仕事を辞める前に相談してもいいんじゃない?

いつも仕事辞めるって言ってる田中さん
もう!この仕事嫌だ!
いつか仕事辞めてやる!

田中さんのように「仕事を辞めてやる!」といつもいいながら会社を辞めずに続けている人もいれば、仕事を辞めるそぶりが無く、いつの間にか退職日が決まっていたり、会社から居なかったりすることがあります。

会社を退職した時に「退職した翌日から次の会社に入社するように転職先が決まっている場合」「次の会社が決まっていない場合」に分かれると思います。

このうち、「次の会社が決まっていない場合」でも会社を辞めようと思っているといろいろと考える必要があります。

これは、収入面ももちろんのことながらあなたの人生に影響してくるからになります。

それでは、どのようなことを考えなければならないのでしょうか。



スポンサーリンク

「会社を辞める!」でもその前に

退職後の経済面について考えましょう

次の会社が決まっていないけど、会社を辞める決断を下した時に考えることとして一番初めに考えなければならないことが経済面についてになります。

会社からの給料やボーナスだけだった場合、退職後は収入(給料)がありません。

1年以上雇用保険に加入している会社で働いていると自己都合退職の場合は、約3ヶ月後から失業手当を3ヶ月から半年程度もらうことができますが、失業手当をもらうまでの間や失業手当が終わった後の収入も考えなければなりません。

また、収入が無いということは家賃や光熱費などの生活にかかるお金もどのように支払っていくかも考えなければなりません。

会社を退職した後に転職活動をしようとしている人も起業を考えている人も収入が入るまでに時間がかかる場合があるため、収入が入るまでのお金をどうするのかを考える必要があります。

  • 実家に帰って地元で転職または起業する
  • 家賃の安いところに引っ越す
  • 恋人の紐でしばらく生活する
  • シェアハウスで家賃を抑えながらしばらく生活する
  • 娯楽などの支出を抑える
  • 「次の会社が決まるまで」「起業が軌道に乗るまで」はアルバイトをするのか派遣をするのか日雇いをするのか

ざっくりと思いつくだけでも支出に関してや収入に関しての選択肢はいくつかありますので、自分にあった選択をする必要があります。

転職サイトはdoda

自分の将来について考えましょう

経済面はどちらかというと直近のことを考えることを重点に置いていますが、自分の将来については中期から長期のことを考える部分になります。

会社を退職した後、「少し休養を取ってから転職活動するのか」「辞めてすぐ転職活動するのか」転職するなら「同じ業界に転職するのか」「違う業界に転職するのか」、それとも「起業などで自分で稼いでいくのか」など選択肢は多岐に渡ります。

どうして会社を辞める考えになったかにもよりますが、「同じ業界で次の会社でも同じようなことで辞めないように将来を考えるのか」「起業や違う業界にチャレンジするのか」というようにとザックリとしたことでもいいので、今後の自分の考えておくようにすることで転職活動などスムーズに次に繋ぐことができます。

会社に退職することを伝えるタイミングや退職予定日を考えましょう

最短の退職日は「決めた日に会社に伝えた2週間後」に退職することが可能です。

そのため、即日に伝えて、2週間後に退職することも可能です。

しかし、なるべく会社を円満に辞めたいという方は、

  • 退職することを伝えるタイミング
  • 退職日

を考えておくようにしましょう。

例えば、ボーナスを貰ってから辞めたいといった場合は、ボーナスの支給日より2週間ほど前に伝えてしまうと貰える金額が下がってしまうし、ボーナス支給日の直前だと「ボーナスを貰ってから辞めようとしているのでは?」と思われてしまいます。

また、年度が明けた直後に辞めることを伝えると「有給休暇を多く取得しようとしているのでは?」と思われてしまうこともあります。

そのため、会社を退職することを伝えるタイミングを考える必要があります。

退職日についても似ている部分がありますが、さらに考えるのであればあなたの持っている業務が依存しているようなものだとしたら長めに引き継ぎの期間を持つと会社も納得してくれるでしょう。

また、キリよく辞めたいのであれば、年末や年度末、四半期や会社の期末、月末などの締め日というようなタイミングで辞めるようにするとキリよく辞めることができます。

ただし、「どうしても早く辞めたい」という場合は、円満退社を犠牲にしてでも早く辞めるようにしましょう。

そもそも今の会社を辞めるべき?も考えてもいいかも


これまでは辞めるためにと辞めた後の話をしてきましたが、そもそもあなたは今の会社を辞めるべきなのでしょうか?

「おいおい、ふざけるなヨ」と思ってしまうかもしれませんが、あなたが辞めたいと思っている理由によって、今の会社内で解決出来る可能性があります。
転職サイトはdoda

人間関係で辞めたい

人間関係が原因で会社を辞めたい場合、部署の異動によって嫌な上司などと仕事をすることが無くなることで会社を辞めたいという気持ちが無くなることもあります。

嫌な上司が直属だと相談しづらいかも知れませんが、上司に相談して部署の異動を申し入れましょう。

異動するために理由として、「違う業務をしてみたい」や「勤務時間や仕事が合わない」という理由もありですが、相談しなければならない人が嫌な上司が直属だった場合、思い切って「あなたと仕事をしたくないから異動したい」と言ってもいいかもしれません。

それで異動ができたらいいでしょうし、これで異動できなかったら退職という考えでもいいですね。

給料が少ないので辞めたい

人より多く仕事をしていたり、多く業務を抱えていたりしているのに他の人と給料があまり変わらない。

また、実績を他の人よりも出しているのに実績を出していない人より少ない。

給料が低かったり、他の人より働いたり実績を出しているのに他の人と同じくらいしかもらえていないといった場合も上司に相談してみたり、昇給時に交渉をしてみることも一つです。

もし、給料について相談や交渉をしても変わらない、または交渉したことによって働く環境が悪くなってしまったらその会社で働く必要が無いことが判断できるでしょう。

仕事内容や労働時間が辞めたい理由

仕事内容や労働時間も辞めたい理由として多い理由です。

この場合も人間関係のときと同じく、部署の異動を相談することで解決する可能性があります。

異動ができて仕事内容や労働時間が解決したらいいでしょうし、これで異動できなかったら退職という考えでもいいですね。

そもそも会社全体で仕事内容がひどかったり、残業時間が多い体質だった場合は、退職でもいいかもしれません。

スポンサーリンク

逆にあまり考えなくてもいいこと

逆に会社のことはあまり考えなくても良かったりします。

これは、「自分がいなければ仕事がまわらないのでは?」や「自分がいなくなってしまうことで、お客さんが困ってしまうのでは?」と思ってしまい、人間関係などの不満があっても会社を辞められないということになります。

しかし、あなたが今まで同じ部署の同僚や先輩、後輩が会社を辞めているところを見てきている人が多いと思いますが、全く回らないということはありましたか?

誰かに多少の負担はあると思いますが、回っていないということはないハズです。

もし、回っていないのであればそれはあなたが考えることではなく、経営者が考えることです。

また、お客さんは会社についているお客さんです。
例えば、アポイントをとっていても当日あなたがお休みした時は、違う部署内の人が行ったりするハズです。

つまり会社からサービスの提供さえ受けられれば、お客さんとしては問題ないのです。

そのため、人間関係などに不満はあって辞めたいけど、同じ部署のことやお客さんのことを考えると辞められないということだけは避けるようにしましょう。



スポンサーリンク
おすすめの記事