汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスのメリットや評判は?

退職代行サービスはEXITなど有名な業者はありますが、弁護士ではないため「有給休暇」や「給料」、「残業代」などの交渉ができないことがありました。

 

会社を辞めることはできても交渉ができないため、会社側が給料を払わないとゴネたりしても退職代行サービスの業者は何もできないのです。

 

これは交渉が「弁護士ではない者が報酬を得る目的で他人に代わって、示談交渉や裁判などをする行為」と弁護士法の72条の非弁行為になってしまうから弁護士以外の人が代行で交渉をしてはいけないのです。

 

今回紹介する退職代行サービスは、弁護士が退職代行サービスをしているので交渉が可能になります。

 

スポンサーリンク

そもそも退職代行サービスとは?

 

退職代行サービスとは、会社を退職したくても上司に言えなかったりと辞められない事情がある人のためにあるサービスです。

 

一見、「退職なんて上司に退職届を渡すだけだから簡単にできるでしょ?」と思われてしまう人もいるかもしれませんが、

  • 上司からパワハラを受けている
  • 退職届を出しても破られる
  • 退職の話をすると伸ばすように交渉されてしまい辞められない

など、辞められない事情は多岐に渡るのです。

 

そのため、会社を辞められない人にとってはとても助かるサービスと言えるでしょう。

 

退職代行サービスを使っても辞められない?

 

退職代行と言われると裏で勝手に色々とやられているのでどのようになっているか不安かもしれません。

 

「お金を振り込んで確認してもらったけど本当に動いているのかな?」

「退職代行サービスを使っても会社がそれは無効だと言われて辞められないことがあるのかな?」

 

本当は退職というのは本人が退職したい意思されあれば、誰が言っても辞めることが可能です。

 

と言っても悪意のある第三者が会社を辞めたくもない人の名義を語って会社を辞めますと言っても効力が無いので、退職届は退職の意思がある本人が作成する必要があったりします。

 

退職代行サービスを使ったほうがいい人

 

退職代行サービスは、会社を自分から辞められる人は使わなくてもいいですが、辞められない人は使ったほうがいいでしょう。

 

具体的に退職代行サービスを使ったほうがいい人はこんな人です。

退職代行サービスを使ったほうがいい人
  • 会社を辞めることに罪悪感がある
  • 入社したばかりで会社を辞めにくい
  • 入社したら最低三年間はいるべきと思ってしまい退職を言い出せない
  • 上司に退職を伝えると「もう少し頑張ろうよ」と退職を先延ばしされる
  • 新しい事業や社則など会社のやり方に納得がいかずに退職したい
  • 仕事を膨大に振られて会社を辞めることを言いにくい
  • 上司に会社を辞めることを言いにくい

 

退職したい気持ちが強いと会社に行くことが苦痛になってしまい、ストレスが溜まりすぎてしまうことで体や心を壊してしまう恐れがあります。

 

既に壊れ気味の人は特に退職代行サービスを使ったほうがいいでしょうし、もう会社に行きたくないと思っても退職代行サービスで辞めてもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

汐留パートナーズ法律事務所は弁護士の退職代行サービスです

 

汐留パートナーズ法律事務所は弁護士が退職代行サービスをしています。

 

弁護士が退職代行サービスをしているため、有給休暇の消化や給料の支払い、残業代の支払いなどの非弁行為になってしまう交渉が可能になります。

 

通常の会社であれば、弁護士ではない退職代行サービスを使っても会社側が気を使って、退職について了承後に有給休暇や給料など労働者の権利について本人と話さなければならないことがあるため、本人との交渉になることがあります。

 

しかし、世間で言うブラック企業やグレーな企業は辞めることを了承しても使い捨ての労働者のため、労働者の権利を無視する会社が多いのも事実で、この交渉を退職したい本人と会社で話をしてしまうと結局辞められなくなったというケースも今後出てくる可能性があるのです。

 

退職代行サービスの業者を利用後に会社と交渉したい場合に別の弁護士に依頼するということも可能ですが、さらに費用がかかってしまいます。

 

初めから弁護士に退職代行サービスを頼むことで退職したい本人は会社に行くことも無く、有給休暇や給料などについても交渉した金額で依頼することができるので後から追加で費用がかかるということはありません。
※会社側が裁判するということにならない限り。

 

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスの費用について

 

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスの着手金は54,000円です。

 

着手金とは、弁護士に案件が成功しようが失敗しようが支払うお金になり、今回の場合は退職代行をしてもらうためのお金になります。

 

弁護士の場合、交渉が可能とお話しましたが、給料や残業代などの請求についてはオプション費になるので、弁護士ではない退職代行サービスの業者(退職代行費用の平均50,000円)よりも割高になってしまうことは注意しましょう。

 

 

オプション費の成功報酬ですが、退職時に交渉してもらい実際に支払われたお金の20%が成功報酬として支払う必要があります。

 

つまり、100万円を会社からもらえた場合はその20%の20万円を弁護士に支払う必要があるのです。

 

汐留パートナーズ法律事務所に依頼するメリットは?

 

汐留パートナーズ法律事務所に退職代行サービスを依頼するメリットは下記になります。

 

汐留パートナーズ法律事務所に依頼するメリット
  • 残っている有給休暇を使用することや買い取りの交渉ができる
  • 給料の支払いについての交渉ができる
  • 残業代未払いなどの交渉ができる
  • 退職金についての交渉ができる(会社で退職金がある場合)
  • 事情を分かっているので会社から訴えられた際の対応が楽

 

主に退職時のお金についてや会社から訴えられた際に他の弁護士に依頼すると初めから事情を説明する必要があったりといろいろと面倒ですが、その部分を省くことができるのでスムーズに相談や対応することができることが大きなメリットです。

 

デメリットは一つだけで、弁護士ではない退職代行サービスよりも大幅にお金がかかってしまう可能性があるということだけになります。

 

汐留パートナーズ法律事務所の評判は?

 

汐留パートナーズ法律事務所は、2009年1月1日に設立していることから約10年以上続いている事務所です。

 

さらに汐留パートナーズ法律事務所は、汐留パートナーズグループに所属しており、グループ全体としては規模がそこそこ大きいものとなっています。

 

退職代行サービス以外の案件についてもネット上の評判を見ても悪い評判は無く、普通の弁護士事務所と言えるでしょう。

 

汐留パートナーズ法律事務所は、LINEでも相談を受け付けており、返信が早いという噂もあります。

 

受付はAM10時からPM9時までになり、電話とメール、LINEで無料相談してくれるので気軽に相談できます。

 

退職できないならすぐ相談しましょう

 

会社を辞められないようでしたらすぐに退職代行サービスに相談しましょう。

 

無理をして働き続けることは無く、長い人生を無駄に過ごすことになってしまうのはいいこととは言えません。

 

他の退職代行サービスでもお金がかかってしまうことには変わりありませんが、お金はまた手に入れることができても壊れてしまった体や心を元に戻すことは難しくなってしまうかもしれません。

 

早い段階で会社に行きたくないや辞めたいと思ったら退職することが重要になってくるのです。

 

さいごに

 

今回は、弁護士の退職代行サービス「汐留パートナーズ法律事務所」について記事を書きました。

 

弁護士がいない退職代行サービスよりもお金はかかってしまいますが、交渉事が可能になるので、会社を辞めるだけではなく、キッチリとお金や権利を使って辞めたい場合は汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

 

安い退職代行サービスはこちらから

スポンサーリンク
おすすめの記事