派遣社員が世間の評価が低いの5つの理由

ニュースや新聞、ネットニュースやネット掲示板、そしてSNS・・・どこを見ても派遣社員だと評価が低くないですか?理由

派遣社員は、正社員と違って自由に働くことができると言われています。

となると働き方に自由があってもいい世の中で派遣社員でいてもいいと思いませんか?

なぜ、派遣社員だと評価が低いのかを調べてみました。


スポンサーリンク

派遣社員の評価が低い理由はこれ

正社員のように無期雇用ではない

派遣は派遣元から派遣先に派遣される形になりますが、同じ派遣先にはどんなに長くても3年以上働くことができません。

また、3ヶ月ごとに契約の更新をする必要があり、契約が更新されなかったら最長3年間働くことが出来ると言われているところでも、派遣先から要らなくなったらどんなに出来る人でも切られてしまいます。

これは3年以上同じ派遣先で働いてしまうと派遣元で無期雇用か派遣先で直接雇用する必要があるため、最長が3年までとなっています。

更新が3ヶ月というのは、派遣元と派遣先でいつでも簡単に契約を切れるように短く設定していたりします。

逆に派遣先の風当たりが強くて仕事がし辛い場合は、契約を3ヶ月で切ることができるのでメリットもあるんですけどね。

派遣先での待遇が悪い場合がある

派遣社員は派遣先での待遇が悪い場合があります。



給料に関して専門的な仕事の場合は、正社員よりも貰えることもあります。

しかし、交通費が出ないところが多く、社食や派遣先にあるウォーターサーバーなどが使えなかったり、ひどいところではエレベーターを使わせないところもあるそうです。

そのため、派遣社員が狭い思いをすることもあるのです。

キャリアアップが出来ない

派遣社員は正社員と違って、会社から育てるということをされないため、

「この仕事ができたから次はこの仕事をしてみようか」

とはなりません。

あくまでも派遣社員は人員が足りない仕事に補充される存在のため、仕事が固定されているケースがほとんどです。

補充される存在ということは、誰でも出来る仕事を与えられるため、キャリアアップをしにくいのです。

また、仕事の改善提案や方針についても聞いてもらえないことが多く、業務改善などで会社に貢献した実績も作ることが出来ません。

ボーナスや退職金が無い

正社員であれば、1年に一回または半年に1回または業績貢献のボーナスなどが貰えたり、退職時に退職金を貰うことができます。

しかし、派遣社員は派遣先からはもちろんのこと派遣元からもボーナスや退職金を貰うことができません。

そのため、月にもらう時給で稼いだ給料で生活をしなければならず、派遣先を辞めても退職金が無いため、貯金をしながら仕事が無くなったときでも生きていけるように調節しなければなりません。


派遣会社のピンハネ横行していてもらえるお金が少ないケースもある

派遣先から派遣元へあなたが働いた時給分の金額が入ってきてから、あなたのお給料に変わるのですが、派遣元でいくらかマージンを取られます。

日本では、マージン率を決めていないため、派遣先が高くてもあなたには雀の涙ほどの金額しか入らない場合もあります。

マージン率の平均は30%前後になりますが、全てが派遣元の利益になるわけではなく、派遣元の運営のために使われたりもすることは理解しなければなりません。

ただし、40%も取っているような派遣会社はいいとは言えませんけどね・・・。

マージン率に関しては、派遣会社を使う際に聞いたほうがいいのかもしれません。

派遣社員がダメな理由を上げてきましたが一番は収入が不安定になること

正社員と違って、派遣先で働くために期限があることと時給でもらうため、収入が安定しないことが一番の派遣社員が評価されない理由にです。

例えば、病気になってしまい休んでいるとその期間のお金は発生しません

これが正社員であれば、有給休暇としてあてることもできることから有給休暇の日数が亡くならない限りは、病気で休んでもお金をもらえることができます。

ただし、長期の派遣社員の場合は有給休暇が派遣元からもらえることもあるため、短期の派遣よりも長期の派遣を選んだほうがメリットがあるのかもしれませんね。

また、契約が更新されず、次の派遣先が決まらない場合も同様に派遣先からお金が派遣元に入ってこなくなりますから次の派遣先で働くまでお金が発生しない可能性もあるのです。

そして、契約の期間がありますから最長で3年までが同じ派遣先で働けるということは、年を重ねてもずっと派遣社員として働けるかという問題にも突き当たります。

働ける人は若ければ若いほどいいというのが企業の考えなのが悲しいところですね。


スポンサーリンク

派遣社員から逆転するためには?

派遣社員がダメな理由を書いて来ましたが、あなたはどう思うでしょうか?

もし、派遣社員のままでいたくないと思ったのであれば、行動してみましょう。

行動するのであれば、正社員か起業になることが多いと思いますが、手っ取り早く派遣社員を抜け出したいのであれば、正社員への就職活動をすることをオススメします。

派遣社員とはいえ、何かしら業務をしていた訳ですから正社員としても業務が出来るところはあるでしょう。

就職活動する場合は、転職サイトか転職エージェントを使って就職活動することであなたの強みやマッチする会社を見つけることが出来るでしょう。


正社員として働きたくないけど将来が不安

「正社員になる気はない。」

という人もいるかと思います。

人によっては、正社員のように変な責任を持ちたくない人も一定数いるみたいです。

しかし、このまま年を取って派遣社員でいられるかは不安という方は、収入源を増やすことをオススメします。

派遣一本の収入だと派遣切りやどこの派遣先からも拒否されてしまうと、収入が無くなってしまいます。

しかし、派遣は副業が可能なところがありますので、自分でお金を作るシステムさえ作ってしまえば、収入源を増やすことができます。

これは半分派遣社員、半分個人事業主という形が近いですね。

このメリットとしては、収入の分散が出来ることもありますが、たとえ派遣社員でキャリアアップが出来なくても個人事業主としてスキルアップが出来ることが大きなメリットになります。

派遣社員は働き方をいろいろと変えることが出来るので一度チャレンジしてみることをオススメします。


スポンサーリンク
おすすめの記事