「正社員登用制度有り」や「正社員登用前提」は期待するな!

求人票の条件で「正社員登用制度有り」「正社員登用前提」と書いてあることがあります。

この条件は派遣社員やアルバイトなどの求人の条件として書かれていることがあります。

やりたい仕事で正社員の募集をしていなかったり、正社員に応募してもことごとく不採用だったりすると派遣社員やアルバイトで入社してから正社員になれるかもしれませんよになるのですが、実際のところどうなのでしょうか?

今回は、「正社員登用制度有り」「正社員登用前提」について書きます。

まず、そもそも「正社員登用制度有り」「正社員登用前提」ってどういう制度なのでしょうか?

マイナビエージェント

スポンサーリンク

「正社員登用制度有り」と「正社員登用前提」はあなたの努力次第で正社員になれますということ

どちらの制度も「あなたの努力次第で正社員になることができますよ。」という事なので深く考える必要はないかもしれません。

しかし、この制度は基準が会社ごとで違っているため、会社によっては試験を受けて合格しなければ正社員として雇用してくれず、ずっと派遣社員やアルバイトなんてこともあるので注意する必要があります。

また、必ず正社員になるということも無く、あなたが正社員として働きたくなかったら断ることも可能です。

もちろんのことながら正社員になるための試験が無い会社もあり、話が来た時に正社員になる意向だけ示せば正社員になることができる会社もあります。

この辺は、派遣社員やアルバイトなどで入社する前に聞いてみることをオススメします。

ただし問題があり、「正社員として働くか?」という話が来ない場合ももちろんあります。

「正社員として働くか?」と来ない人の特徴を上げてみたいと思います。

マイナビジョブ20's

正社員の話が来ない人の特徴

他の派遣社員と比べて能力が落ちる

「正社員登用制度有り」「正社員登用前提」のどちらの条件で入社したとして、他の派遣社員やアルバイトより仕事の能力が低いと正社員の話がこない可能性があります。

それどころか派遣社員の場合は、契約を切られてしまう可能性もあります。

また、より正社員の話が来るようになるためには他の人との違いを作ることが必要です。

会社によって本当に正社員として採用する予定で採っているところもあれば、良かったら正社員にするという会社もあるのが現実です。

そのため、一概には言えませんが少しでも仕事ができることをアピールすることで正社員として採用される可能性が高くなるのです。

勤務態度が悪い

勤務態度が悪いのは、もってのほかです。

派遣社員やアルバイトなど正社員以外の雇用形態で働いている時点で遅刻や早退、休みが多いといい評価をもらうことができません。

元々持病持ちでという理由が分かって会社が採っているのであれば、問題ないですが健康な状態で仕事に支障がでてしまうのは良くないです。

これは、どんなに能力が高かろうが関係なく、評価は下がります。

もし、勤務態度が悪いと自己分析が出来ているのであれば、改善するように努めましょう。

マイナビエージェント

スポンサーリンク

どんなに評価が良くても正社員になれない可能性はある

正社員になれないと思ったら

無期契約社員などの契約期間の無い社員として働く

無期契約社員などの契約期間の無い雇用形態と正社員の違いとして、主にはボーナスの有無になります。

例えば、契約社員は契約の更新次第では無期契約社員として、働くことができます。

そのため、契約ごとに更新してくれるかの恐怖が無くなり、正社員ほどではないですが安定して収入を得ることができます。

もし、安定を求めているのであれば、正社員になれなくとも無期契約社員を目指してもいいかもしれません。

正社員への交渉をしてみよう

会社から正社員の話が来ないのであれば、自分から動いてみるのも一つです。

交渉でアピールすることで、会社から正社員になることが出来るかもしれません。

ワークポート

正社員になれないと思ったら転職を考えてもいい

「正社員を目指していて頑張っていたのに正社員になれる感じがしない」

「似たような条件で派遣社員で入ってきた人がいるのに誰も正社員になっていない」

というような理由で、正社員になれないだろうと思った時点で見切りをつけるのも一つの方法です。

見切りをつけるとなると、次の会社に転職することになりますが転職する時は、ハローワークで探すよりも転職エージェント転職サイトを使って転職することをオススメします。

これは、ハローワークで求人を出している会社の質が低い会社が多いからです。
(もちろん、中にはいい会社もありますので勘違いしないでください)

転職エージェントや転職サイトで求人を出している会社は、お金を払って求人しているため、お金のまわりが悪い会社が少ないことが一つの理由となります。

お金まわりが悪い会社が少ないということは給料の未払いや残業代の未払いなどブラック企業に遭遇する可能性が低くなるのです。

また、転職エージェントや転職サイトの運営会社が訪問していることもあったりとどんな会社かと雰囲気を知ることもできます。

さらにハローワークと違う点として転職活動を支援してくれるため、履歴書や職務経歴書の効果的な書き方や面接の対策も無料でしてくれるなど有利に転職活動を行えることができるのも魅力的なところになります。

転職活動は長引くと尾を引いてしまうことが特徴的ですので、短期間に効率よく転職活動を行うようにしましょう。

JAC Recruitment

スポンサーリンク
おすすめの記事