転職しやすい時期ってあるの?転職しやすい時期のメリットとは?

皆さんは転職しやすい時期って聞いたことありますか?

 

ここでいう転職しやすい時期は、求人がたくさん出ている時期になります。

 

例えば、賃貸の物件も物件を選ぶのにたくさんあったほうが選ぶことはできますよね。
(内覧できないことが多いですが・・・。)

 

ちなみに物件がたくさんでている時期といえば、9月頃と12月頃から3月頃までが多いと言われています。

 

転職の求人も賃貸の物件も1年中どこかしらの会社で募集はしていますが、あなたが転職する時にたくさんの会社を選べたほうが妥協しない転職ができますね。

 

今回は、「転職しやすい時期が1年であるのか?」また、「転職しやすい時期があるならメリットはあるのか?」を調べてみました。

 

スポンサーリンク

転職しやすい時期はある

 

結論から言いますと、転職しやすい時期はあります。

 

時期を説明する前に、会社が求人を出すタイミングとして、下記があります。

会社が求人を出すタイミング
  • 退職者(定年退職も)が出たため、人を補充したい。
  • 配置異動によりポジションが空いたので、人を補充したい。
  • 新規プロジェクトを発足するので、人を補充したい。
  • 既存の業務を大きくしたいので、人を補充したい。

 

全ての求人を出すタイミングは「人を補充したい」ですが、補充するための理由が違いますね。

 

この中でも退職者が出てしまうと業務が回らなくなってしまうため、会社は必ず求人を出さざる終えません。

 

そのため、一番求人が出やすい時期は、退職者が出たことによる求人になります。

 

では退職者が多い時期はいつになるのでしょうか。

 

退職者が多い時期はいつ?

 

あなたが会社を辞めるならいつがいいと思いますか?

 

私なら少しでもお金をもらって辞めたいと思います。

 

少しでもお金をもらえる時期といえば、ボーナスですね。

 

そう!1つはボーナスの時期に退職する人が多いのです。

 

ボーナスの時期といえば、6月7月と12月ですね。

 

「良心が痛むなぁ」と思ってしまうかもしれませんが、実際はボーナスを貰ってから辞める人が多いです。

 

また、ボーナスをもらう時期まで待てないで退職する人は、区切りのいい時期として年度末が多くなります。

 

定年退職者も年度末に辞めるため、ボーナスをもらって辞める退職者も含めた退職者希望者がリストされる6月〜7月、3月〜4月は求人数が多くなります。
(ちなみに冬のボーナス後に求人数が多くならないのは、少し待って3月〜4月に求人を出す会社もあるからです。)

 

異動や新規プロジェクト、既存業務の拡大でも求人はたくさんでてくる

 

先程は退職者がでるとやむを得ず求人を出すことになり、退職者がでた場合の補充として求人数の多い時期を紹介しましたが、異動や新規プロジェクト、既存業務の拡大でも求人がたくさんでてきます。

 

異動はいつでも異動があるわけではなく、新しい期が始まる辺りに異動の知らせが出てくることが多いです。

 

また、新規プロジェクトも既存業務の拡大もほとんどが決算が終わって翌年の予算が決まる新しい期が始まった後が多いです。

 

会社の決算時期は3月〜4月と9月が多いため、決算後は求人がたくさんでてきます。

転職しやすい時期をまとめると・・・
○退職者が多くなる
3月〜4月
6月〜7月
○新しい期が始まる
3月〜4月
9月

 

転職しやすい時期のメリットとは?

 

転職しやすい時期を紹介しました。

 

次に転職しやすい時期のメリットを紹介したいと思います。

 

転職しやすい時期のメリットとしては下記があります。

転職しやすい時期のメリット
  • 選べる会社が多い
  • 有名企業が多い
  • 採用されやすい
  • ホワイト企業も多い

 

中でも一番のメリットは選べる会社が多く、有名企業も多いというところになります。

 

求人数が少ない時期に転職してしまうと選べる会社も少なくなってしまうため、面接しようとする会社自体を妥協してしまうような転職活動となってしまうこともありますが、求人数が多くなると入社してみたい企業も多くなります。

 

メリットの一つに書いている「採用されやすい」については、求人を出している会社への倍率にもよりますが、誰もが知っている有名企業に他の人が目が行き過ぎて、穴場の求人への応募が少なかったりするため、求人の少ない時期に比べると採用されやすいことも特徴があります。

 

また、ホワイト企業は離職率が低いため、人の補充が中々ありません。

 

しかし、定年退職者がでてくる年度末には求人が出てくるので、ホワイト企業を狙うのであれば年度末近辺の求人を狙うことをオススメします。

 

スポンサーリンク

転職しやすい時期に上手に転職できるかはあなた次第

 

いくら、転職しやすい時期に転職したからと言って、必ず転職が成功するわけでも無ければ、転職できるというわけでもありません。

 

それは、いい会社へ転職できるチャンスが多いというだけだからです。

 

転職しやすい時期の転職でもいい会社を探すことや履歴書、職務経歴書の書き方、面接対策をするためにも転職エージェントを使い、転職して良かったと思えるようにしましょう。

 

オススメできる転職エージェントは、下記になります。

 

転職エージェントは1つだけではなく、複数申し込んでも問題ないので上記の転職エージェントを全て申し込んでいろいろと会社を紹介してもらったほうが選択肢をさらに増やすことができます。

 

さいごに

 

今回は「転職しやすい時期が1年であるのか?」「転職しやすい時期に転職するメリットは?」を調べました。

 

1年の中で転職しやすい時期はあり、3月〜4月と6月〜7月、9月となりました。

 

この時期は求人数が多くなるだけではなく、採用されやすかったりホワイト企業の求人も多くなるメリットがありました。

 

あとは、転職に成功するかしないかはあなた次第のため、時期だけに頼るのではなくあなた自身も頑張る必要があることを忘れないようにしましょう。

 

転職を成功させて、今よりもステップアップできるように、また仕事ができる環境もあなたに合った会社に入れるように妥協しない転職をしましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事