新卒の社会人1年目で転職はこれからの人生に不利になるか?

これから社会人一年目だ!
緊張するけどみんな働かなきゃならないし、がんばろう!

 

〜半年後〜

あ〜、もうだめだ。
会社辞めたい・・・。
1年目から仕事はキツイし覚えられないよ・・・。

 

社会人が思っていたことと違っていたり、思っていた以上に仕事を覚えたり社会に慣れることがキツイということは実はよくあることです。

 

スポンサーリンク

日本は就職のミスマッチが起こりやすい環境

 

社会人1年目で転職したくなる理由としては、ミスマッチが起こりやすいからです。

 

また、学生気分が抜けないこと会社がブラック企業だったということもありますし、入社した会社が将来の目標と全然違っていたということもあります。

 

こうした就職のミスマッチは下記のような理由で起きてしまうと言われています。

就職のミスマッチが起きてしまう理由
  • 大学の生活リズムから社会人の生活リズムに合わせられない
  • 就職した会社が滑り止め
  • 就職した会社で具体的にどんな業務をするか知らされていない

 

大学の生活リズムから社会人の生活リズムに変えることは容易ではない

 

中学高校までは朝から晩まで勉強していたのに大学に入ると朝ゆっくりして午後から授業、夜は友達と遊びまくるような余裕のある生活から中学高校のように規則正しい生活リズムに戻す必要があります。

 

4年間のブランクを戻すのは容易ではないことと1年目の慣れていないことで緊張してしまい、体が疲れ切ってしまうのです。

 

また、5月病になってしまうと最悪で会社に勤め続けることが難しくなってしまいます。

 

就職した会社が滑り止めでしょうがなく入社した

 

就職活動は期間があるため、その期間内に就職を決めなければなりません。

 

会社は学校と違い、いつまでという期間が無いのですが妥協した会社に入社しても定年まで勤めようと思うはずがありません。

 

また、自分がどのような将来を送りたいかを考えているような人も人生のプランが崩れてしまうので、高いモチベーションで働くことが難しいのです。

 

就職した会社で具体的にどんな業務をするか知らされていない

 

たとえ、入社したかった会社に就職できても具体的に会社でどんな業務の担当になるかは研修後にならなければ分からないことがあります。

 

これは特に大企業で多く、説明会ではどんな事業をしていてどんな働き方かは説明されますがあなたが就職したときにどの部署に配属されるかは無いのです。

 

これは公務員も同様で市役所に就職できてもどの課に配属されるかは辞令が出るまでは分かりません。

 

ミスマッチでなくても上司ガチャや先輩ガチャも・・・

 

社会人1年目で転職したくなる理由として、ブラック企業と言われる原因となる上司や先輩からのパワハラはもちろんのこと給料が少なすぎるなども会社を辞めたくなってしまう原因に繋がります。

 

この辺は日本の企業ではしょうがないことだと思いますが、もし転職したい場合、新卒社会人1年目の転職は自分のためにはならないのでしょうか?

 

とりあえず3年働けはウソ。新卒社会人1年目の転職は悪いことではない

 

一般的に聞く、就職や転職したら3年働けというのはウソです。

 

何故かと言うと、イヤイヤ3年間働いて得るものがなければ無駄な時間を過ごしてしまうからです。

 

なぜ3年働けというのかは下記のような理由があるそうです。

3年働けという理由
  • 3年働くと会社での仕事が分かってくる
  • 自分にスキルがつく
  • 仕事のやりがいが分かる
  • 3年間同じ会社に勤めると「やっぱり会社にいてよかった」と思うかもしれない
  • 3年以内で会社を辞めてしまうと転職時に「すぐ辞めてしまうのでは?」と思われてしまう

 

他にも3年会社を続けることの理由はいろいろとありそうですが、主に言われているのはこの辺でしょうか。

 

もし、あなたが「この会社のままでいいかな」と会社を辞めようと思わなければいいと思いますが、会社を辞めたいと思い続けた場合に上記の理由で続けるとストレスが溜まってしまいますし、スキルもつかない可能性があります。

 

そのため、会社を辞めようと思ったのであれば早い段階で転職を考えることも悪いことではないと思います。

 

スポンサーリンク

新卒社会人1年目の転職は悪いことではないが、人生プランは考えるようにしましょう

 

新卒社会人1年目で転職することは悪いことではありませんが、問題は転職を繰り返してしまうことです。

 

転職を繰り返してしまうことはデメリットしかありません。

 

転職を繰り返してしまうことのデメリット
  • 仕事のスキルがつかない
  • 給料が上がらない
  • 辞めぐせがつく
  • 将来転職することができにくくなってしまう

 

上記のデメリットは全てつながっています。

 

転職を繰り返してしまうことで、重要な仕事を与えられず仕事のスキルが上がらず、給料も上がりません。

 

仕事が面白くなかったり、周りの評価が高くないため会社に居場所が無く会社を辞めてしまいます。

 

20代30代はポテンシャルでの転職することができると思いますが、スキルもないため40代を超えると正社員での転職が難しくなってしまうのです。

 

これは新卒社会人1年目というだけではなく、どの年代でも同じようなことが言えます。

 

転職を繰り返してしまうことについては別の記事でも書いてしまうのでご覧ください。

 

転職するのであれば、人生のプランを考えるようにしましょう

 

転職を繰り返さないためにも次の転職先を見つけるときにどのような人生を歩んでいくかを見つめ直してみましょう。

 

