退職代行 jobs 辞められない

退職代行をしてくれるサービスがどんどん増えてきました。

 

退職代行サービスは、会社を辞められない人が利用するサービスなのですが今回は退職代行サービスのjobsについて書いていこうと思いますが、まずは退職代行サービスをオススメできる人について書いていきます。

 

スポンサーリンク

退職代行サービスへの相談をオススメしたい人はこんな人

 

退職代行サービスへの相談をオススメしたい人
  • 会社を辞めることに罪悪感がある
  • 入社したばかりで会社を辞めるのが恥ずかしい
  • 入社したら最低三年間はいるべきと思ってしまっている
  • 今の会社を辞めたら次は無いと思ってしまっている
  • 会社を辞めうことに不安がある
  • 新しい事業や社則など会社のやり方に納得がいかない
  • 仕事を膨大に振られて会社を辞めることを言いにくい
  • 上司に会社を辞めることを言いにくい

 

会社を辞められないことはいいことではなく、今の時代にも合っていません。

 

特に昭和世代の人間は苦労することがいいことだと思っていることが多く、理不尽な仕事や採算度外視の仕事をしていることがあります。

 

また、会社も実力重視といいつつどんなに実績を上げても給料が上がることが少なく、実績を上げていない人でも結局在籍年数が多いほうが給料が高かったりするので、若い人たちにはお金をもらえるチャンスが少ないのです。

 

そのため、若い人たちからはどんなに働いても対価が無いのに奴隷のように働かされることから苦しい思いをしている人が多いのです。

 

次に退職代行サービスとしてオススメのjobsとはどのような会社なのでしょうか。

 

退職代行サービスjobsは顧問弁護士がセラピストの経験がある

 

jobsではセラピストも経験したことがある顧問弁護士がついていて、退職代行をしてくれます。

 

セラピストってなんだっけ?
セラピストとは?
セラピストは、対話を用いて心と身体を癒す人のことで、療法士や治療士と呼ばれることもあります。
精神科医や心療内科とは違いますが、精神医学から発達したもので積極的にアプローチして心身に不調を感じている人や心を病んでいる人を治療していきます。

 

jobsで退職代行をしてもらうことのメリットとしては、条件や人数に制限ががありますが退職代行利用者へセラピストの弁護士が退職後にカウンセリングを無料でしてくれるのです。

 

退職代行サービスを利用することで多いのが、ブラック企業で働いていたり、辞めたいのに会社から次の引き継ぎする人がいないからと言う理由で辞めさせてくれないような心身ともに疲れ果てている人です。

 

また、仕事を辞めた後のことが不安になってしまったりするような人にもカウンセリングを無料で受けられるのはいいサービスなのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

今なら退職代行サービスの利用料が安い

 

退職代行サービスの相場は3万円〜5万円ですが、jobsでは正社員・契約社員・パート・アルバイトが一律で今なら29,800円(税込み)で利用できます。
※期間が終了すると49,800円での提供になります。

 

退職代行サービスjobs利用の流れ

 

流れ 内容
①相談 「すぐ代行して欲しい」

「退職の手続きについて」

などの退職代行の不安は事前に相談できます。

②入金 退職代行サービスを利用することに同意後、入金します。
③退職届の提出 退職代行の利用者から退職届を提出します。

テンプレートはjobsのテンプレートがあるので簡単に作成でき、提出自体は郵送で問題ありません。

④退職日を迎える 退職日が来たら退職完了です。

退職日までの相談などは追加料金無しで回数無制限で受け付けてくれます。

 

jobsへの相談方法はいろいろあります

 

jobsへ退職代行をしてもらうために相談したいけれどもという人は、電話かメールまたはLINEで相談することができます。

 

また、365日24時間即日対応することも可能なため、我慢する時間が少なくすみます。
※深夜1時から6時までの間で即時対応が必要な場合は、オンコール方式を採用しています。

 オンコールとは、病院などの医療施設で採用されている勤務体系のひとつで、緊急を要する対応が必要なときのために待機することです。
メールやLINEの場合は、深夜の時間帯は難しいと思われますが、特にLINEで友達登録するだけで簡単に相談することもできます。

 

決済方法も充実している

 

クレジットカードがオンライン決済に対応しているため、直接決済会社とやり取りすることになるので安全に支払いが可能です。

 

ちなみに退職代行サービスの業者によっては、クレジットカードを使うとカード情報を代理入力(電話でカード情報を聞き取って対応する方法)している場合があるそうです。

 

また、振込みの場合は、振り込んだ控えの写真をjobsに送ることで即時対応してくれることも魅力的ですし、paidy(ペイディ)はメールアドレスと電話番号での決済、後払いや分割払いにも対応しています。

 

いろいろな決済方法があるのでその時の状況によって、jobsと相談しながら決済するのがいいでしょう。

 

jobsを使って会社を辞めることはできない?

