「週に何回か怒られてるよな〜。この仕事向いてないのかな?」

 

「仕事にやりがいが見つからない。やっぱ違う仕事のほうが向いてそう。」

 

本当に今のあなたの仕事は向いてないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

仕事が向いてないと思うことは仕事がうまくいってないということ

 

仕事がうまく行っている人は、「仕事が向いてない」なんてネットで調べようと思いません。

 

もし、あなたがネットで調べてこの記事にたどり着いたのであれば、「仕事が向いてない」と思ってしまっているということです。

 

仕事が向いてないとあなたが思った理由はなんでしょう?

 

たぶん、仕事がうまくいっていないのではないでしょうか。

 

仕事でミスが多かったり、いつも上司や先輩から怒られたり注意されると「仕事が向いてない」思ってしまいます。

 

仕事が向いてないと思うとき
  • 仕事でミスが多い
  • 上司や先輩に怒られたり注意されることが多い
  • 仕事で結果を出せない
  • 会社に信用されてないような気がする

 

私も「この仕事が向いてないのでは?」と思ってしまうことが結構あったのですが、承認欲求が得られていない時に思ってしまうことが多いことが分かりました。

 

上記に書いている「仕事が向いてないと思うとき」に書かれていることは周りからの評価が低く見られているのではと思ってしまっていることが共通しています。

 

承認欲求に関しては、人それぞれ器が違います。

 

承認欲求が満たされるまで多くの承認が必要だったり、ちょっとした承認で満たされる人もいます。

 

承認欲求の器は、人それぞれなので仕事が向いてないと思うことは、甘えではないのです。

 

このまま仕事が向いてないと思い続けてしまうと、徐々に仕事がつまらないや仕事をしたくないから会社に行きたくないと思うようになります。

 

会社に行きたくなくなる前に本当にあなたが仕事に向いてないのか足掻いてみましょう。

 

仕事が向いてないと諦める前に承認欲求を満たしてみよう

 

承認欲求は簡単に満たされるわけではないですが、どうせ最終的には会社を辞める選択になるのでその前に今の仕事で承認欲求が満たされることができるかというのを試してみてはどうでしょう。

 

もしかしたら、あなたの考え過ぎで実際の評価は違うかもしれません。

 

先輩や上司に相談する

 

先輩や上司への相談は、一緒に仕事をする仲間ですから自分の生の評価を聞くことができます。

 

いつも注意されたり怒られたりしていると聞きづらいかもしれませんが、次回注意や怒られたりして絡みがあったときに「ちょっといいですか?」と言って相談してみるのもいいと思います。

 

私もフリーター時代にガソリンスタンドのアルバイトをしていましたが、入ったばかりの時に特定の社員の人がなぜか私にだけ厳しく当たることが多く、ある日所長に「どう?慣れた?」と聞かれたことがあります。

 

その時に「この仕事、向いてないかもしれないみたいなので来週には辞めてるかもしれません」と少し冗談まがいに伝えたところ、「馬鹿言ってんじゃねー!(入ったばかりの)お前に誰も期待してねーぞ」と言われたことがあります。

 

もしかしたらあなたの境遇とは違うかもしれませんし、言葉自体はひどい言葉でしたが言われて確かにと思った自分もいたのです。

 

ただ、それだけでなくこのガソリンスタンドの所長は恐らく私のことを怒っていた社員に裏で「あいつこんなこと言ってたけど・・・」みたいに言ったようで、翌日からは怒られることも無く約1年後のアルバイトを辞めるまではすごい尊敬できるいい人でした。
(ちなみにその件があったからと無理やりいい人になっていたわけでは無いように見えました)

 

この件は自分が考えすぎていたこととその社員の人から承認欲求をもらうことができたので、アルバイトをすぐ辞めること無く正社員として転職が決まるまで働くことができました。

 

そのため、相談することであなたの評価が分かることで実はあなたの考え過ぎなのかもしれませんし、評価が低くてもアドバイスをもらうことができるかもしれません。

 

部署を変えてみよう

 

相談しても仕事が向いていないと思うことに変わらなくても仕事を辞めるのはまだ早いです。

 

もし、複数の部署がある場合は、部署の変更を希望してみましょう。

 

部署の変更で上司や先輩が変わるため、評価基準も変わっています。

 

もしかしたら、前の部署よりも結果を出しやすく承認欲求を満たすことができるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ダメなら転職しましょう

 

ダメなら転職しましょう。

 

「仕事が向いてない」から「仕事がつまらない」や「会社に行きたくない」と思ってしまっている中で無理やり続けることはありません。

 

仕事が向いてないからと言って転職するは悪いことではありません。

 

といってもただ転職するだけですと、次の会社でも似たように「仕事が向いてない」と繰り返し思ってしまうかもしれません。

 

そのため、次の転職は成功するように転職活動しましょう。

 

失敗しない転職をするためには

 

次の転職先でも失敗してしまうと無駄に転職を繰り返すだけになってしまい、スキルが身につきません。

 

スキルが身につかなければ、給料も上がることが難しくずっと低い給料で働くことになります。

 

また、スキルが身についていないと徐々に年齢も高くなってしまい、転職することも難しくなってしまうため少ない転職で成功させる必要があります。

 

下記のリンクには失敗しない転職や転職しすぎると貧乏になってしまうという記事を書いていますので、気になったらご覧ください。

 

次の転職先で仕事が向いてないと会社を辞めないようにするためには、会社の選び方や面接などでこちらからも逆面接のようにどのような会社かを知る必要があります。

 

まずは、転職活動する時に転職サイトやエージェントを使うようにしましょう。

 

転職サイトやエージェントを使うことをオススメするのには理由があります。

 

  • ブラック企業が少ない
  • 転職活動で相談ができる
  • 詳しい会社の情報が分かる

 

大きくこの3つのメリットがあります。

 

転職サイトもエージェントも求人をするときは、会社がお金を払います。

 

お金を払って求人するということは、人件費にお金をかけているので簡単に辞められてしまったら求人の費用が無駄にかかってしまったりといいことがないので、人を大切にしないブラック企業が少ないのです。

 

また、エージェントを使うと転職活動で相談することができます。

 

この相談は、転職の条件に希望があるとその希望に沿った会社を紹介してくれますし、履歴書や職務経歴書、面接の対策にも無料で協力してくれるので使わないのはもったいないです。

 

そして、転職サイトもエージェントもそうですが、会社の情報は詳しく教えてくれます。

 

他の求人広告やハローワークには求人内容しか書かれていませんが、どのような会社でどういう事業をしているかまで書かれていることもあります。

 

どのような会社か分かることもメリットなのです。

 

 

20代だけではなく30代以降にオススメできる転職のエージェント

さいごに

 

「仕事が向いていない」と思うことは、承認欲求が満たされていないことによって起きてしまいます。

 

会社を辞める決断をする前に上司や先輩に相談してみて、承認欲求が満たされれるか試してみましょう。

 

それでも満たされない場合は、部署異動→転職の順がいいと思います。

 

転職する場合は、失敗した転職にならないように転職活動をしましょう。

 

そのためには、転職サイトやエージェントを使って転職活動をするようにしましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事