面接で絶対に落とされるのは誰が見ても残念と思ってしまう人

面接で受かるためにというような記事はネット上でも探したりすると思いますが、逆に面接で落ちる人の特徴って調べたことあります?

面接で受かるためにというもの必要ですが、落ちてしまう人の特徴も知っといて対策することも面接で受かるために必要になってくるのです。

ということで今回は、面接で落ちてしまう可能性が高い人の特徴を書こうと思います。

はたして、どんな人が落とされやすいのでしょうか。

RUN-WAY

スポンサーリンク

誰が見ても「うわぁ」って思うヤツが落とされやすい

身だしなみがひどい

初対面で身だしなみがひどい人は落とされやすいです。

というか、逆にあなたが採用する側だったとしたら、身だしなみがひどい人を採用しようと思いませんよね。

以下のような身だしなみだと面接官の第一印象は悪いので、もし当てはまっているようであれば次の面接から気をつけるようにしましょう。

  • 髪が長く、だらしなくなっている
  • 髪型や髪の色が派手
  • 髪が脂ぎっている
  • 無精髭のまま
  • 化粧が濃い
  • 服装が派手
  • スーツがヨレヨレだったり、破れている、汚れている
  • バッグが派手
  • バッグが汚い
  • 靴が汚い
  • 香水やタバコのニオイなど臭い
  • 口臭がひどい

 

上記に共通することとしては、不潔な印象を持たれてしまったり、職場にふさわしくない格好ということです。

見た目は大事で、一緒に働きたいと思わせることが大切です。

新しいスーツやバッグを買ったほうがいいというわけではありませんが、あまりにもボロボロになってしまっている場合は、新調したほうがいいでしょう。

スーツを買うお金が無いようであれば、オフィスカジュアルに近い格好で望むか服装が自由な会社に応募することでスーツを買うことなく面接に望むことができます。

雰囲気が暗かったり自信がないように見える

想像してみてください。

面接の時にボソボソと話す人って何言っているか分かりませんよね。

また、ずっと下を向いて話す人も自信が無い人なのかなと思われてしまいます。

雰囲気が暗かったり自信がない人を採用すると会社全体が暗くなってしまうかもしれません。

また、一緒に働いた時にまわりに溶け込めず、すぐ辞めてしまうのではないかと思われてしまうこともあります。

人は顔の角度を20度上げると自信があるように見えます。

面接の時だけでも顔を上げて、少し大きく話すことで面接官にはいい印象を持たれますので実践してみましょう。

あまりにも大げさにアピールする

ここでいう大げさというのは、自分の経歴を実際よりも大きく見せていたり、嘘をついたりすることです。

絶対に受かりたいと思う一心、良く見せようとすることは分かりますがあまりにも履歴書や職務経歴書に書いてあることや嘘をつかないようにしましょう。

嘘はバレなければいいかもしれませんが、入社後にできると言ったものができないとなるとすぐクビになったり、入社前に嘘がバレてしまうと内定取り消しになってしまいます。

自分のことをアピールするために良く見せることはいいことですが、実際の経歴よりあまりにもかけ離れて大きく見せたり、嘘をついてしまうと自分の首をしめてしまうので気をつけましょう。

タメ口や言葉づかいが悪い

いないと思いますが、面接の初めに

「オッス!オラ○○」

なんていう人がいたらあっけに取られてしまいますよね。

海外では、敬語というものが無いので言葉を選ぶのは楽ですが、日本では敬語というものがあります。

敬語ではなくタメ口で面接に望んだり、言葉遣いが悪かったりすると印象は悪いです。

完璧な言葉遣いが出来る人もなかなかいませんが、敬語で話したり乱暴な言葉を使わないようにすることはできますよね。

言葉遣いがあまりにも悪い人を会社が採用した場合、来客や取引先の人に同じような言葉遣いで対応してしまい、会社に損失を与えてしまうことを懸念してしまいます。

言葉遣いは、今すぐ見直すようにしましょう。
ハタラクティブ

面接官の質問に対しての回答をしていない

よく言葉のキャッチボールということをいいますが、来た質問にたいしてあさっての回答をしてしまっては良くないです。

あなたが入社して、一緒に仕事をする時に教えても理解してくれなかったりするのではと思われてしまうでしょう。

話している内容を理解していなかったり、聞いていなかったりすると面接官が欲しい内容が分からないまま、回答をしてしまうので質問の回答にならないことが多いです。

人が話している時は、必ず聞くようにしましょう。

また、聞き逃したり理解できなかったりした時は、再度聞くようにしましょう。

再度聞いたとしても恥ずかしいことではありません。

話が長い

これは、話を長くする必要があるのは問題ないのですが、長くする必要のない話を長くしてしまっては面接官は飽きます。

また、この人は要点を言えない人だなと思われてしまうでしょう。

だからといってあまりにも短すぎると情報が足りないですので、要点に軽く肉付けするレベルでお話をしましょう。

明日から簡単に出来るものではないですが、面接の場数を踏んだり、前の面接で長く話してしまったことをイメージトレーニングすることで次の面接で活かすことができます。

面接に遅れてきたり、来なかったりする

面接の日時に連絡せずに遅れてきてしまうことはよくないです。

時間にルーズな人だと思われ、入社しても遅れてくることが多いんだろうなと思われてしまいます。
また、面接の日時に来ないと受ける気が無いと思われて、確実に落ちます。

そのため、面接の時間に遅れてしまう場合は、電話で遅れてしまう理由を伝えましょう。

ただし、寝坊で遅れてしまうなどといったことだと印象は悪いので、面接当日は余裕を持った行動をしましょう。

もし、面接に来られない場合も電話をして、可能であればその時に面接の日時を再調整の提案しましょう。
MeetsAgent

最後に

今回は面接に受かるためにはではなく、面接に落ちる可能性が高い人を書きました。

一部その人の能力に依存してしまうものもありますが、大半は見た目や人間性の問題です。

これから転職をしようとしている方や転職中の方は今一度、面接に望む際に見た目やマナーを確認しなおしましょう。

パソナキャリア

スポンサーリンク
おすすめの記事