないものも売ることができる
  • 安く買って高く売るの基本的な商売するための意識が芽生える
デメリット
  • 売買が成立してから包装して送るのが手間
  • 配送料がかかってしまうと配送料分損してしまう
  • 安い商品を探すまでが面倒

ネットを使った転売は、安く買って高く売ることができないと意味がありませんので、いかに安く仕入れられるサイトを見つけて、高く売ることができるかを考える必要があります。

ちなみにネットを使った転売については、自分の家で使っていないものを売ることができたり、自分では価値が無いのではないかと思うような意外なものも売れたりするので、あなどれなかったりもします。



ポイントサイト

ポイントサイトはアンケートに答えたり、サイトを経由して商品の購入や商品が出回る前に試供品のモニターをすることで、ポイントがもらえます。

そのポイントは他のポイントに交換したり、お金に変えることもできます。

ポイントサイトも多数あり、ポイントはいろんな形でもらうことができます。

ポイントサイトのメリットデメリットはどのようなものなのでしょうか。

メリット
  • 誰でも簡単に始められ、アンケートやポイントサイトを経由した商品購入でポイントを貯めることができる
  • 化粧品などの試供品をモニターとして参加することで節約できるかも
デメリット
  • 誰でもできるので、もらえるポイントが少なくアンケートなど数をこなしてたくさんのポイントをもらう必要がある
  • ポイントのレートが分かりづらく、他のポイントに交換した際や換金時にどのくらいのお金になるか分からないこともある

登録することで誰でも簡単に初めることが特徴ですが、ポイントをタダで貯めようとすると数をこなす必要があるため、大きくポイントをもらうためには商品を購入したり、友達を紹介する必要があります。

また、ポイントサイトによってポイントをもらえる条件や特徴があるため、複数のポイントサイトを試してみて自分にあったポイントサイトを使うことをオススメします。



金融商品や不動産の投資

投資信託で投資し、配当優待券をもらったり、買ったときよりも価値が高くなっていると売ったときに利益になります。

また、FXや信用取引などのレバレッジを聞かせることのできる投資もあり、少ない金額で大きく儲けることもできるのが特徴です。

土地やマンションなどの不動産も高額ですが、貸したりすることで継続的に家賃などの収入を手に入れることができます。

金融商品や不動産のメリットデメリットはどのようなものなのでしょうか。

メリット
  • 買った(または売った)銘柄が著しく値段が上がった(下がった)場合は、大きく利益を得ることができる
  • 持っている資産によっては、配当や家賃収入などの継続的な収入が発生する(株や投資信託、不動産)
  • 少ない投資で大きく儲けることも可能(信用取引やFX)
デメリット
  • レバレッジがある金融商品の場合、赤字や借金まみれになってしまう可能性がある(信用取引やFX)
  • レバレッジ無い金融商品でも元本割れを起こすこともある(株や投資信託)
  • 購入するのに高額なため手をお金が無いと手をつけることができない(株、不動産)

金融商品や不動産などの投資は、資金が多ければ多いほど有利になります。

少ない資金ではあまり利益にならないため、まずは資金を貯めるところからスタートする必要があります。

少ない資金で開始する場合は、レバレッジを使うことで利益を得ることができますが一つ間違ってしまうと借金まみれになってしまうこともあるため、最悪失ってもいい位のお金からスタートすることをオススメします。



アルバイト

そのままの通りアルバイトです。お店で働いたりして時給換算で収入を得ます。

インターネットが発達していなかった時代の副業といえば、アルバイトなど時間を使った仕事が主流だったため、副業=アルバイトというイメージもあるのではないでしょうか。

アルバイトのメリットデメリットはどのようなものなのでしょうか。

メリット
  • 時給のため、どのくらいのお金をもらうことができるかを把握できる
  • アルバイトは全国でいろいろな職種で募集しているため、仕事を見つけやすい
デメリット
  • 時給のため、自分の時間を仕事のために差し出さなければならない
  • アルバイトの仕事によっては、ハードな仕事のため本業に支障が出る可能性がある

アルバイトは時間を使って仕事をして、お金をもらうことができるのでどれだけ時間を差し出すかによって収入が変わってきます。

そのため、フルタイムで働いている人よりもパートタイムで働いている人にオススメできる副業になります。

しかし、働きすぎは本業に支障が出てしまうため、支障が出ないように働きましょう。

Workin.jp(ワーキン)

知り合いのお仕事を手伝いお金を得る方法もある

上記以外にも100種類以上の副業がありますが、それ以外にも知り合いの仕事を手伝って収入を得る方法もあります。

知り合いが経営者や個人事業をしていて、その事業の手伝いをする方法もあるのです。

今の時代は知り合いが少ないという人も多いので、人脈が広い人限定かもしれませんが、知り合いだとある程度融通が聞いたりするので、副業がもっとやりやすくなりますね。

スポンサーリンク

年20万円以上の収入は確定申告を忘れずに


「本業で税金を払っているではないか!」と思ってしまいますが、本業で払っている税金は本業で稼いた分に対しても税金になります。

副業で働いた分の税金も支払う必要があります。

その目安が年に20万円以上副業で稼いた場合に確定申告が必要となります。

そのため、副業で稼いた分を全て使ってしまうと税金を支払うことができなくなるので、気をつけましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事