退職代行サービスに失敗はつきもの!?あのEXITも失敗するの?

会社を辞めたいけど辞めさせてくれないから退職代行サービスを使いたい。
でも退職代行サービスを使って辞められなかったらどうしよう・・・。
もし辞められなかったら確実に嫌がらせがひどくなりそうだよね〜。
う〜ん困った。

 

退職したいけど退職できない人のためにできたサービス、退職代行サービスですが失敗してしまうと会社に残らなければならない上に会社に反抗したとみなされ、酷い扱いをされると思ってしまいます。

 

そもそも退職代行サービスは、退職の手続きを代行してくれるサービスですが具体的には下記のような理由を持っている人が使っています。

退職代行サービスを使う理由
  • 退職の意向を出しているのに辞めさせてもらえない
  • 退職したくても言い出せない

 

退職代行サービスを使う人は、お金を払ってでも辞めたいため辞められないと困るのです。

 

では、実際のところ退職代行サービスを使っても退職できないことがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

退職代行サービスを使って退職できないことはない

 

退職代行サービスを使って退職できないことはありません。

 

なぜなら、退職届や退職願を出さなくても退職の意向を口頭で伝え、会社と同意を取ることができれば基本的には退職が可能だからです。

 

これは退職代行サービスを使わなくても会社と同意が取れれば、最短2週間で退職が可能です。

 

しかし、

 

「入社したばかりで自分から退職の意向を言いづらい」

 

「引き止めにあったり説教されそうだから退職のことを言いづらい」

 

という場合は、退職代行サービスを使って会社と同意を取ることができれば退職が可能なのです。

 

では、退職したくても会社が同意をくれず、退職届も破られてなかったことにされてしまう場合はどうなのでしょうか。

 

この場合、同意をもらえていないので退職にはならないように思えます。

 

しかし、会社が同意していない一方的な申し出があった場合でも退職したい社員が「本気で辞めたい」となると会社を辞めることが可能なのです。

 

これは、書面が無くても適用されます。

 

つまり、退職代行サービスを使っても使わなくても辞めたい意思を会社に伝えると退職は成立します。

 

退職代行サービスを使って退職できないことは基本的にはありません。

 

退職代行サービスを使って辞められないのはこのパターン

 

退職代行サービスを使って辞められないことは無いといっても退職できないパターンもあります。

 

退職代行サービスを使っても退職できなかったケース
  • 退職依頼者からキャンセルをされた
  • 退職依頼者が退職のための情報に協力しなかった
  • お金を支払っていない
  • 安い怪しい退職代行サービスを使った

 

退職依頼者が原因で退職できないケースが多い

 

退職ができないケースは、「依頼のキャンセル」、「情報をくれない」、「お金を払わない」と退職依頼者が原因で失敗しているケースが多いです。

 

依頼のキャンセルは依頼者が会社を続けることを決意したためいいのですが、退職代行サービスは慈善活動ではないため、お金がかかりますし、退職のために情報を提供しないで空気を読んでなんとかして欲しいということはできません。

 

これから増えるだろう怪しい退職代行サービスの業者には注意

 

退職代行サービスはこれから増えていくことになると思いますが、実績の無い怪しい退職代行サービスや評判の悪い退職代行サービスは注意したほうがいいでしょう。

なぜ、評判の悪い退職代行サービスは注意が必要なのか!?
  • 騙そうとするケースがある
  • 料金が安いと見せかけて実際支払う金額が高い
  • 会社への退職の伝え方が下手

 

弱みに付け込む退職代行サービスも増えてくる

 

「退職したいけどできない」という弱みにつけ込んで退職代行サービスを使って騙そうとすることが出てくる可能性があります。

 

これは、契約した後に「会社に退職の連絡やっときますね」と言いつつ、依頼者の勤務先の会社へ退職の連絡すらしていないケースが出てくる可能性があるのです。

 

依頼者は退職したものと思っていて、会社から連絡があり全く話が食い違っているということが出てくるということなのです。

 

また、退職代行サービスを使うにあたってまとめた金額ではなく、一般的な退職代行サービスでは標準のサービスが全てオプションになっていて、気がついたら大手の退職代行サービスより高くなっていたなんてことも今後ありえます。

 

そのため、退職代行サービスを選ぶ際は信頼できる業者または、色んな口コミがある業者を選ぶようにしましょう。

 

極端に質が悪い業者も出てくる

 

「我が社も退職代行サービスやろうじゃないか!」

 

「退職代行サービスの会社立ち上げました!」

 

と業者が増えてくること自体は退職代行サービスのサービスの向上のためにいいことなのですが、質が悪く退職の伝え方が下手で一悶着あるような業者だったり、有給消化の交渉が下手な業者が出てくる可能性があります。

 

特に依頼者のことをなんでも聞き入れるような、なんでもかんでも「できます!任せてください!」と受けるような退職代行サービスは注意するようにしましょう。

 

こちらも評判は確認して、選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク

結局は有名どころの退職代行サービス業者がオススメです

 

今一番有名な退職代行サービスは、EXITではないでしょうか。

 

退職代行サービスを始めてから退職できなかったことは一度も無い業者です。
(キャンセルや未払いは除く)

 

テレビなどのメディア媒体でよく聞く業者だと思います。

 

メディアに出ている業者だからこそ変な対応をしてしまうとすぐ噂が広まって、誰も使わなくなるリスクがあるため、いろいろとキチンとしています。

 

EXIT即日に辞める連絡を会社にしてくれるたり、EXIT相談後は自分から会社への連絡が不要だったりと安心できます。

 

また、退職後に転職先で転職を失敗してもEXITなら1万円(通常正社員は5万円、パート・アルバイトは3万円)と安くなります。

 

有給休暇の消化については注意が必要

 

これはEXITに限った話ではないですが、残っている有給休暇を100%使えるというのは保証できません。

 

これは、辞める日が締め日に入ってしまい中途半端に給料をもらってしまうと失業手当に影響が出てしまうことや会社との調整の都合などで取得できない場合があるからです。

 

そのため、辞められるだけでも十分と思って利用することがいいでしょう。

 

返す必要がある保険証などについては、退職代行サービスの業者から退職する会社へ郵送するように言われますし、離職票や退職者へ返さなければならないものは退職する会社から郵送されるように調整を取ってくれます。

 

社宅に住んでいる場合や会社からお金を借りていた場合も注意

 

社宅を借りていたり会社からお金を借りていた場合は、キチンと返すようにしましょう。

 

この辺に関しては、退職代行サービスの範囲外であるケースもあります。

 

EXITでは、社宅に関しては退去日などの確認は取ってくれるみたいです。

さいごに

 

退職代行サービスを使って退職ができないということはありません。

 

しかし、今後増える退職代行サービスのどこかの会社で失敗して退職できなかったなどということは出てくるかもしれません。

 

実績のある退職代行サービスを使うことで確実に会社を退職することができるので、もし退職したくてもできないという最悪な環境で働いているのであれば、使って退職しましょう。

 

また、退職したいけど言うことができないという人も無駄に会社に在籍するよりは使ってさっさと退職して次の会社へ移ったほうがいいでしょう。

 

人の生きる時間は有限です。

 

嫌な時間はなるべく少なくするようにすることが人生を楽しく生きるための秘訣です。

 

退職代行サービスのjobsについてはこちらを御覧ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事