転職活動を3ヶ月以上かけると転職しづらくなってしまう

前職を辞めてからしばらく休みたいと思って無職のまま過ごしていたり、転職活動はしているけどいい会社が見つからなかったり、応募してもなかなか内定をもらえなかったり・・・。

早く次の会社を決めたいのに内定をもらえず、転職活動の期間が長くなってしまっていたということがあります。

転職活動は長引くとなかなか決まらなくなってしまうということも聞こえますが、そもそもとして転職するまでのブランクは実際いつまでが許容範囲か気になりませんか?

CodeCamp

スポンサーリンク

平均的な転職活動は3ヶ月から6ヶ月である

平均的な転職活動は3ヶ月から6ヶ月といいます。

ただし、この転職活動の期間は会社を辞める前に転職活動をしている人も含めるので、会社を辞めた後に転職活動をしている人のみではありません。

会社を辞める前から転職活動をしている人は、会社に勤めながらの転職活動になってしまうのでどうしても期間が長くなってしまうのです。

逆に会社を辞めた後に転職活動をする人は、仕事をしているわけではないので極端な話、1日中予定が空いていることになります。

そのため、長い期間会社に属していないと

「この人会社辞めてから今まで何してたんだろう?」

「転職活動してたけど、どこも使えなさそうだったから落ちてるのかな?」

と面接官に思われてしまいます。

この長い期間ですが、具体的にどのくらい会社に属していないと会社からいい印象を受けないのでしょうか?

CodeCampGATE

前職を離れて半年を過ぎると結構ヤバイ

半年というと失業手当も終わるころなので、半年弱プラ〜っとニートしてから次の会社を決めたいという人もそこそこ多いのではないでしょうか。

しかし面接する会社は、半年くらいの無職になっていると「この期間何してたのか?」とも思いつつ、仕事に対するブランクも気にしてきます。

特にブランクに関しては、夏休みやGW、年末年始で一週間程度休んだりすると休み明けは腕がなまっていたり、仕事をするモチベーションがいまいち上がっていないことってありませんか?

同じように半年間離れていると面接官は勘が鈍りすぎて仕事についていけるのだろうかと思ってしまうのです。

JAIC(ジェイック)

ただし、「前職を離れてから半年過ぎるとヤバイ」とは言っていますが、同スキルでだいたい同じくらいの年齢ですが、1人は会社を辞めてから1ヶ月、もう一人は会社を辞めてから半年という人が応募してきたら、あなたはどちらの方がいい印象を持てますか?

私は人事部では無いですが、何度か面接をしたことがあります。

この2人が応募してきたらどちらも面接はしますが、会社を辞めてから1ヶ月の人のほうが仕事感が訛っていないという期待が持てますので、面接するにしてもいい印象のアドバンテージを持った状態で面接するでしょう。

スポンサーリンク

会社を辞めてから何もしていないというのはやめよう

会社を辞めてから面接するまでの期間については、面接時に必ず質問されることなので、会社を辞めてから転職活動をするまで何もしていないというのは、やめましょう。

何かしら面接の時のネタにできることをすることをオススメします。

ネタとして何かするのであれば、下記のようなことでしょうね。

離職中に資格の勉強をする

次の職のために資格を取得を目指したり、同じ職でもスキルアップするために難易度の高い資格を取得することはいいことです。

理想としては転職活動を始める前までに資格を取得していれば上出来ですね。

もし、資格が取れていなくても入社後も引き続き勉強して、資格を取得する予定と言うだけでもいい印象を持ってもらえます。

ただし、応募する会社にマッチした資格でなければ、勉強する意味もないので間違ってもあさっての方向のような資格を取得しようとするのはやめましょう。

例えば、食品商社の営業に応募しといて、危険物の資格を取得するというのはミスマッチになります。

もし、司法書士など難易度が高く独立できそうな資格を取得したのであれば、離職している期間に関わらず転職というよりも独立の道も考えることもいいかもしれません。

Workin.jp(ワーキン)

離職中に大学や専門学校を卒業する

資格の勉強と同様に離職してからや大学や専門学校に入り勉強するケースも少ないですがあります。

社会人になってから大学や専門学校に入学することは勉強をし直す必要があることから難しいことです。

また、大学であれば夜間があるので途中から転職活動をしてもいいかと思いますが、全日制だったり専門学校に入学してしまうと年単位で仕事ができなくなるため、卒業後に転職活動を再開するのは現実的ではないかもしれません。

さらに、日本は社会人から大学や専門学校で学び直すこといたいして抵抗感が強く、大学や専門学校を卒業したことによっていい評価をしてくれるような会社は少ないと思ったほうがいいかもしれません。

そのため、大学や専門学校を理由に今まで転職活動をしていなかったというのは、あまりオススメできませんので、別の方法で勉強したほうがいいです。

しかし、転職活動をしないで独立する予定で動いているのであれば、いいかもしれませんね。

離職中に外国に留学する

外国に留学をしていたとなると日本の大学や専門学校とは違い、

「おお!なんかわからないけどスゴイ!」

と思われることがあります。

例えば、語学留学だったとしても英語を重要視する会社も増えてきているので外国で話ができるくらいの能力があると評価は上がります。

まぁ、外国に留学したら外国で働いたほうが労働環境もいいので、日本に帰ってくる必要もないのかもしれませんね。

起業したりフリーランスで働いていた

起業したりフリーランスで働いて、会社員に戻ろうと言う方も中にはいるのではないでしょうか。

フリーランスであれば、同じ職種で働いていると仕事の勘が鈍っていないイメージから転職活動(再就職活動)のハードルが下がりますね。

起業して会社を経営している方が、うまく稼げなかったりで廃業して会社員に戻ろうとする場合、プライドが高いイメージがあって転職活動(再就職活動)のハードルが高いかもしれません。

客先常駐型東京23区内の案件を探すならフォスターフリーランス

また、フリーランスや起業など個人事業主から転職する場合は、見方によって失敗している烙印を押されるため、会社からいい評価を得ない可能性もあることは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

とはいえ、事業をしていた時にお付き合いがあった会社であれば、あなたの能力が既に分かっているので、簡単に採用されるかもしれませんね。

介護や育児などの止む終えない事情での離職

半年を過ぎるとヤバイと書きましたが離職が止む終えない事情だった場合は、話が変わってきます。

止む終えない事情とは、親の介護や子の育児病気による離職になります。

このような事情だと10年近く会社から離れているのであれば、転職も難しいですが事情が事情なので汲み取ってくれる会社は多いです。

転職活動までボーッとしてた!ってことは転職できないの?!

「半年間ずっと遊んでたら絶対内定もらうことできないの?」

ということはありません。

話が矛盾するかもしれませんが、数年間ニートだったとしても内定をもらえる人はもらえます。

マイナビジョブ20's

しかし、転職のしやすさや自分の希望する待遇の会社への転職はどうしても期間が空いてしまうと内定をもらえる可能性が低くなってしまうのです。

一番のオススメは、会社を辞める前に転職活動を始めて、会社を辞めた翌営業日から次の会社というのが収入も途切れることもなく、安定して生活することができます。

もし、会社を辞めてから転職活動に時間がかかってしまっているという人は自分の希望する待遇について妥協して探す必要があるかもしれません。
フォスターフリーランス

スポンサーリンク
おすすめの記事