10万円稼ぐことができる6種類の副業

これまでも副業の記事をいろいろと書いてきましたが、今回は10万円稼げる副業を紹介したいと思います。

ただ、絶対10万円稼ぐとこができるというわけではなく、10万円稼ぐためにはあなた次第となる副業も中にはありますので、「実際に10万円稼げないじゃないか!」と言わないでくださいね。

では、早速10万円稼げる副業を紹介しましょう!

クラウディア

スポンサーリンク

10万円稼げる6種類の副業はこれだぁぁぁぁ!

 

FX、株(信用取引)、仮想通貨

「早速これですか・・・。」

と思った人もいるでしょう。

実際にFXなど生計を立てている人もいるのは確かです。

会社の仕事もあなたの時間を対価に給料をもらっていますが、FXなどは時間をかけずにお金を儲けることができます。

また、FX、株(信用取引)、仮想通貨でレバレッジ(てこ)を使った売買になるため、10万円程度から始めることができるます。

逆に現物の株などは、大量の資金がなければ儲けることができないため、オススメはできません。

なお、分かっているとは思いますが自分の思った方向に値動きしない可能性もありますので、損切りのタイミングを逃さないことも必要です。

もしFXなどを始める場合は、勉強も含めて自分の貯金ではなく、あぶく銭のようなものを使って慣れてから資金を増やしていくことをオススメします。

また、調子が良くてもリスク管理をしっかりすることで借金まみれなんてことはならないでしょう。


アフィリエイト

アフィリエイトは稼ごうと思うといくらでも稼ぐことができ、門が広く誰でも参戦することができます。

ただし、アフィリエイトをやろうと思っても9割近くの人は辞めてしまうといいます。
また、続けていても月10万円以上稼げている人は30%も居ないんだとか・・・。

何故辞めてしまうかと言うと、すぐに結果が出ずに最低でも半年から1年、遅い人であれば2年や3年以上も儲けるに時間がかかってしまうから飽きてしまうか諦めてしまうんだそうです。

稼げるようになるまでの期間はどうしても時給換算してしまうと、アルバイトのほうが稼げると考えてしまいますからね。

アフィリエイトは、すぐに稼げるものではなく資産になるものと思って作業しなければならないですね。

資産になるものの他にも、じっくりコツコツと先のことを考えながら芽を育てていきたい人には合っていますが、すぐ欲しいという人には合わない副業かもしれません。



YouTuber

大人気のYouTuberも副業として儲けることができます。

ゲーム実況や○○してみた、何かしらの便利な情報などの動画を作成してチャンネル登録や動画の再生数から広告収入を得ることができます。

たくさんもらっている人だと、YouTubeだけで月に100万円以上もらっているそうです。

ただ、これもアフィリエイトと同じく芽を育てるように取り組んでいかなければ稼ぐことはできず、すぐお金が欲しいという人には向いていませんし、毎日動画を取って、編集して、アップしなければユーザは離れていってしまうので、労力は使うことになるかもしれません。

その労力が報われた時にもらえる報酬はかなり魅力的ですが、間違っても楽しそうとか稼げない初めのうちから楽したいという理由でYouTubeをするとやけどしちゃいそうですね。

芸能人みたいに有名になりたいという人には、ピッタリな副業ですね。

チャットレディ

チャットレディは、女性限定でできる副業になります。

チャットレディであれば、モニター越しにおじさんとお話してお金を貰えます。
お金は運営している会社によって変わってきますが、1時間3000円から5000円くらいが相場みたいです。

ただし、いろいろと注意しなければならないこともあり、

  • 誰とも話していない待ち時間は、お金が発生しない。
  • 身バレするとあなたに危険が及ぶ

があります。

治験のアルバイト

短期入院系の治験や通院系の治験のアルバイトでお金を貰えることができます。

短期入院系であれば、土日を使った治験がありますし、通院系の治験のアルバイトであれば、週や月に1回程度通院しながら収入を得ることができます。

夏休みや有給を使って、もう少し長期入院する治験のアルバイトをするでさらにお金を貰えることができます。

 ただし、あなたの体質で治験中に副作用が出てしまうこともあるので注意が必要です。

治験モニター募集

その他のアルバイト

深夜のコンビニ、居酒屋や土日に短期のアルバイトでもお金を貰うことができます。

すぐにお金が欲しいという人は土日の短期のアルバイトをすることで日当という形で貰えることができます。

時間を犠牲にして働くことでお金を稼ぐことができるもっとも分かりやすい形の副業ですね。

 注意することは、副業で無理しすぎて体を壊してしまい本業に影響が出ないようにすることです。

副業で稼ぐ時は税金に気をつけよう

年20万円以上稼ぐと課税の対象となりますので、注意しましょう。

本業の源泉徴収では、副業の分がカウントされないため、アルバイト先の源泉徴収や確定申告をする必要があります。

もし、税金を支払っていない場合、脱税となってしまい調査が入ってしまう可能性があります。



スポンサーリンク
おすすめの記事