退職代行 弁護士 退職代行サービス

退職代行してもらいたいけど、弁護士に退職代行してもらうのと退職代行サービスに退職代行してもらうのと何か違いがあるのかな?
例えば、金額に違いがあったり弁護士のほうが確実に退職できるとか。

 

 

会社を辞めたいけど辞められないから退職代行してもらって退職しようと思っても、退職ができないと大変です。

 

退職代行サービスが世間で認知されるようになってから弁護士も退職代行をするようになりました。

 

そうなると気になるのが、「法律に詳しい弁護士と退職代行サービスの業者でどっちがいいのか?」「違いはあるのか?」という点になってくるのではないでしょうか。

 

今回は、退職代行してもらうなら弁護士と退職代行サービスの業者でどちらがいいのか違いを書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

弁護士と退職代行サービスの業者の違い

 

退職代行を頼む場合で、違いは下記が一般的に言われていることになります。

 

弁護士と退職代行サービスの業者の違い
  • 非弁行為のリスクがない
  • 料金体系の違い
  • 弁護士にだけ許されていることがある

 

退職代行サービスの業者は非弁行為?

 

非弁行為とは弁護士では者が報酬を得る目的で他人に代わって、示談交渉や裁判などをする行為のことをいいます。

 

退職代行サービスの業者に関して、「退職する示談交渉として非弁行為ではないか?」と言われていることもあるのです。

 

しかし、退職することに関しては本人の意思があれば、第三者が退職の意思を伝えても問題はありません。

 

また、退職の意思があるので退職ができないということはありません。

 

退職代行サービスの業者から退職の意思を伝えることに関しては非弁行為には当たらないのです。

 

では、非弁行為にあたってしまうことは何かと言うと・・・

非弁行為になってしまうこと
  • 退職願を本人の変わりに書く
  • 損害賠償や給与未払いについて交渉する
  • 有給休暇の消化や買い取りについて交渉する
  • セクハラ・パワハラなどのハラスメントの慰謝料を請求する

 

退職代行サービスの業者は、非弁行為を気をつけて退職代行をしますがこの辺が分かっていないような業者だともしかしたら有給などの消化について交渉してしまい、非弁行為と取られられてしまう可能性があるのです。

 

弁護士と退職代行サービスの業者の料金の違いは?

 

弁護士と退職代行サービスの業者と料金の違いがあるのかということについては、ほとんどありません。

 

弁護士のサイトに書かれている退職代行の料金がだいたい3万円〜5万円が相場で、安いところでは2万円を切る料金もありました。

 

退職代行サービスの業者で有名なEXITも3万円〜5万円と弁護士の相場と変わりません。

 

しかし、EXITの場合は非弁行為となってしまう交渉などはできませんが、MAXで5万円です。

 

弁護士で退職代行を頼んだ場合、オプションで色んなものをつけてしまうと5万円以上かかってしまう可能性があります。

 

例えば、退職金の交渉や何かしら法律でトラブルがあった場合は別途料金がかかってしまう場合があります。

 

交渉事などは弁護士にだけ許されている

 

先程から書いていますが、非弁行為に当たってしまうものは弁護士にのみ許されています。

 

そのため、有給休暇の交渉や働いていたときの給与の支払い、残業代の交渉など交渉事など退職だけではなく、働いた分をキッチリもらうし、退職までの権利もキッチリしたいという場合は、退職代行サービスの業者ではできないことなのです。

 

そのため、退職代行サービスの業者に有給休暇について取得するように交渉して欲しいと言われてもできないことは予め知っておきましょう。

 

退職代行を頼むなら弁護士と退職代行サービスの業者はどちらがいい?

 

気になるのがこれ。

 

結論から言うと会社を辞めるだけであれば、弁護士を使っても退職代行サービスの業者のどちらを使っても辞めることはできます。

 

ただし、有給休暇の消化の交渉や未払いの給料や残業代の交渉など退職前に権利を主張したい場合は、弁護士に頼むほうがいいでしょう。

 

弁護士と退職代行サービスの業者を使って退職を代行してもらうことのメリットとデメリットをまとめてみました。

弁護士に退職代行を頼むメリット
  • 有給休暇の消化や買い取りの交渉ができる
  • 給与未払いや残業代の未払いについて交渉ができる
  • ハラスメント系についての慰謝料を請求できる
  • 退職届を書いてくれる
  • 損害賠償請求されたときに対応してくれる

 

弁護士に退職代行を頼むデメリット
  • 相場は3万円〜5万円だが、オプションなどをつけると相場以上の金額に上がる
  • 損害賠償請求されたりすると別料金が発生する
  • 交渉の内容によっては別料金が発生する

 

弁護士に頼むことで法的なものも対応できますが、やはりその分料金が上がってしまう恐れがあることがデメリットになります。

 

退職代行サービスの業者に退職代行を頼むメリット
  • 24時間受付をしてくれる業者が多い
  • LINEからも受付や相談をしてくれる業者もある
  • オプションなどは無く相場の3万円〜5万円だけで終わるので料金体系が分かりやすい

 

退職代行サービスの業者に退職代行を頼むデメリット
  • 有給消化や有給買い取り、給与未払いや残業代などの交渉ができない
  • 損害賠償請求された場合に対応できない
  • ハラスメントの慰謝料を請求できない
  • 退職届を書くことができない(依頼者が書かなければならない)

 

弁護士よりも退職代行サービスの業者のほうが相談しやすいですね。

 

また、相談していたら実は想定していた料金より高くなってしまったなどの心配もありません。
(ただし、今後オプションとして新たにサービスが出てくる可能性はあります。)

 

ちなみに損害賠償請求された場合とありますが、個人に損害賠償請求をしたとしてもコスパが非常に悪いため、損害賠償請求をしてくる可能性はかなり低いです。

 

スポンサーリンク

退職代行はEXITで気軽に相談できます

 

退職代行サービスの大手業者のEXITはLINEでも相談できます。

 

金額もアルバイトは3万円、正社員と契約社員は5万円で退職することができます。

 

実際に退職できなかったという人もいません。

 

退職したいけど辞められない人は、退職代行サービスのEXITへ相談してはいかがでしょうか。

 
退職代行サービスのEXITはこちらからどうぞ

 

さいごに

 

弁護士を使っても退職代行サービスの業者を使っても会社は必ず辞めることができます。

 

退職代行サービスの業者の1つEXITについて、別途記事を書いていますので御覧ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事