 

退職代行サービスを使って退職できないことはありません。

 

なぜなら、退職届や退職願を出さなくても退職の意向を口頭で伝え、会社と同意を取ることができれば基本的には退職が可能だからです。

 

これは退職代行サービスを使わなくても会社と同意が取れれば、最短2週間で退職が可能です。

 

しかし、

「入社したばかりで自分から退職の意向を言いづらい」

「引き止めにあったり説教されそうだから退職のことを言いづらい」

という場合は、退職代行サービスを使って会社と同意を取ることができれば退職が可能なのです。

 

では、退職したくても会社が同意をくれず、退職届も破られてなかったことにされてしまう場合はどうなのでしょうか。

 

この場合、同意をもらえていないので退職にはならないように思えます。

 

しかし、会社が同意していない一方的な申し出があった場合でも退職したい社員が「本気で辞めたい」となると会社を辞めることが可能なのです。

 

これは、書面が無くても適用されます。

 

つまり、退職代行サービスを使っても使わなくても辞めたい意思を会社に伝えると退職は成立するため、jobsを使って会社を辞められないことはないのです。

 

とはいえ、もしものためにとjobsでは会社を辞められなかった場合は、全額返金もしているので万が一辞められなかったときにお金が無駄になることはありませんのでご安心を。

 

注意する点があるとすれば、交渉ができないこと

 

退職代行は弁護士と退職代行サービスどちらがいいのか【疑問】の記事でも書いている通り、弁護士が直接退職代行をしていない限りは、交渉することはできません。

 

交渉になってしまうもの
  • 損害賠償や給与未払いについての交渉
  • 有給休暇の消化や買い取りについての交渉

 

交渉は、「弁護士ではない者が報酬を得る目的で他人に代わって、示談交渉や裁判などをする行為」と弁護士法の72条の非弁行為になってしまうのです。

 

jobsの場合は、他の退職代行サービスとは違い、顧問弁護士がついていますが非弁行為になってしまい、利用者が罰せられないようにグレーになってしまう可能性がある部分を顧問弁護士から指導を受けているため、安全に会社を辞めることができるのです。

 

jobsは転職サポートもある

 

jobsは退職代行サービスですが、みらい人事という会社とサポート体制を提携しています。

 

LINE登録(株式会社みらい人事のLINEに登録)して、退職代行Jobsのサイトからの紹介です」とトークすることで、お祝い金を支給してくれます。

 みらい人事より正社員または契約社員として、転職成功3ヶ月の勤務後のプレゼントになります。
転職初日と3ヶ月経過後の2回、みらい人事への連絡が必要です。
また、お祝い金の金額は職種や条件、転職先により金額が変わります。

さいごに

 

退職代行サービスはいつでも利用することができます。

 

でもあなたは一度身体を壊してしまうとそこから治して復帰する必要があります。

 

我慢すればするほど、治療の期間は長くなってしまい、転職しようにも復帰が難しくなってしまうこともあります。

 

ブラック企業や働き方に問題があるのは昨今メディアやネットでたくさん言われてきていますが、ほとんどの会社は今までと変わらない状態です。

会社はあなたが病気になってしまったりしても助けてくれることは無く、会社を辞めたら「はい、終わり」となり、面倒見てくれません。

 

そのため、会社に義理という考えを無くして、どんなにブラックで上司が怒り狂うような人でも憮然とした態度で退職届を渡すことが一番いいのですが、退職届を出しにくいなど会社を辞めたいけど辞められない人は今すぐにjobsを使って退職代行してもらいましょう。

退職代行サービスのEXITについてはこちらから御覧ください

 

弁護士の退職代行サービスはこちらから御覧ください

スポンサーリンク
おすすめの記事