例えば、前からやってみたかった仕事につくでもいいと思いますし、独立するための準備として会社に働くでもいいと思います。

 

もし、やりたいことも人生のプランも考えられないのであれば、楽な仕事をずっと続けていくやとりあえずお金を貯めるためにガッツリ働くでもいいと思います。

 

「どういう人生を送っていきたいか」や「どういう仕事をしていきたいか」などを一度見つめ直してから会社を選ぶようにして、妥協して会社を選ぶことは辞めるようにしましょう。

 

転職はエージェントを使うことであなたにあった会社を見つけることができる

 

転職するための求人は様々ありますが、自分ひとりで会社を探すよりも相談しながら会社を選ぶことで妥協せず、後悔しない転職をすることができます。

 

また、求人を見ても書かれていることは会社の業務内容や会社が求めているスキルや経験、待遇面だけで会社の労働環境などは書かれていないことが多いです。

 

転職エージェントは、実際にインタビューなどで求人を出している会社に伺っていることもありますのでその会社がどのような印象を持ったかを聞くことができることもあります。

 

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職の相談ができる
  • 今働いている会社の退職のトラブルも相談できる
  • 履歴書や面接の対策ができる
  • 求人の応募をしてくれる
  • 内定後の給与交渉などをしてくれることもある
  • 会社の労働環境の情報を知ることができることがある
  • あなたのスキルに合った会社を選ぶこともできる
  • ミスマッチが少ないため、面接で必要以上に交通費がかからない

 

転職エージェントを利用すると後悔しない転職をすることができますが、一方でデメリットも多少あります。

転職エージェントのデメリット
  • 地方には転職エージェントが無い
  • 転職エージェントの会社に何回か訪問することになる
  • 転職エージェントと電話でやりとりすることになる
  • 転職エージェントを利用できるリミットが決まっている場合がある
  • 質の悪い転職エージェントに当たってしまうといい転職ができない

 

転職エージェント自体が都市圏にしかないサービスのため、どうしても地方にこのサービスの恩恵がありません。

 

また、なるべく転職エージェントとコミュニケーションを取らなければ転職エージェントを使っている意味が無くなってしまうため、どうしても訪問する回数や電話でのやり取りが発生してしまいます。

 

ダラダラと転職活動が長引いてもお互いのためにはならないので転職エージェントによっては、ここまで利用できるというリミットが決まっていることがありますので注意しましょう。

 

そして、これだけは転職エージェントの担当次第になってしまうのですが、担当者も人間ですのでミスがあったり質が高くない人もいます。

 

どの転職エージェントの会社が質の高い人間しかいないかというのは無く、どこの転職エージェントの会社でも質の高い人低い人はいるものと思ったほうがいいです。

 

そのため、可能ならいくつかの転職エージェントの会社に登録して信頼できる人も探すことをオススメします。

 

新卒社会人1年目の転職は第二新卒と呼ばれている

 

だいたい年齢として25歳程度までは第二新卒と言われており、スキルよりもポテンシャル重視でどの会社も先行されます。

 

第二新卒は、新卒と違ってマナー研修を終えていることが多いため、研修費がかからないため、引く手あまただったりすることもあります。

 

そのため、転職エージェントも第二新卒用の転職エージェントもあります。

 

第二新卒用のオススメ転職エージェント

 

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sでは、自己分析に使える適性診断でやりたいことが見つからない若者でもどんな仕事に適正があるか分かります。

 

また、マイナビと言えば大手の転職サイトですがそこからいろいろなノウハウを持ってきているため、転職時の自己PRの仕方履歴書、職務経歴書の添削面接対策をしてくれます。

 

一番自己PRが難しいので、事前に対策できることは大きなメリットになります。

 

20代の対象求人も1500件以上あり、上記サービスを無料で受けることができるのが強みです。

まずはマイナビジョブ20'sに申し込んでみましょう!

 

DYM就職

 

就職といいつつ、第二新卒や既卒、就職できなかったフリーターの強い味方のDYM就職です。

 

DYM就職の強みとしては、書類選考無しで面接まで直接セッティングできることがあることです。

 

これは直接企業の社長とつながりがあるからできることで中々できることではありません。

 

それ以外にも面接の対策書類が必要になった時にも添削などの指導を受けることもできます。

 

企業も2000社の求人を持っており、DYM就職の成功者は5000人にもなるそうです。

まずはDYM就職に登録してみましょう!

 

ハタラクティブ

 

ハタラクティブは、未経験OK企業が多くあります。

 

そのため、就職した会社でしていた業種ではなく違う業種に未経験で転職したいという人にオススメできる転職エージェントです。

 

転職エージェントが実際に職場に行って目で確認していることから会社の雰囲気などが分かるため、自分が働くイメージがつきやすいです。

 

未経験OKの企業だけでも2300件以上あり、内定率は80%もあるので安心できる転職エージェントです。

まずはハタラクティブに登録してみましょう!

 

さいごに

 

新卒社会人1年目で会社を辞めて転職することは悪いことではありませんが、次の転職も失敗してしまうとそのままズルズルと悪いスパイラルにハマってしまう可能性があります。

 

そのため、会社選びは妥協せずに慎重に行うようにしましょう。

 

第二新卒には専用の転職エージェントがあり、無料で利用できるので利用できるものは全て利用することをオススメします。

スポンサーリンク
おすすめの記事