フリーランスは未経験でも案件をもらうことができる

フリーランスって熟練した技術を持っている人しかできないようなイメージはありませんか?

カメラマンだとしても芸術的な写真を取っているような人だったり、IT系だったら1人で全てのプログラムが書けるような人だったり・・・。

でも実はフリーランスって未経験でもできるって知ってました?

つまり、フリーランスになるために会社に入って修行しなくてもフリーランスとして働くことができるんです。

とはいえ、未経験からフリーランスになるためには知識をつけるところからスタートするので、難易度は高めかもしれません。

では未経験でフリーランスになるにはどうしたらいいのでしょうか?

客先常駐型東京23区内の案件を探すならフォスターフリーランス

スポンサーリンク

未経験からフリーランスになるためには

フリーランスとして働きたい職種に必要な知識を取り入れる

例えば、ITエンジニアでプログラマーのフリーランスとして働きたい場合、プログラミングの知識がないと始まりません。

全くプログラムの知識がないと仕事をもらえないですし、仮にもらえたとしてもプログラムを組むことができません。

そのため、スクールや本などから自分で勉強して、フリーランスをする職種の専門知識を入れなければなりません。

また、フリーランスになると税金は自分で支払う必要があります。

そのため職種の専門知識も必須ですが、ある程度稼ぐようになったら確定申告などで支払う、税金の対策についても学んだ方がいいでしょう。

知識を学んだら知り合いやクラウドソーシングから依頼をもらう

専門知識をつけたら仕事を受けましょう。

知識だけ取り入れても、実際に仕事を受けて納品しなければ、収入はないですし自分もフリーランスとして成長することができません。

「本当に仕事になるのだろうか」と不安になりますが、はじめの一歩を踏み出す勇気も大事です。

もし、不安でしょうがないという場合、知り合いから仕事を受けてみましょう。

自分が知っている人だと何かあった時に相談ができるのでやりやすいのではないでしょうか。

また、知り合いがいなかったらクラウドソーシングを使って仕事を受けてみることもいいかもしれません。



クラウドソーシングは、個人が募集していたり、小規模の会社が募集していることが多く、大企業のように仕事を受けたら、細かいスケジュールを出す必要があったり、何かあったら追い詰められるということはないでしょう。

知り合いからの仕事やクラウドソーシングにの次はフリーランスのサイトに登録しよう

エンジニア系のフリーランスであれば、専用のサイトから案件をもらうことができます。

クラウドソーシング系のサイトよりも多く案件があったり、金額も高めの案件があったりするので、ある程度自信がついたらフリーランスの案件が多いサイトへも登録して、仕事を受けましょう。

ただし、フリーランスのサイトになると大企業が相手になるケースもあるので、仕事内容や仕事の受ける先、金額などをキチンと確認してから仕事を受けるようにしましょう。

数をこなすと仕事の指名がくる

フリーランスの仕事の数をこなすと、前に仕事を依頼したことがある依頼者から仕事の指名が来ることがあります。

指名が来るということは、あなたが依頼者からフリーランスとして信頼されたということになりますね。

仕事の指名が来る頃になると仕事を複数受け持っている可能性があるので、あなたの仕事のペース配分を作りながらフリーランスで生計を立てていきましょう。

受ける仕事の配分をしないと体調を壊す可能性があるので注意

フリーランスは会社員と違って、複数の仕事を並行的に受けることもできます。

並行的に受ける仕事の数を増やせば増やすほど報酬を貰うことができます。

しかし、受ける仕事の数を増やしてしまうとその分あなたに負担がのしかかるので、体調を崩してしまう可能性があります。



そのため、受ける仕事の配分を気をつける必要があります。

また、あなたの体調を壊してしまうだけではなく、体調を壊したことにより納品ができなくなってしまい、仕事の依頼者に迷惑がかかってしまいます。

会社員は同じ会社の人が代わり仕事をしてくれますが、代わりに仕事してくれたり会社の上司のように仕事量の調整をしてくれないので、あなた自身で調整する必要がある頭に入れておきましょう。


フリーランスするならお金をどうするかを考えて!


今までは、お金のこと関係なく未経験のフリーランスから仕事をもらえるまでのフリーランスになるためのステップを書きましたが、勉強する期間やフリーランスとして稼げない期間のお金をどうするか考えましょう。

例えば、元々会社員だった場合は「フリーランスになる前に会社を辞めるか」「クラウドソーシングなどで副業をして稼げるようになったら会社を辞める」の2つのタイミングがあります。

また、大学生で会社員にならないでフリーランスをやりたいという場合は、フリーランス一本で食べていけるまではアルバイトや派遣をしながらということも可能です。

今や会社員は稼げない時代になってきているので、フリーランスでお金を稼ぎたいという人が増えてきています。

しかし、会社員からフリーランスになるにしても大学生からフリーランスになるにしても初めのうちは仕事を受けてお金を稼ぐことができないので、稼げるようになるまでの間をどうするかは考えておくと

「お金が無くてどうしよう・・・」

ということを防ぐことができますよ。


スポンサーリンク
おすすめの記事