あれ?これ5月病かな?5月病の症状と対策を教えます

ゴールデンウィークが開けたらなんかやる気が出ないなぁ。
入社したばかりの4月はあんなにやる気に満ち溢れてたのに・・・。

 

ゴールデンウィークを過ぎた辺りに突然やる気が出ないなどの不調が起きてしまう人がいます。

 

5月病は誰にでも起きる可能性があり、人によって様々な症状がでます。

 

今回は、5月病について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

5月病はなぜ起こるの?

 

5月病がなぜ起こるかというと、ストレスが原因で起きてしまいます。

 

4月は新社会人や転職による入社、異動などの自分の環境が大きく変わり知らず知らずのうちに大きなストレスが溜まっているのです。

 

4月に環境に慣れようと張り切って仕事をしていて、ゴールデンウィークの長期休みで燃え尽きたように気が抜けて無気力になってしまうことなのです。

 

実は5月病は5月だけではなく、6月にも起きてしまったり、4月の新年度だけではなくても大きく環境が変わってしまうと5月病になってしまう可能性があります。

 

ちなみに病院で診察してもらっても5月病とは言われず、適応障害やうつ病などのメンタル的な病気と診断されることが多いです。

 

5月病はどんな症状があるの?

 

5月病の症状は、どんな症状があるのでしょうか?

 

症状としてはメンタル的な症状身体的な症状があります。

 

私もはじめての転職をした時に何故か吐き気や胃もたれがひどく、病院で胃カメラを飲んでも異常が見つからないことがありました。

 

当時の診断結果は、ストレスによるものということで漢方をもらい、3ヶ月ほど飲み続けて症状がおさまった経験があります。

 

今思えば、胃の不調は環境を大きく変えたことによるストレスだったのだと思っています。

 

私の場合は、吐き気と胃もたれと胃の不調でしたが、他にも5月病の症状として下記があります。

メンタル的な症状
  • 気分が優れない
  • やる気が起きない
  • イライラしやすくなる
  • 集中力が切れやすい
  • 寝付きが悪い
  • 就寝中に途中で起きてしまう
  • 起床が早すぎてしまう

 

身体的な症状
  • 吐き気や下痢
  • 頭痛
  • 動機やめまい
  • 疲れが取れない
  • 食欲不振

 

5月病になりやすい人はどんな人?

 

5月病になりやすい人がいます。

 

5月病になりやすいかなりにくいかはあなたの性格によって変わってきます。

 

どのような性格が5月病になりやすいのでしょうか?

 

5月病になりやすい人の特徴
  • 真面目な人
  • 責任感がある人
  • 忍耐力がある人
  • 融通がきかない人
  • 内向的な人
  • 周りに合わせてしまう人

 

5月病になりやすい人の特徴で共通しているのは、ストレスを溜めやすい人になります。

 

あなたは、5月病になりやすい人の特徴に当てはまっていますか?

 

当てはまっているのであれば、5月病にならないように対策しましょう!

 

スポンサーリンク

5月病は対策ができるの?

 

5月病は、対策することができます。

 

簡単に言うとストレスを溜めないようにストレスの解消などができていれば、5月病になりにくくなります。

 

ストレスを溜めないためには下記のようなことをするようにしましょう。

 

ストレスを溜めないためには
  • 趣味を作る
  • 趣味を辞めない
  • 運動をする
  • 生活リズムを崩さない
  • 誰かと交流する

 

趣味や運動をすることで仕事以外のことを考えることができるので、溜まっているストレスを軽減させることができます。

 

普段からプライベートは仕事のことを考えないようにすることが重要なのです。

 

また、生活リズムを崩してしまうと自律神経も崩れてくるので良くないですし、誰かと交流することでも愚痴などを言い合い、ストレスを発散することができます。

 

5月病になってしまったら?

 

5月病の対策をしても5月病になってしまうこともあります。

 

実際に5月病になってしまったらどのようにすればいいのでしょうか?

 

1ヶ月ほど様子を見て、治らないようなら病院に行くようにしましょう。

 

症状によって診察してもらう見てもらう病院は違いますが、身体的な症状が出てている病院に行ってみましょう。

 

例えば、私のように胃に症状が出ているのなら胃腸科へ行き、調べてもらいましょう。

 

5月病ではなく、大きな病気の可能性もありますので安易に5月病だからと思わないようにしましょう。

 

身近に5月病になった人がいたら助けてあげることで救える

 

5月病になってしまった人が身近にいたら助けてあげることで早く5月病を治すことができます。

 

特に会社の上司や同僚がサポートすると5月病になってしまった人を救えることができます。

 

褒めたりその人の気持ちがプラスになるようなことを伝えることで5月病を治す近道になります。

 

応援したり、「俺の昔はな〜」と説教してしまうことは逆効果になるので控えるようにしましょう。

 

さいごに

 

連休明けはモチベーションが低いことが多いのですが、5月病はモチベーションが低いだけでなく、会社に行くことが辛かったり、身体的にも影響が出るようになってしまいます。

 

また、冒頭にも書いていますが、5月だけでなくても生活環境がガラッと変わった時に5月病と同じような症状が出てしまうことがあります。

 

5月病は誰にでも起きてしまいますが、あなた自身の性格を把握した上で、ストレスを溜めないように気をつけるようにするだけで5月病になりにくくすることができます。

 

5月病になってしまうと苦しんでしまうので、5月病にならないように普段から気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事