通勤時間は人生で最も無駄な時間?それとも無駄じゃない?

「人はいつか死にます。」

これは当たり前のことですが、実感は無いですか?

いつか死ぬということは、時間に限りがあるということです。

人生の1/3は睡眠と言われていますし、1/3は仕事とも言われています。

では残りの1/3は何かと言われると、ご飯を食べたり遊んだりできる唯一の自由な時間と言ってもいいでしょう。

この自由に使える1/3の時間を通勤時間に割いていることは時間の無駄だと私は思います。

今回の記事は、通勤時間について書いていきたいと思います。

typeの人材紹介

スポンサーリンク

通勤時間は人生で最も無駄な時間?

通勤に時間を使っていると自由に使える時間が減ってしまいます。

「いやいや、休日があるんだからそれくらいいいじゃないか」

と思う人もいるかもしれませんが、休日だけではなく平日も自由な時間が増えるともっと有意義に生活することができるのではないでしょうか?

例えば、1日1時間自由な時間を増やすだけでも運動して健康な体を作ることもできますし、趣味の時間としてあててもいいのではないでしょうか。

もし、1日1時間余裕を持てたら、週で5時間は自由な時間として使うことができるのです。

また、通勤に時間が無駄というもう一つの理由として、半分会社の拘束時間になってしまっているからです。

しかも通勤時間は、やることが無くスマホをイジっている人が多いのではないでしょうか?

人によっては通勤時間で勉強すればいいだとかニュースを見て政治や経済を知れとかいう人がいますが、満員電車でそれどころではないですよね。

というか、勉強するにしてもニュースを見るにしても家やカフェでするほうが効率が良かったりします。

そして何度もいいますが、人の生きる時間は有限です。

通勤時間はお金を生み出すわけでもなく、ストレスを発散させるわけでもない、通勤時間は何も生み出すことのない無駄な時間ということなのです。

無駄な通勤時間を短くする方法は?

「通勤時間は無駄だぁぁぁぁ!」

と力説するのはいいけど

「じゃあ、その通勤時間を短くする方法はあるの?」

という疑問が生まれてきます。

通勤時間を短くするためには、

  • 会社の近くの部屋を借りる
  • 借りている部屋の近くの会社で働く
  • 会社員ではなく、自営業で働く

の3つが思いつく通勤時間を短くする方法です。

主には上の2つが多くの人に当てはまる方法ではないでしょうか。

「会社の近くの部屋を借りる方法」も「借りている部屋の近くの会社で働く方法」も会社の近くで働くことには変わりません。

ここで会社の近くで働いた場合の詳しいメリットとデメリットを考えてみましょう。

▼会社近くのいい物件を探そう▼

スポンサーリンク

会社の近くで働いた場合のメリットとデメリット

メリット

睡眠時間を延ばすことができる

自由な時間が減ると書いてきましたが、日本の企業は定時で帰るということが少ないのが現実です。

残業時間によっては、自由な時間を減らすだけでは足りず、睡眠時間も減らしている可能性があるのです。

睡眠時間を減らしてしまうと、仕事の効率が落ちるだけではなく病気になりやすくもなり、不健康な体になってしまいます。

もし、会社に近いところに住んでいたら朝ゆっくり起きることができますね。

自由な時間が増える

既に書いてあることですが、自由な時間が増えます。

自由な時間が増えるということは、運動する時間や趣味の時間、買い物する時間ができます。

また、自由な時間が増えることによって好きなことをしてストレスを発散することができたり、仕事で緊張する時間が無くなるためストレスを溜めにくくすることができるのです。

満員電車に乗る時間が短い

都内や大阪などの交通網が栄えている地域限定になりますが、通勤時間が短くなるということは電車に乗っている時間も短くなります。

満員電車に乗る時間が短くなると朝から疲れないで通勤することができますし、帰宅ラッシュも仕事で疲れた後にまた押しつぶされるような満員電車に乗る時間も短くなるので疲れやストレスが溜まりづらくなります。

デメリット

会社が栄えている地域にある場合は、家賃などの居住費が高くなる

都内や大阪などの都市圏に通勤している人は、近郊や隣県に住むより家賃は上がってしまいます。

お金を貯金したいとか好きなことに使いたいと思っている人にはもしかしたら大きなデメリットになってしまうかもしれません。

定期券の範囲が短くなる

電車やバスで通勤している場合、定期券の範囲が短くなってしまうため休日に出かけようとするともしかしたら交通費がかかってしまうかもしれません。

とはいえ会社の近くに住んだほうが体力・精神衛生的にいい

メリットは時間やストレスに関わることデメリットはお金に関わることでした

もしかしたら、「会社の近くに住んでしまうと何かあった時に呼び出されるといったこともデメリットとしてあるのでは?」と考える人もいるかも知れませんが、それは会社が甘えすぎですし、あなたの時間を無駄に使われているので転職を考えることをオススメします。

会社の近くというとどのくらい近くに住むべきかと疑問に思いますが、だいたい自分の家のドアを開けてから会社の中に入るまでが30分くらいを目安に住むことで、だいぶ体力的や精神的に改善されるでしょう。

通勤時間を減らすだけで、自由な時間が作れるだけではなく健康的でストレスが溜まりにくい人間らしい生活ができるので、是非実践してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに私はドアツードア○○分?

 

記事を書いている私は、東京の田町が会社ですがドアツードア40分程度です。

 

西馬込が最寄り駅ですが、送れていない限り座ることができて、電車に乗っている時間は15分程度です。

 

家の周りにコンビニやスーパーが無いことが残念ですが、通勤はとても楽になりました。

 

ちなみに引っ越す前は、西船橋から東西線で通っていましたが、激混みのため電車を2つか3つ待って乗っていました。

 

帰りも激混みなので疲れが半端ないですが、引っ越してからは時間にも余裕を持てるようになったので通勤時間を減らすことがストレスを溜めない方法の一つだと思っています。

 

西船橋から西馬込に引っ越したこと(会社の近くに引っ越したこと)で変わったこと。

始業時間の40分前に家を出られるようになった。

  • 朝ごはんが食べられる。
  • お弁当を作れる。
  • 朝に筋トレすることができる。
  • 朝ゆっくりすることができる。
  • 8時に放送するモーニングショーの冒頭が見れる。

 

私の場合、5時か6時に起きてしまうので結構いろんな事をしていますが、人によっては魅力を感じないかもしれません。

しかし、起きてから家を出るまで30分だという人なら7時半に起きても間に合ってしまうのです。

お金を稼ぐことはアイディアさえあれば、可能ですが生きている時間は制限があります。

生きている時間も事故や病気があれば、平均寿命より早く死んでしまいます。

アナタは、命よりお金が大事ですか?

一度考えてみてはいかがでしょうか?

▼通勤時間があまりにも長い人は下記のリンクを参考にして引っ越しましょう▼

▼家に近い会社を探すことも一つです!下記リンクで転職を考えてみてはいかがでしょう▼

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事